海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 大阪特派員ブログ > 水害から町を守るため、24mの鉄の扉が180度回転...

日本国内/大阪特派員ブログ 平井 裕三

日本国内・大阪特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年8月 8日

水害から町を守るため、24mの鉄の扉が180度回転する夜。


メール プリント もっと見る

水害から町を守るため、24mの鉄の扉が180度回転する夜。

淀川下流にかかる14の橋は堤防より低い場所に道路があり、洪水や高潮で浸水が起きないよう、稼働式の防潮鉄扉があります。
この防潮鉄扉の開閉訓練が、年に1回、台風時期の前に行われます。深夜に行われる訓練をルポしてきました。

0010.jpg

訓練は深夜1時~2時にかけての1時間です。国内で唯一の回転式の防潮鉄扉が淀川大橋にあります。

0011.jpg

24mの鉄の扉が180度回転して国道2号線を閉鎖します。長大な鉄の扉が回転する様子は目を見張るものがあります。 見学者が朝まで安全に過ごせるよう、近隣の施設をお借りし、訓練開始までは防潮鉄扉の説明などを行いました。 12時前になり、いよいよ防潮鉄扉閉鎖訓練の見学です。

0012.jpg

事前に見学の注意事項を聞き、いざ橋の上へ移動。防潮鉄扉閉鎖中は橋の外へ出ることはできません。

0013.jpg

国道2号線が通行止めに。いよいよ24mの防潮鉄扉が動き出します。

0014.jpg

80度くらい回転しました。

0015.jpg

完全に閉鎖されました。検査の方が状況をチェックされています。24mと3mの防潮鉄扉が閉まった橋の上。 大阪湾からの風が心地よく吹いている、真夜中の音のない空間。 普段車がビュンビュン走っている橋の上を、今夜は歩くことができました。こちらも普段体験できないことでした。

016.jpg

台風や高潮などで淀川の8本の橋で堤防から水が溢れる可能性があり、ゲリラ豪雨などにも対応するため、この訓練では600名以上の方が携わっているんですね。 やはり現場は違いますね。参加者の皆さんにも、実際に橋で行われる訓練を見て、感じていただきました。

<淀川大橋陸閘閉鎖訓練>

場所:淀川大橋

日時:毎年7月第1土曜日~日曜日にかけて

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2017年8月 8日
« 前の記事「大阪の魅力!外国の旅行客もびっくり「祈祷室」」へ
»次の記事「さようなら103系」 へ
おすすめ記事
    大阪特派員 新着記事
    穂谷コスモスの里がインスタ映えしない理由
    大阪四天王寺で『秋の大古本祭り』
    リンゴづくしのりんご専門のカフェ「elicafe」
    安治川の下を通る『安治川トンネル』
    孤独のグルメ(マンガ)で有名な中津のたこ焼き屋
    大阪市中央卸売市場 本場近くの10円自動販売機
    大正区の2つのエイサー祭り
    星空スタンド なんばパークス

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■大阪府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 大阪特派員

      大阪特派員
      平井 裕三
      1974年大阪生まれの大阪育ち。 情報発信で地域に横のつながりが生まれ、人と町がつながるきっかけにならばと、大阪市北区発ローカルメディア(梅田の北っかわ!)というサイトで住民目線からの情報を発信しています。最近「情報でつなぐ地域の仲間探し」といった内容の講演をする機会もいただいていますが、地域の情報発信地域をつなげるだけではなく多くの人に地域に訪れていただけるような情報も発信していきたいです。 DISQUS ID @disqus_M9eZk7UE80

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集