海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/大阪特派員ブログ

日本国内/大阪特派員ブログ 平井 裕三

日本国内・大阪特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

先日、久々に四天王寺さんと一心寺さんにお参りしました。地下鉄が便利なのですが、今日は「JR天王寺」から歩いて行くことにしました。

「天王寺駅前商店街」には私が気になっているお店がいくつか。お気に入りのひとつ『赤松種苗店』は江戸時代から続いているそう。
オススメは中庭の水生植物売り場。水がチョロチョロ流れる防火水槽には金魚が。隣に出店された「Veggie +(ベジー プラス)」は女性に人気のハーブのお店。
100.jpg

101.jpg


北に6分ほど歩くと四天王寺さん。
今から1400年以上前に聖徳太子によって建立されたという古いお寺。今でも多くの方がお参りに来られます。
shi.jpg
その四天王寺から西に5分。美術館みたいな現代風の山門(仁王門)がある一心寺。お寺の駐車場は今は無いそうです。
子供の頃に来た記憶で、山門が違う形だったのと駐車場待ちの列がすごかった想い出が。
22.jpg
門をくぐった正面に大本堂。
hon.jpg
その横にあるお骨佛堂には納められたご遺骨でつくられた仏像が並んでいます。
22.jpg
仏像が祀られている周りはすごい人だかり。
23.jpg
みなさんそれぞれに会いに来た故人の方がいらっしゃるのでしょうか。

子供の頃、意味が分からなかった親の言葉 ーー。「子どもがいなかった親戚のおばちゃんが、一心寺のお骨佛になった」。
一心寺は明治20年から納められたご遺骨で10年毎にお骨佛が造立され、現在まで14体祀られています。(戦前の6体は空襲により焼失)
現在まで130年以上、およそ200万人にもおよぶ故人がお骨佛となっており、その信仰習俗に対し、平成17年大阪市の無形民俗文化財にも指定されました。

さて、お参りが済んだらお腹が減っていることに気がつきました。
特派員ブログといえば食べ物の話題ですよね。
参拝客の多いこのあたりには食べ物屋さんが数多くあります。

今回お昼をいただいたのは、いつも行列ができている四川料理のお店『チャイナダイニング・アルファ』。ここを選んだ基準? 今日はたまたま並んでなかったからです(笑)。
aru.jpg
ここが行列だったら、あのお蕎麦屋さん。ここが行列なら、あのスパイスカレー屋さん行こうかなと、私の選ぶ基準はかなり気まぐれです。

まさかすっと入れるとは思わず、何にしようかと迷った挙句、担々麺の中辛と、セットの焼き飯を注文。
tantan.jpg
yaki.jpg
ここのマダムは接客好きで、いろいろと気を使ってくださいます。味はあっさりしていて、粗い挽肉の食感と、辛くもなく、コクがあるスープんなどバランスが良かったです。

さて、お腹もいっぱいになったところで、次の目的地へ。
四天王さんのある辺りは少し高台。夕陽丘という地名の通り美しい夕陽が拝めます。司馬遼太郎の「燃えよ剣」にも登場する「天王寺七坂」もこのあたり。その話はまた別の機会に。

お店:チャイナダイニング・アルファ
住所:〒543-0062 大阪府大阪市天王寺区逢阪2丁目1−9


2017年8月24日

関東方面から来た人が、関西ではまだ103系電車が現役で走っているのですかと驚かれることがあります。
103系電車は、国鉄が製造した通勤型電車。それまでは茶色が主流だった大都市近郊の電車を色分けし路線を区別するスタイルのパイオニア的存在です。
1031.jpg
大阪では、東海道本線では見かけなくなったものの、大阪環状線、阪和線、大和路線とその支線で見ることができました。
しかし2017年になってから大阪環状線からはほぼ撤退。1編成ほどが辛うじて残っている状態です。下の画像はラッピング列車(OSAKA POWER LOOP)
1032.jpg
オレンジ色のオリジナルカラーの車両はもう数ヶ月見たことがありません。
989.jpg
そして、天王寺と和歌山を走る阪和線でも先月7月末で103系はすべて225系に置き換えられ、羽衣線でしか見られなくなった。
10322.jpg
現在103系が現役で走っているのはJR難波から奈良を走る大和路線です。こちらの方はもうしばらくは103系の姿を見ることができますが、それもそう長くはないでしょう。
yama.jpg
関西では、あと和田岬線や播但線で103系を見ることができますが、大阪周辺では今年か来年が見納めでしょうか。
今日新大阪駅を通ると宮原操車場(網干総合車両所宮原支所)に廃車予定の103系を見かけました。
上に電気が流れる架線がない所に係留され、自ら走ることができないその姿を見ると、何とも言えないものがこみ上げてきました。
103.jpg
是非関西にお越しの際は、お時間あれば103系達を探してみてください。


2017年8月19日

淀川下流にかかる14の橋は堤防より低い場所に道路があり、洪水や高潮で浸水が起きないよう、稼働式の防潮鉄扉があります。
この防潮鉄扉の開閉訓練が、年に1回、台風時期の前に行われます。深夜に行われる訓練をルポしてきました。

0010.jpg

訓練は深夜1時~2時にかけての1時間です。国内で唯一の回転式の防潮鉄扉が淀川大橋にあります。

0011.jpg

24mの鉄の扉が180度回転して国道2号線を閉鎖します。長大な鉄の扉が回転する様子は目を見張るものがあります。 見学者が朝まで安全に過ごせるよう、近隣の施設をお借りし、訓練開始までは防潮鉄扉の説明などを行いました。 12時前になり、いよいよ防潮鉄扉閉鎖訓練の見学です。

0012.jpg

事前に見学の注意事項を聞き、いざ橋の上へ移動。防潮鉄扉閉鎖中は橋の外へ出ることはできません。

0013.jpg

国道2号線が通行止めに。いよいよ24mの防潮鉄扉が動き出します。

0014.jpg

80度くらい回転しました。

0015.jpg

完全に閉鎖されました。検査の方が状況をチェックされています。24mと3mの防潮鉄扉が閉まった橋の上。 大阪湾からの風が心地よく吹いている、真夜中の音のない空間。 普段車がビュンビュン走っている橋の上を、今夜は歩くことができました。こちらも普段体験できないことでした。

016.jpg

台風や高潮などで淀川の8本の橋で堤防から水が溢れる可能性があり、ゲリラ豪雨などにも対応するため、この訓練では600名以上の方が携わっているんですね。 やはり現場は違いますね。参加者の皆さんにも、実際に橋で行われる訓練を見て、感じていただきました。

<淀川大橋陸閘閉鎖訓練>

場所:淀川大橋

日時:毎年7月第1土曜日~日曜日にかけて


2017年8月 8日
2017年8月 3日
2013年4月 1日
2012年8月15日
2012年8月 8日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■大阪府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 大阪特派員

    大阪特派員
    平井 裕三
    1974年大阪生まれの大阪育ち。 情報発信で地域に横のつながりが生まれ、人と町がつながるきっかけにならばと、大阪市北区発ローカルメディア(梅田の北っかわ!)というサイトで住民目線からの情報を発信しています。最近「情報でつなぐ地域の仲間探し」といった内容の講演をする機会もいただいていますが、地域の情報発信地域をつなげるだけではなく多くの人に地域に訪れていただけるような情報も発信していきたいです。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集