海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > パークセー特派員ブログ > フレンチブリッジが通行止め

ラオス/パークセー特派員ブログ 熊谷 郁

ラオス・パークセー特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年1月20日

フレンチブリッジが通行止め


メール プリント もっと見る

フレンチブリッジが通行止め

ສະບາຍດີ(サバイディー)、熊谷です。
パクセー国際空港からパクセー市内への入口、フレンチブリッジが通行止めとなっていますので、お知らせいたします。


20140120-01


空港の前の13号線をパクセー市内方面へ向かうと、フランスの支援で作られたフレンチブリッジがセドン川に架かっています。車道は1車線のみで、信号によって片側ずつ通る方式をとっていたのですが、車の交通量が日に日に増えているラオスにおいて、少々力不足になっている印象はありました。そこで、ついに新しい橋の工事の為に、先週から通行止めとなっています。


20140120-02 20140120-03


入口には車止めが置かれ、工事が本格的には始まるまでは、徒歩の場合のみ通過ができるようです。今まで車道と歩道が分かれており、車道側を通る事ができなかったので、初めて歩いてみました。パクセーの人達にもこの橋を歩けるのは珍しいようで、私のFBには橋の上でポーズをきめる友人たちの写真が、毎日のようにUPされています。フレンチ調の感じのする、趣のある橋で、お散歩にはちょうど良いコース。夕日が落ちる時間帯も、意外と良いかもしれません。


20140120-04

*このまま真っ直ぐ進むとパクセーのメイン通りです。資生堂もあるんですよ、パクセー。


さて、車やバイクで空港方面からパクセー市内に入る場合は、迂回をしなければなりません。これまでも朝晩の渋滞を回避するべく作られて使われてきた、チャンパーサックパレスホテルの横のロータリーへ続く道路を利用することになります。こちらは新しい大きな橋がしっかりと出来ているので、大型のバスでも安心して通ることができます。下記の地図で場所を確認してみてくださいね。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 交通・鉄道・航空
2014年1月20日
« 前の記事「チャンパーサック県のインフォメーションセンターがリニューアル!」へ
»次の記事「2014年、ラオスの祝祭日」 へ
おすすめ記事
    パークセー特派員 新着記事
    雨上がりのメコンの夕日とグリーンシーズン到来
    ラオス新年(ປີໃຫມ່ລາວ ピーマイ・ラーオ)のお知らせ
    ラオス産のラム酒"Laodi Rum"を購入してみる
    【パクセーごはん】朝食にいかが?1杯2,000Kip、豆腐のジンジャーシロップがけ
    【ボラベン高原】1杯ずつ丁寧に淹れるコーヒーがたまらない、Jhai Coffee House
    【ボラベン高原】33kmのお土産スポット、Sabaidee Valley Resort
    【パクセー】関連記事まとめ
    【世界遺産ワットプー】関連記事まとめ

    ラオス ツアー最安値


    2017/8/18更新

    アジア 航空券情報


    ラオス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ラオスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パークセー特派員

      パークセー特派員
      熊谷 郁
      旅好きなのに、インドア派なイクです。映画も音楽も読書も大好き!たまーにちょっぴりアウトドア。2012年から青年海外協力隊(観光隊員)として、東南アジア、ラオスの1番南、チャンパーサック県観光局に派遣されています。美味しいもの沢山!美しい夕日!そしてメコン川!ゆったりとした時間の流れの中から、南ラオス情報を発信していければと思います。ご連絡はこちらまで。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集