海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > パークセー特派員ブログ > 世界遺産ワットプーへの行き方(ローカルな乗り物での...

ラオス/パークセー特派員ブログ 熊谷 郁

ラオス・パークセー特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年1月15日

世界遺産ワットプーへの行き方(ローカルな乗り物でのんびり編)


メール プリント もっと見る

世界遺産ワットプーへの行き方(ローカルな乗り物でのんびり編)

ສະບາຍດີ(サバイディー)、熊谷です。
前回(世界遺産ワットプーへの行き方(パクセーからの日帰り編) )に引き続き、ワットプーまでの行き方・ローカル編です。


20140115-01

*ワットプーの本殿です。クメール様式で建てられた元はヒンドゥー教の寺院。現在は仏教寺院として使われています。


のんびりとラオスタイムを楽しむ、ローカル乗り物編!


南部ラオスはまだまだ公共交通機関が発達していません。バスが走っているのは、ビエンチャン特別市を除けば、各県の県庁所在地をつないでいるものだけ。各郡と郡をつないでいるのは、トラックの荷台を座席に改造したピックアップトラックのみ、となります。


20140115-02


このピックアップトラック、トゥクトゥクの大きい版、といった感じなのですが、ラオスだとソンテウやドイサンと呼ばれています。南部ではドイサンの方がよく聞く気がしますね。


ワットプーがあるチャンパーサック郡までは、このドイサンで行くことになるのですが・・・。ここでドイサンについてお話を一つ。このドイサンですが、ラオス人の生活の為に郡と郡をつないでいる乗り物なんです。パクセー近郊の場合だと、早朝、村の人がパクセーの大きな市場へ買い出しに来て、買い物が済んだら荷物を大量に積み込んで村へ帰る、その為の足になっています。村を出るのが早朝、パクセーを出るのがお昼前後、の便が多くなっています。その為、パクセーを昼の便で出ると、一番早くても翌朝にしかパクセーに戻って来れないといことで、公共交通機関ではワットプーへの日帰りが出来ない、と言われているのです。


それでは、ワットプーまで頑張って行ってみましょう!チャンパーサック郡行きのドイサン乗り場は、パクセーにある南部ラオス最大の市場、ダオフアン市場にあります。ラオ日本大橋へつながる16号線からダオフアン市場へ入った所がドイサン乗り場になっています。外国人がこのエリアに行けば、すぐに客引きのお兄さんたちが「チャンパーサックへ行くのか?」と声をかけてきますので、案内してもらってください。


20140115-03 20140115-04


チャンパーサック郡を通るドイサンは、
・チャンパーサック郡行き
・チャンパーサック郡・ドンタラート行き
・スクマ郡行き
が、代表的な行先になっています。


出発の時間は10時くらい~14時くらいまでの間、人が集まり次第出発、となります。集まらなければ30分でも1時間でも待つことがあるので、時間には余裕を持って、心にも余裕を持って向かうのが良いと思います。周りは買い物帰りの荷物盛りだくさんなおばちゃんたちだと思いますが、怖がらずに座って待ちましょう。ラオス人は基本恥ずかしがり屋なので、自分達からはあんまり話しかけて来ないと思いますが、こちらが近寄れば答えてくれるので、ラオス人との交流も楽しんでみて下さいね。


ドイサンを降りる場所ですが、個人的にはチャンパーサック郡(ワットプーまで約10km)で降りるのが良いと思っています。ドンタラート行きやスクマ郡行きに乗れば、ワットプーの2kmほど手前の三叉路まで乗って行くことが出来るのでそこから歩けるのですが、ワットプーではトゥクトゥクもバイクタクシーも基本客待ちをしていない為、帰りの足の確保が出来ません。なので、チャンパーサック郡で降りて、宿を確保し、ワットプーまでの往復の足を確保するのがベターかな、と思います。チャンパーサック郡までは45分~1時間ほど、1人20,000Kipです。


20140115-06

*チャンパーサック郡のメコン川沿いの道。ワットプーまで全ての道が舗装され、行きやすくなりました。


地球の歩き方にもいくつかゲストハウスやホテルが載っているので、その宿名をドイサンのドライバーに伝えて降ろしてもらうのが良いかと思います。宿についてはまたいつか書きたいと思いますが、どの宿でもワットプーまでの乗り物の手配が可能です。行き方としては、3つ。


1.トゥクトゥクをチャーターする
2.バイクをレンタルする
3.自転車をレンタルする


ワットプーまで約10km。道なりにひたすら真っ直ぐ進めば到着するので、バイクや自転車でも行きやすいです。ただし、遮るものがないので日中は暑く、日が落ちると街灯がないので真っ暗。その点だけ、気を付けてくださいね。トゥクトゥクは往復100,000Kip前後、自転車は20,000Kip前後、バイクは確認したことがなかったので今度確認してきます。


ワットプーを見学後はチャンパーサック郡でのんびり1泊(気に入ったら何泊でも!)して、翌朝のドイサンでパクセーへ戻ります。パクセー行きのドイサンは、朝6時半~8時くらいまで、となっています。この8時を逃すと翌日になってしまうのと、8時のドイサンが満席だと郡の中心を通ってくれないこともあるので、出来るだけ早めにスタンバイしておくのが良いと思います。宿の人に伝えておけば、通りかかるドイサンを宿の前で停めてくれますよ。


はい、お疲れ様でした!無事、パクセーへ帰って来れたでしょうか?私はチャンパーサック郡の街も好きなので、時間があればのんびりして、メコン川を眺めながらビアラオなんてのもいいな、と思うのですが、みなさんの旅のスタイルに合わせて、ワットプーを楽しんで下さいね。


------
この他のワットプー関連情報はこちらへどうぞ!→【世界遺産ワットプー関連記事まとめ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 見所・観光・定番スポット
2014年1月15日
« 前の記事「世界遺産ワットプーへの行き方(パクセーからの日帰り編)」へ
»次の記事「【パクセーごはん】メコン川に浮かぶKhem Khong Restaurant」 へ
おすすめ記事
    パークセー特派員 新着記事
    雨上がりのメコンの夕日とグリーンシーズン到来
    ラオス新年(ປີໃຫມ່ລາວ ピーマイ・ラーオ)のお知らせ
    ラオス産のラム酒"Laodi Rum"を購入してみる
    【パクセーごはん】朝食にいかが?1杯2,000Kip、豆腐のジンジャーシロップがけ
    【ボラベン高原】1杯ずつ丁寧に淹れるコーヒーがたまらない、Jhai Coffee House
    【ボラベン高原】33kmのお土産スポット、Sabaidee Valley Resort
    【パクセー】関連記事まとめ
    【世界遺産ワットプー】関連記事まとめ

    ラオス ツアー最安値


    2017/10/23更新

    アジア 航空券情報


    ラオス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ラオスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パークセー特派員

      パークセー特派員
      熊谷 郁
      旅好きなのに、インドア派なイクです。映画も音楽も読書も大好き!たまーにちょっぴりアウトドア。2012年から青年海外協力隊(観光隊員)として、東南アジア、ラオスの1番南、チャンパーサック県観光局に派遣されています。美味しいもの沢山!美しい夕日!そしてメコン川!ゆったりとした時間の流れの中から、南ラオス情報を発信していければと思います。ご連絡はこちらまで。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集