海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > パークセー特派員ブログ > ラオ日本大橋はウォーキング&夕日のスポット!

ラオス/パークセー特派員ブログ 熊谷 郁

ラオス・パークセー特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年8月27日

ラオ日本大橋はウォーキング&夕日のスポット!


メール プリント もっと見る

ラオ日本大橋はウォーキング&夕日のスポット!

サバイディー、熊谷です。
今日はパクセー市内、メコン川に架かる『ラオ日本大橋』をご紹介します。ここ、普段は全然歩かないラオス人が、夕方になると沢山歩いている、いわゆるウォーキングコースになっています。私もたまーに歩きに行きますが、橋の上からのメコン川の眺めはすごく良いですよ。


01.JPG


ラオ日本大橋は、日本の経済協力によってメコン川架けられた橋になります。全長1380m、車道の他に歩道もちゃんと付いており、チャンパーサック県の中では、唯一、メコン川を歩いて渡れる場所となっています。


0827-02.JPG 0827-03.JPG

1380mほどもあり、日中はさすがに遮るものが何もないので、歩くのは大変だと思います。一度、昼の14時くらいにカンカン照りの中を歩いていたら、車やバイクで通るラオス人が全員2度見をして通り過ぎて行きました・笑。えっ、今歩くの!?と驚くぐらい昼間は暑いので、ここを渡るのは朝か夕方の涼しくなってからがお勧めです。


そして、なんといっても、夕方のこの橋の名物と言えば・・・


0827-04.JPG


キラキラと太陽が反射するメコン川の姿!!美しいです、とっても。
すごく、すごく、大好きな時間です。


そして、キラキラからもう少しすると・・・


0827-05.JPG


こんな夕日にも、出会えてしまうかもしれません。


交通量が多いので、排気ガスが気になる方は、マスク持参がよいと思います。ウォーキング中のラオス人のおばちゃんたちは、日焼け対策の長袖、マスクで完全防備です。さすがです。往復すると、結構な運動になるので、片道でいいわー、と言う方は、サムロー(バイクの隣に座席を付けたもの)で橋を渡りきったところまで連れて行ってもらって、対岸からパクセー市内へ歩いて戻って来るのもお勧めです。日が落ちると途端にウォーキングの人々はいなくなり、閑散とした橋になるので、日が落ち切る前には戻って来て下さいね。治安はそんなに悪くはないのですが、誰もいない橋の上、ちょっと怖いです。


そして、橋を渡って帰ってきたら、橋のたもとには『ダオカフェ』と言うおしゃれカフェが待っているので、そこでコーヒータイムや、メコン川沿いのレストラン街へ歩いて、ビアラオで一杯も良い時間かもしれません。のんびーり、ラオスの夕方、過ごしてみて下さいね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2013年8月27日
« 前の記事「【バス停案内板】国内移動の要、パクセー南バスターミナル」へ
»次の記事「【パクセーカフェ散歩】美味しいケーキが食べたくなったらここ!ダオ・コーヒー」 へ
おすすめ記事
    パークセー特派員 新着記事
    雨上がりのメコンの夕日とグリーンシーズン到来
    ラオス新年(ປີໃຫມ່ລາວ ピーマイ・ラーオ)のお知らせ
    ラオス産のラム酒"Laodi Rum"を購入してみる
    【パクセーごはん】朝食にいかが?1杯2,000Kip、豆腐のジンジャーシロップがけ
    【ボラベン高原】1杯ずつ丁寧に淹れるコーヒーがたまらない、Jhai Coffee House
    【ボラベン高原】33kmのお土産スポット、Sabaidee Valley Resort
    【パクセー】関連記事まとめ
    【世界遺産ワットプー】関連記事まとめ

    ラオス ツアー最安値


    2017/8/18更新

    アジア 航空券情報


    ラオス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ラオスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パークセー特派員

      パークセー特派員
      熊谷 郁
      旅好きなのに、インドア派なイクです。映画も音楽も読書も大好き!たまーにちょっぴりアウトドア。2012年から青年海外協力隊(観光隊員)として、東南アジア、ラオスの1番南、チャンパーサック県観光局に派遣されています。美味しいもの沢山!美しい夕日!そしてメコン川!ゆったりとした時間の流れの中から、南ラオス情報を発信していければと思います。ご連絡はこちらまで。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集