海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > パークセー特派員ブログ > 【ボラベン高原】ラオス人1番人気の滝!タート・ニュ...

ラオス/パークセー特派員ブログ 熊谷 郁

ラオス・パークセー特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年1月18日

【ボラベン高原】ラオス人1番人気の滝!タート・ニュアン


メール プリント もっと見る

【ボラベン高原】ラオス人1番人気の滝!タート・ニュアン

ສະບາຍດີ(サバイディー)、熊谷です。
パクセーから行ける滝、第2弾です。今回は、ラオス人にとっても人気なタート・ニュアン(ຕາດເຍືອງ)です。


20140118-01


タート・ニュアンはパクセーから16号線を東に40kmほど進んだ所にあります。前回ご紹介したタート・ファーン から2kmほど進んだ所になります。国道から1kmほど進むと入口が見えてきます。入場料は1人5,000Kipです。


この滝、私の周りのラオス人には非常に人気です。ラオス人はよく「美しい(ガーム・ງາມ)」という言葉を使うのですが(人も服も建物も道も、何でもງາມと言う言葉で褒めちぎります)、「タート・ニュアンはガーム・ラーイだろ(とっても美しいだろ)」と言って来ます。車をチャーターした際に、タート・ニュアンには今回は行かない、と言うと、あんなに美しいのになぜ行かないのか?、と聞いてくるくらいです。


20140118-02 20140118-03


落差は40mほどなのですが、水量が多く、日が差せば虹も架かり、非常に美しい姿をしています。滝壺まで、展望台と共に遊歩道が整備されているので、マイナスイオンを体中に浴びながら、満喫することが出来ます。カメラを持参の方は濡れないようにビニール袋があると良いかもしれません。水量のそこまで多くない乾季であれば、滝壺で泳ぐことも可能です(雨季は本当に水が多いので、ご注意ください!)。更に、水が少なければ、滝の上にも立つことが出来ます。滝壺を覗き込むのは少し勇気が必要ですが、なかなかの眺めです。


そして、ここでの私の1番のお気に入りスポットはここ!


20140118-04


滝の上のピクニックスペース!!
週末ともなると、ラオス人ファミリーがご飯やビアラオを持ち込んでピクニックを楽しみます。小川が流れ、芝生のスペースにゴザを敷き、のんびりと時間を過ごします。レストランからの食べ物のテイクアウトもOK。張り切ったチームはカラオケ用の大きなスピーカー持参でやってくるので、一緒に歌って踊ってみるのも、旅の思い出になるのではないでしょうか。


DSC07985.JPG DSC07984.JPG


------
その他のボラベン高原周辺情報はこちらへどうぞ!→【ボラベン高原地図と記事まとめ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2014年1月18日
« 前の記事「【ボラベン高原】2本の落差のある滝が見事なタート・ファーン」へ
»次の記事「チャンパーサック県のインフォメーションセンターがリニューアル!」 へ
おすすめ記事
    パークセー特派員 新着記事
    雨上がりのメコンの夕日とグリーンシーズン到来
    ラオス新年(ປີໃຫມ່ລາວ ピーマイ・ラーオ)のお知らせ
    ラオス産のラム酒"Laodi Rum"を購入してみる
    【パクセーごはん】朝食にいかが?1杯2,000Kip、豆腐のジンジャーシロップがけ
    【ボラベン高原】1杯ずつ丁寧に淹れるコーヒーがたまらない、Jhai Coffee House
    【ボラベン高原】33kmのお土産スポット、Sabaidee Valley Resort
    【パクセー】関連記事まとめ
    【世界遺産ワットプー】関連記事まとめ

    ラオス ツアー最安値


    2017/8/17更新

    アジア 航空券情報


    ラオス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ラオスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パークセー特派員

      パークセー特派員
      熊谷 郁
      旅好きなのに、インドア派なイクです。映画も音楽も読書も大好き!たまーにちょっぴりアウトドア。2012年から青年海外協力隊(観光隊員)として、東南アジア、ラオスの1番南、チャンパーサック県観光局に派遣されています。美味しいもの沢山!美しい夕日!そしてメコン川!ゆったりとした時間の流れの中から、南ラオス情報を発信していければと思います。ご連絡はこちらまで。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集