地球の歩き方

海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > カナダ/オタワ特派員ブログ

カナダ/オタワ特派員ブログ 長井 美翔

カナダ・オタワ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

2014年も半分以下となった今、やっと2014年の目標を一つクリアする事が出来ました♪
それは車のフル・ライセンスを取得することです!


カナダは州ごとに車の免許システムが違います。そしてここオタワには2か所のテストセンターがあります。
ここオタワはオンタリオなので、今回はオンタリオ州のライセンスについて書いていこうと思います。


高校卒業してからカナダへ来た私は日本で運転した事がありません
一時帰国した時に、合宿でって事も出来たんですが、何せ高い!!!!
免許取得まで日本だと20万は最低かかりますが、カナダだとお値段なんと!2万円程度!!
というか自動車学校に行かなくても免許が取れるんです!

オンタリオ州の普通自動車の免許は3段階。最低16歳になっていれば車の運転が出来ます。


G1→一番最初にもらえる免許。これ、なんと!!!!ペーパーテストのみ!!!
標識の問題だったり、交通法の問題だったり、しかも全部マークテスト。
これに合格すると、おめでとうございまーーーーす!!!法的に車の運転が認められます。
ただし!!!!G免許(フル免許)を4年以上所持しているの人が同乗している場合のみです。たまにアメリカのドラマとかで娘とパパが練習してるの見ませんか?こういう事が法的にOKだから出来るんです。
このテスト、$15程度で受けられるし、IDにも使えるから運転しなくてもID目的で取得する人が多いです。


G2→このライセンスを取得するには道路試験があります。G1を1年以上持っていれば受験資格あり。この試験では、主に車線変更とか路肩に緊急停止とか基本的な事をチェック。
これに合格すると、晴れて一人で運転する事が出来ます。


G→これがGライセンス、またはフル・ライセンス。そしてこれが最後のテストです。テストには高速道路(高速道路に時速100キロで乗れないと即落第です。これに泣かされる人が一番多いとか・・・。私の友達もこれで再試験になっています。)やバック駐車なんかの項目が含まれます。
そして!!!これに合格すると・・・・・・お酒を飲んでも運転できます
重要なのでもう一度・・・。お酒を飲んでも運転OKです。もちろん酔っ払ってちゃダメです。でも例えば、夕飯にワインをグラス1杯飲んで、血液中のアルコールレベルが0.08以下なら運転して帰っても大丈夫♪(自分の身長・体重そしてお酒の量からこのアルコールレベルを割り出してくれるアプリもあります。)

G1の免許を取得した後、普通は親に同乗してもらったりしてG2のテストを受けるんですが、私は当時学生だったので、親もいなければもちろん車も無し!
でもそんな人の為に、自動車学校もあります。確か$600位だったと思います。クラスでの授業があって、その後インストラクターさんと一緒に路上練習が出来ます。オプションで教習所の車で路上テストを受けることも可能。
この自動車学校、州に認められている所だと、その後の自動車保険が安くなるので行く価値はありますよ~。何せ、こういうシステムなので事故がやっぱり多いのでしょうか?免許は安く取れても自動車保険が凄く高い!1ヵ月で1万円辺りは安い方です。


と言う訳で、晴れてフル免許を取得出来た私でしたが、合格するまではハラハラでした・・・。
というのも、G2ライセンスには5年という期間があって、それまでにフル免許を取らないとふりだしに戻らなければいけないんです。
教習所にも行っていた私、これは無駄には出来ない!!と猛特訓で試験に臨みました。
練習していた道とは全く別の道に連れて行かれましたが、無事に合格♪
これで残りの夏を目一杯エンジョイ出来ます。
学生やワーホリでカナダに滞在している人は、カナダで自動車免許を取ってみてはいかがでしょうか?



2014年7月31日| | コメント(0) | トラックバック (0)

夏のオタワと言えば、Bluesfes(ブルースフェス)とも呼ばれる位大人気の夏フェス
ボランティアをすると日数によって、このフェスの入場券がもらえるのでそれ目当てにボランティアする人もたくさん!!!10日間全て入場できるパスも毎年売り切れという盛況ぶり。


今年2014年で、Bluesfestは20周年を迎えました。最初は名前の通りブルース中心のフェスでしたが時代と共に変わっていき、最近はポップやロック等さまざまなジャンルのアーティストが参加しています。
今年の目玉はなんと言ってもLady Gaga!!!!この機会を逃すまいと、初めてBluesfestに参戦してきました。


CIMG8485.JPG
Bluesfestの最大の特徴は、会場に5つのステージがある事。
どの時間に行っても必ずどこかでLIVEをやっています。
また会場の広場が丘にもなっているので、2つの会場でLIVEが同時進行していても音が混ざりあわないようになっています。
折りたたみ椅子やレジャーシートの持ち込みもOKなので写真の様に、くつろぎ放題!
物品販売のテントも2か所ありました。


お腹が空いても全く心配いりません!
blues 2.JPG
オタワ各地のレストランが屋台を出しているので、よくあるホットドッグやピザだけでなく、タイ料理のパッドタイやグリーンカレー、インド料理など選び放題!

私は数ある中からカリビアン料理の屋台をチョイス。ジャークチキン(ピり辛の鶏肉)とスイートポテトのフライです。ボリューム満点で半分位でギブアップ・・・。
blues 4.JPG


目玉アーティストのパフォーマンスは夜に行われますが、昼間はローカル・アーティストやインディーズ・アーティストのコンサートが目白押し!
なんと参加アーティストのオーディションは半年以上前から開始される激戦!!!
選び抜かれたアーティストのパフォーマンスは素晴らしいの一言!!!
blues 3.JPG
こちらはシカゴ出身のバンド、The Claudettes。ピアノとドラムのデュオバンド。1曲聞いただけですっかりファンになってしまいました。


お待ちかねのLady Gagaの出番がやってきました。
観客の中にはLady Gagaのコスプレをした人がちらほら。
あっという間にステージ前は人・人・人!!!!
CIMG8501.JPG
blues 5.JPG

彼女のエネルギッシュなパフォーマンスに会場のボルテージも最高潮!!!あっという間の2時間でした。


初参戦だったので最初はちょっとドキドキしていたのですが、本当に楽しいフェスでした。
皆さんも夏にOttawaに来る際は是非参戦してみては??
今年のBluesfestは13日まで開催しています。当日券も売っていますよ~。
当日は水分補給をしっかりと!!!水の無料補給所もあるので空のペットボトルを持っていけばOKです。


RBC Royal Bank Bluesfest
Lebreton Flats


2014年7月10日| | コメント(0) | トラックバック (0)

7月1日は、カナダ最大の祝日、カナダ・デーでした。
カナダ・デーはカナダの建国記念日で、今年で147歳を迎えました。
世界の中でもまだまだ赤ちゃんな国です。


この日はカナダ各地でイベントが開かれますが、なんといっても首都のオタワは規模が違います。
国会前の広場ではお昼と夜に有名アーティストによるLIVEが開かれます。
今年の目玉はオンタリオ州のピーターブロ出身のSerena Ryderとバンクーバー出身のMariana Trench。もちろんこのコンサートも無料で楽しめちゃいます。
この日は市バスもタダなので、交通手段の心配もありません。


canada day 1.JPG
夜のLIVEは7時半~。広場にはビンやアルコールでなければ持ち込みOKなのでお弁当と飲み物、椅子やレジャーマットを敷いてピクニック気分の人達がいっぱい!!


canda day 2.JPG
お待ちかねのMariana Trenchが登場すると、会場のボルテージは一気に上がりました。
途中で雨が降ってきちゃったんですが、みんなお構いなし。この日は本当に暑くて日中は30度を超す暑さだったので逆に涼んで良かったかも?!


canada day 3.JPG
LIVEが終わると国歌と共に国会の裏の方から花火が上がります。会場のみんなで大合唱しながら花火を眺めます。


canada day 4.JPG
そしてお決まりの帰宅ラッシュ・・・。こんなにたくさんのカナダ人を見るのは、一年でこの日だけです。
日本だと建国記念日は国民の休日とか連休で家族で過ごしたりする感じですが、カナダでは国のお誕生日パーティーみたいな雰囲気で、とにかく大はしゃぎ!!!
私は仕事があったので真っすぐ家に帰りましたが、バーや路上ではまだまだ騒ぎ足りない人であふれかえっていました。


カナダ国内だけでなく世界各地からCanada Dayの為にオタワに来る人も少なくありません。
是非、今度オタワに来る際はこのカナダ・デーの7月1日を選んでみては?


2014年7月 3日| | コメント(0) | トラックバック (0)
2014年6月27日| | コメント(0) | トラックバック (0)
2014年6月18日| | コメント(0) | トラックバック (0)
2014年6月11日| | コメント(0) | トラックバック (0)
2014年6月 3日| | コメント(0) | トラックバック (0)

カナダ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

▲ページ上部へ戻る