海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ノルウェー/オスロ2特派員ブログ

ノルウェー/オスロ2特派員ブログ る。

ノルウェー・オスロ2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

sora 08947.jpg


10月8日(日)で最終日を迎えたムンク美術館の展覧会Towards the Forest。
ノルウェーで国民的人気を誇る作家のKarl Ove Knausgård(カール・オーヴェ・クナウスゴール)が展覧会を企画したことでも話題を集めました。
美術史ではない分野からキュレーターを指名したムンク美術館の決断も素晴らしいと思います。
Knausgård(クナウスゴール)は自伝的小説「わが闘争」(全6巻)が有名。
ノルウェー国内だけでなく、国際的にも人気を集めている作家です。


本展覧会で展示された作品の一枚にSnow Landscape, Thuringia (1906)という雪景色の風景画があります。
ムンクは同様のモチーフで5枚描いているのですが、そのうちの一枚を見た際に、当時19才の若きクナウスゴールの心には強くうったえかけるものがあり、涙したとのこと。
このエピソードから、人並ではない感受性の持ち主であることと、芸術作品の真髄にあるものを捉える力があるのだと感じます。
また、展覧会カタログのクナウスゴール自身による文章から、美術史専門用語をあえて使用はしていないものの、美術史に関する知識は豊富であることがうかがえます。


この展覧会の特徴は、Knausgård(クナウスゴール)が、従来とは異なるアプローチで展覧会を作り上げたこと。
あえて美術史専門家のアプローチを取らないことで、今まで公開されることのなかった(あるいは、あまり公開されてこなかった)作品を多数展示し、さらに新しい視点からエドヴァルド・ムンク作品を見せることに成功しました。


Towards the Forestは、ムンク作品の素晴らしさと共に、Knausgård(クナウスゴール)のキュレーション力の素晴らしさも感じられた展覧会でした。


ムンク美術館では10月28日(土)から新しい展覧会HEAD BY HEAD - CRONQVIST | BJØRLO | MUNCHが開催されています。
ムンク作品をスウェーデンのアーティストLena CronqvistとノルウェーのアーティストPer Inge Bjørloの作品と共に展示しています。


因みに冒頭写真は今夏オスロで撮影した青空。
芝生に霜が降りる等、ここ数日でオスロは寒さが増してきました。
写真のような、青色と雲の作り出すデザインが素敵な夏空には程遠い季節です。


* All photos credit to the author.



2017年11月 5日

3 Museum of Contemporary Art Oslo 08817.jpg

先日ご紹介致しましたオスロにある現代美術館。現代美術館の正面玄関から外に出ると。

2 Kirkegata 08783.jpg

このような噴水のある広場が広がっています。


Museum of Contemporary Art 09034.jpg

因みに、美術館の正面玄関にはライオンの彫刻が。


美術館を出て右側の通り、シルケ通り (Kirkegata)を散策してみました。


4 Kirkegata 09043.jpg

写真左端に彫刻がお行儀よく並んでいるのが見えるでしょうか。
オスロの街では至る所でアート作品に遭遇します。


5 Kirkegata 09048.jpg




⇒続きを読む"フォトジェニックポイントを探しにオスロ散策はいかが/ シルケ通り (Kirkegata)"

2017年9月12日

北欧・スウェーデンでは晩夏の頃に、ザリガニ料理を囲んでパーティーをする習慣があります。


crayfish sweden.jpg

これは、ザリガニ漁をしてもよい期間がかつては法律で定められていたことに由来します。
現在では冷凍のものや輸入もの等を一年中入手可能ですが、今でも伝統を引き継ぎ、ザリガニ漁が解禁されていた8月にザリガニパーティーを開きます。
ザリガニパーティー用の紙製の帽子やエプロンを身に着ける等、気合も十分。


ザリガニ料理といっても、ザリガニをkrondill(クローンディル)とビールで茹でるだけ。


crondill 3956.jpg

一般的にスーパーで売られているあのディルを、花が咲いてから収穫したものがkrondill(クローンディル)。
さわやかな香りがします。


北欧では8月半ばになると、朝晩は気温が下がり、秋物のカーディガンを羽織りたいと感じることも。
勿論、日中は太陽の光が眩しいくらい、まだまだ夏を感じますが、夏の終わりを感じる時期でもあります。
このザリガニパーティーで楽しかった夏を惜しみつつ家族や友人とひとときを過ごします。




⇒続きを読む"スウェーデンでは夏の風物詩 楽しかった夏にひとときのお別れ ザリガニパーティー/ 北欧"

2017年8月16日
2017年7月 1日
2017年4月30日
2017年1月21日
2016年10月31日
⇒すべての記事を見る

ノルウェー旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ノルウェーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • オスロ2特派員

    オスロ2特派員
    る。
    2015年よりノルウェーのオスロで生活。オスロ大学にて美術史を専攻中。スウェーデン留学時(2009 - 2010年)にはスウェーデン料理と食文化について学びました。フードアナリスト®。北欧の食やカフェ巡り、美術やアート・デザイン、雑貨に興味津々。生活経験のあるスウェーデンとノルウェーは勿論のこと、デンマーク、フィンランド、アイスランドも含め、北欧に大きな魅力を感じています。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集