地球の歩き方

海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > カナダ/オタワ特派員ブログ

カナダ/オタワ特派員ブログ 長井 美翔

カナダ・オタワ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

10月もそろそろ下旬!!ここオタワはただ今の気温が5度!!!!もう冬の様な寒さでげんなりします。

さぁそんな中、先週末カナダは感謝祭。アメリカと違って毎年10月の第2日曜日が感謝祭です。
感謝祭ではクリスマスのようにターキー(七面鳥)を焼くのがお決まり。
私も今年は丸ごとターキーを焼いてみる事にしました。


まずはターキーを買う所から・・・。
IMG_4014.JPG
近所のスーパーに行くと、いましたいました!!!
冷凍の七面鳥がゴーロゴロ。この中から好きなサイズ・重さのものを選びます。
皆さんこの冷凍のターキーを冷蔵庫で数日間かけて解凍させて使うのですが、私達は前日に買いに行ってしまったので、冷凍の状態から焼けるお手軽ターキーにしました。


IMG_3990.JPG
4人だったので5Kgサイズをセレクト。
大きさは・・・・炊飯器と同じくらい!!!でもやっぱり5キロは重たい!!!
このサイズでなんと$20というお得さにもビックリです。


本来でしたら、この七面鳥の中に「スタッフィング」といって、パンをちぎってセロリや玉ねぎなどの野菜をMixした詰め物をします。
もちろんこのスタッフィングを手作りする家庭も多いですが、こんな便利なキットも売っています。
IMG_3987.JPG
このキットを使えば、バターを混ぜて沸騰させたお湯にキットの中身を入れて混ぜるだけ!
味も抜群で手作りのスタッフィングよりもこっちの方が好き!っていう人は少なくありません。
私もその一人・・・・。


今回は冷凍ターキーで、このスタッフィングもすでに詰められているという、なんともずぼらな私にはピッタリの七面鳥さん。
なのでこのままオーブンへ~。
IMG_4016.JPG
5キロサイズは焼くのに4~5時間かかります。
その間にマッシュド・ポテトなどの付け合わせを作っちゃいます。


さぁ!!!ようやく焼けたようですよ~。
IMG_4017.JPG
こーんがり良い色に焼け上がりました!ターキーの良い香りが家中に広がります。


これに付け合わせのマッシュド・ポテトにグレービー・ソースやクランベリー・ソースを添えて頂きます。デザートの定番はパンプキンパイ。
七面鳥には鶏肉と違って、眠くなる成分が入っているそうです。なのでこの日はターキーをたらふく食べてソファーでうとうと・・・ここまでやって感謝祭を楽しんだ事になります。
また残った骨などをぐつぐつ煮込んでスープを作る家庭も!
残ったお肉で作るターキー・サンドイッチもカナダ人の大好物!!!


日本ではあまり食べる事の無い、ターキー。カナダに来た際には是非チャレンジしてみては?


2014年10月20日| | コメント(0) | トラックバック (0)

早いもので9月ももう終わり!2014年も残すところあと3ヶ月になってしまいましたね。
そしてここ最近ぐっと冷え込むようになり、ジャケット無しでは通勤出来ないような気候です。このまま冬になってしまうのでしょうか…もう少し秋の過ごしやすい天気を楽しみたいところです。


秋と言えば、読書の秋・食欲の秋、といろいろありますが、今回は芸術の秋をご紹介したいと思います。


9月20日に一夜限りで行われたイベント、Nuit Balnche Ottawa + Gatineau
日本語で白夜祭と呼ばれるこのイベントは一晩中様々なアートに触れられる祭典です。
カナダではトロントで行われるNuit Blancheが有名ですが、遂にオタワにもやってきました!!!
夜とつくだけあって始まるのは夕方6:20から。そして明け方の4:21まで続きます。
その間オタワ市とお隣のガティノー市の様々な場所でいろいろなジャンルのアートが無料で楽しめます。


IMG_3901.JPG
これはグラフィックアートとペンキアートのコラボ。スクリーンに絵が映し出され、BOXにペンキアートを施していく様子を直に見る事が出来ます。


IMG_3902.JPG
こちらは一変して道路を目一杯使った作品。泥で出来た小さいとんがりコーンみたいな物の上をズカズカと歩いてOKという参加型アート。
なんだかゴジラになって街を壊していくような感じで楽しかったです。


IMG_3903.JPG
禁煙も題材にしたアート。こういうメッセージのある作品も多く展示されていました。


IMG_3908.JPG
こちらも大規模というか大がかりな作品。単純に言えば版画なんですが、それを道路工事に使うローラー(写真の左側)で紙をかぶせた版画の上を往復して刷るというもの。
こういうビッグサイズのアートってワクワクしますよね。


IMG_3904.JPG
テクノロジーを駆使したアートも!これは自転車とGoogleマップが連動してまるで市内をサイクリングしている気分にさせてくれる作品。


IMG_3917.JPG
絵画や作品として残るものが芸術とは限りません。ダンスや舞踊も芸術の一部ですよね。
こちらは建物の窓を使ったダンスパフォーマンス。なんだかヨーロッパか何処かにタイムスリップしたような雰囲気でした。

私はさすがに4時までは過ごしませんでしたが、いつもとは違った顔のオタワの夜を楽しむ事が出来ました。
今年のNuit Blancheは終わってしまいましたが、来年また戻ってくる事のを楽しみにしています。


2014年9月30日| | コメント(0) | トラックバック (0)

日本はまだまだ暑い日が続いていると聞きますが、ここオタワは何故か早くも11月の様な気候となってしまいました・・・。先週は最高気温が15度!なんていう日もあり、このまま冬に突入されては困ると思っていましたが、今週に入って日中は26度程度まで上がるようになりました。


さて、ここオタワではこの寒さに喜んでいる人がたくさんいるであろう夏のイベントがあります。
それは衛兵交代の儀式・Changing of the Guard
夏の間、毎朝10時から国会議事堂前の広場で行われるセレモニーです。


このセレモニーはバグパイプから始まり、マーチングバンドへと続きます。
バグパイプが鳴り始めると、人が一斉に集まってきます。
CIMG8542.JPG


そして交代となる衛兵達がやってきます。昔はなんとこの衛兵、24時間勤務制だったようです。24時間も働いて、なおかつキビキビと行進するなんて大変・・・・。
CIMG8543.JPG

CIMG8544.JPG

勤務した衛兵が広場に着くと、今度は勤務しにくる衛兵がやってきます。
CIMG8548.JPG

そして今度は服装・銃の点検がくまなく行われます。
CIMG8550.JPG
ちょっと分かりにくいかもしれませんが手前の二人が、一人ひとりつま先から頭までチェックしていきます。

衛兵のチェックが終わると、建物への鍵を渡す儀式に移ります。そして退場。
CIMG8554.JPG


時間にすると約30分程度の儀式ですが、この制服に熊の毛で出来ていると言われる帽子!
猛暑の中ならもう汗ダラダラで熱中症になってしまいそうですよね。
このパフォーマンスに出てくる衛兵は、カナダの国軍の生徒達。こういう厳しい環境の中でもキリっとしているのは日頃の訓練の賜物ですね。

式後には衛兵達と写真を撮ることもできます。無料で見る事が出来るので夏にOttawaに遊びに来る際は是非行ってみてください。
良い場所を確保するには9時半から遅くとも9時45分には国会議事堂にいるようにすると良いと思います。

(8月お題”8月の風物詩”)


2014年8月21日| | コメント(0) | トラックバック (0)
2014年8月15日| | コメント(0) | トラックバック (0)
2014年7月31日| | コメント(0) | トラックバック (0)
2014年7月10日| | コメント(0) | トラックバック (0)
2014年7月 3日| | コメント(0) | トラックバック (0)

カナダ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

▲ページ上部へ戻る