海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > オスロ特派員ブログ > 北欧デザインの「今」に出会えるクリスマスマーケット

ノルウェー/オスロ特派員ブログ 鐙 麻樹

ノルウェー・オスロ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年12月 8日

北欧デザインの「今」に出会えるクリスマスマーケット


メール プリント もっと見る

北欧デザインの「今」に出会えるクリスマスマーケット

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-20.JPG

「伝統的なクリスマス市はしない!」

ノルウェーで活躍する150人のデザイナーによる冬の祝典が開催

12月7、8日にかけて、首都オスロにあるノルウェーデザイン建築センターDogA(ドガ)にてクリスマスマーケットが開催されています。このイベントはちょっと特別! 1999年より開催されており、ノルウェーを中心とした各国の150人のデザイナーが大集合して、ご本人が商品を販売をします。「お決まりの伝統的なクリスマス市はしない」というコンセプトを掲げた、クリエイターたちによる冬の祭典です。
Photo & Text: Asaki Abumi

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-18.JPG

主に、編み物、陶器、ガラス食器、グラフィックデザイン、子ども向けアパレル、絵本、文房具など、日用品が出品されています。伝統的なクリスマス市のイメージを型破り、新しいこれから注目のデザインばかりが集まるこのイベントには、多くのデザイン関係者も足を運びます。デザイナー自身にとっても重要なPRの場であり、地元の人々にとっても特別な一点モノのクリスマスプレゼントを見つけることができる場所です。購入した商品の作成者と直接コミュニケーションがとれることも、このクリスマス市の醍醐味のひとつです。それでは写真レポートをお楽しみください。

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi.JPG 

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-2.JPG  Oslonaut社のヘラジカの木製ボード。カッティングボード、朝食の卵や乾パンを置く朝食ボードとしても使用できます。Oslonaut社を経営しているのは、ノルウェーに住むドイツ人女性Imke Tschentkeさん(写真)。彼女がデザインしたこのボードシリーズ「The Big Four」は、身体的な障害などを理由に社会復帰が困難な人々が働く製造会社GOTT - Gamle Oslo Tre og Tekstil社で製造されました。
 この「ザ・ビッグ・フォー」作品は、オスロ市内のお土産屋さんやデザインショップで購入可能です。
公式HP(英語) http://oslonaut.com/

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-6.JPG

こちらはエンベラ・ケラミック陶芸工房のコーナーです。オスロ市内で唯一の楽焼で陶器を製作している工房で、ノルウェーで話題の最高級レストランMaaemoでもお皿が使用されています。2010年にこの工房を紹介した記事「北欧ノルウェーの陶芸工房 エンベラ・ケラミック」 を書いたのでこちらもご覧ください。写真の女性は工房で働く
ノルウェー人のAnja Borgersrud さんです。右側に並んでいるのが全て彼女の作品。
公式HP(ノルウェー語)http://embla-keramikk.com/

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-23.JPG

こちらは「これから流行りそう」と個人的に非常に気になったBindesbøll(ビンデスボル)です。ひとつひとつデザインが違うこのバックパックは100%ウールでできており、ノルウェーの工場で使用されなくなった素材を再利用して作られています。デザイナーは南アフリカのケープタウン出身のフェルディナンド・ディネール(Ferdinand Diener)さん(写真左)。パートナーであるノルウェー人(写真右)の苗字をそのままブランド名にしたそうです。

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-24.JPG norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-25.JPG 「工場で布が捨てられているのを見て、もったいないと思ったんだ」と語るフェルディナンドさん。なんとこのバックパックは製作されてまだ3ヶ月、このクリスマス市がはじめての作品発表の場だそうです。とてもカラフルで素敵なデザインであり、ノルウェーではバックパックが人気の日用品なので、これから人気がでる予感を感じさせました。

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-13.JPG

こちらはグリーネルロッカ地区でおしゃれなカフェ「Liebling」の経営者であり、デザイナーでもあるカティさん(写真)です。この地区には雑貨屋さんがたくさんあるのですが、彼女の作品をよく見かけます。

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-14.JPG

このカッティングボードは「地球の歩き方 北欧」でも紹介されているショップ「Skaperverket」でも購入可能です。シロクマなどのデザインがあり、朝食のパンを置くボードとしても使用できます。

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-15.JPG

ノルウェー語の小さなメッセージメモです。「ありがとう/タック Takk」など書かれています。
http://www.liebling.no/

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-7.JPG

カラフルなバックなどを作る「ZNデザイン」(ZN-Design)のデザイナーであるアニータさんです。こちらもグリーネルロッカ地区にある雑貨屋Skaperverketで商品購入可能です。

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-11.JPG

こちらは私がずっと会いたいなと思っていたノルウェー人イラストレーター&グラフィックデザイナーのリン・ブレヴィク(Linn Brevick)さんです。ノルウェーのヴィンテージ食器ブランドFiggjoのすてきなイラストポスターなどをデザインされています。http://cargocollective.com/linnosaurus 。彼女の作品も雑貨屋Skaperverketで購入可能。

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-41.JPG

ノルウェー人デザイナーであるシェルスティ・ヨハネッセン(Kjersti Johannessen)さんの造形美の美しい作品です。こちらは別記事で紹介した「ノルウェーのデザインショップBRUDD.」 で購入可能です。http://www.kjerstijohannessen.com/

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-42.JPG

こちらがヨハネッセンさんです。彼女によると、ノルウェー王大使妃であるメッテ=マーリット妃が日本の皇族へのプレゼントとして作品を購入されたこともあるそうです。

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-38.JPG

ノルウェー、北極圏にあるスヴァールヴァル諸島出身のデザイナー、オーセさん(Åse Mariann Arild)さんの代表作は、柔らかいクリスマスツリーです。ホッキョクグマも住むこの地域は、その極寒の気候のために木が生えません。木の生えない故郷のスヴァールヴァル諸島からインスピレーションを受けた彼女の作品は、次第に注目を集め始め、現在は故郷の美術館やショップなどで販売されています。
フェイスブック Arctic Christmas Design

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-29.JPG

クリスマス市には150人のデザイナーが出展いるため、1~3階のスペースを全て貸しきってイベントは開催されています。次から次へとお客さんがくるので、会場は大変混雑していました。

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-5.JPG

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-10.JPG

ノルウェーにあるクロッセル農家の木を使用して作られた、キャンドル立て、木製ボード、イスを販売しています。年輪がしっかりと刻まれており、「"私はこの年に産まれたのよ"って数えることができるでしょう?」とデザイナーの方が語るように、ブランド名は「クロッセル年輪/Krosser Årringene」です。http://krosser.no/

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-16.JPG

北欧デザインを代表するキャサリンホルムのロータス柄のカレンダーを発見!

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-19.JPG

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-32.JPG

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-35.JPG norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-4.JPG  道路標識がそのまま家具としてリメイクされていて印象に残りました。

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-43.JPG norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-44.JPG  ノルウェーの「Studio 17」の車の玩具。2人のノルウェー人ママが、「子どもたちにもっと質のよいおもちゃを」という思いから結成しました。この玩具はDogA内にあるショップで通常販売されています。http://www.studio17.no/

norwaydoga_julemarket_christmas_2013_asakiabumi-45.JPG

私たちが想像しがちな伝統的なクリスマスマーケットとはちょっと様子が違いますが、ノルウェーを初めとする北欧、そしてイギリスやドイツなどの様々なデザインに出会うことができます。2013年は12月8日(日)が最後! 来年もまた開催されるので、デザインや雑貨、文房具が好きな方はぜひ立ち寄ってみてください。

デザイナーたちのクリスマスマーケット/Designerenes eget julemarked 2013

日時:2013年12月7・8日

10:00~18:00

場所:ノルウェーデザイン建築センターDogA

住所:Hausmannsgt 16

アクセス:オスロ中央駅より徒歩約10分

トラム11・12・13番でHausmannsvgate駅より徒歩約3分

バス30・54番でJakobs kirke駅より徒歩約1分

入場料:40ノルウェークローネ(カード払い不可、現金要)。チケットの代わりに手の甲にスタンプを押されます
買い物時の支払い方法:支払いはブースごとで。出展者によりますが、ほぼ全てのベースでカード払いが可能。ただし現金を多めに持参したほうが安心です

Doga公式HP イベント詳細(ノルウェー語)

イベント公式HP(ノルウェー語)


(12月お題"クリスマス")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 イベント・行事・お祭り ショッピング・雑貨・お土産
2013年12月 8日
« 前の記事「ノルウェー雑貨の小さなクリスマス市」へ
»次の記事「ノルウェーのデザイン学生によるクリスマス市」 へ
おすすめ記事
    オスロ特派員 新着記事
    北欧の暗い世界観を描く ムンク美術館 冬の展示
    ノルウェーファッションChristina Ledangがセール開催中
    かわいいドーナツ&コーヒー屋Talor&Jørgenがオープン!
    おしゃれエリア「グリーネルロッカのおすすめスポット地図」
    オスロのモデルコース 1日でめぐる観光プラン
    オスロで最低でも訪れておきたいコーヒーがおいしいカフェ2店
    12/2-3 DogAで150人のデザイナーによる北欧クリスマスマーケット
    オスロで北欧ヴィンテージ食器を購入
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ヤン&アンニャ・ガルバレク 北欧ノルウェー音楽家親子
    ノルウェーのクリスマス・コーヒー
    ノルウェーのクリスマス・ビール
    フグレンのクリスマス・ヴィンテージデザイン・セール!
    お知らせ
    「ムンクの叫び」になった国立美術館のドア!2013年はムンク生誕150周年
    オスロとベルゲンの天気(12月16~23日)
    2013年注目の新ロースタリーカフェSupreme Roastworks ノルウェーコーヒーを味わうならココ!
    オスロのクリスマス・マーケット
    EUのノーベル平和賞授賞式に伴うイベント
    12/9よりオスロ交通路線が大幅変更

    ノルウェー ツアー最安値


    2017/12/11更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ノルウェー旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ノルウェーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • オスロ特派員

      オスロ特派員
      鐙 麻樹
      【Asaki Abumi】上智大学フランス語学科卒業。オスロ大学でメディア学学士号・大学院で修士号を取得。ジャーナリスト、フォトグラファーとして現地での取材情報や写真を数多くの媒体に寄稿。フランス語、英語、ノルウェー語を話し、ニュース翻訳、企業コーディネーター、アドバイザーとしても活動中。2015年に産業革命の推進などを支援するイノベーション・ノルウェーより活動実績を表彰される。InstagramFacebookTwitter公式HPAll AboutノルウェーガイドYahoo!JAPAN NEWS

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集