海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > パラオ/パラオ特派員ブログ

パラオ/パラオ特派員ブログ ルルケド 薫

パラオ・パラオ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


今回は、私の大好きな唐辛子をご紹介しましょう。
パラオの料理は、料理自体が辛いということはありませんが、辛いものが好きな人はたくさんいます。塩味のシンプルなシーフードに、庭の木から手折ったばかりの唐辛子を、お好みで加えるのがパラオ流。一家に1鉢/1株は、必ずあると言っても過言ではありません。
21.jpg
いくつか種類がありますが、写真の鉢植えは、沖縄やハワイにもある種類、2〜3cmくらいの大きさです。日本で見かける普通のものより小ぶりで辛味が強く、沖縄では島とうがらしと呼ばれているもの。もっと小さい種類(1cmくらい)もあって、こちらはパラオ最辛で、通称ダイナマイト。
22.jpg
あまり流通していませんが、1cm程度の小さな唐辛子を見かけたら、気をつけて!ダイナマイトです!
パラオ語で唐辛子は、meringel(メリングル)といいます。「からい」の他、痛い、つらいという意味もあります。たった1cmで、ダイナマイト級に辛いパラオ唐辛子、もし見かけたら、辛いもの好きでしたら、是非チャレンジしてみてください。
さて、一家に1鉢/1株はある唐辛子ですから、豊作のときは、保存を兼ねて自家製の辛味調味料を作ります。我が家のレシピはこちら。ダイナマイトではなく島とうがらしを使いました。
23.jpg
若い青唐辛子も香りがいいので、緑のものも摘んじゃいます。完熟の赤いものと緑のものを分けて、ヘタを切り落とし、輪切りにして、青唐はしょう油、赤唐は酢と塩で漬け込みます。分量は適当!私は細かく切りましたが(切るとき、あまりの辛さに手が痛くなります)、まるごと漬ける家庭もあります。
24.jpg
25.jpg
あとは冷蔵庫で放置して、簡単パラワン・タバスコの出来上がり。切ると数日でしょう油、酢に辛味が移って、辛味調味料として楽しめます。まるごと漬けると、汁に辛味が移るのがゆっくりで、1週間くらいで程よい辛味。我が家は、どんな料理にも合うようにシンプルですが、にんにくや胡椒、レモン汁、黒糖などを入れるレシピも。お刺身や魚のスープ、唐揚げやバーベキュー、何にでも加えていただきます!
26.jpg
お店でも売ってます。野菜売り場で、10本くらい入った小袋が1〜1.5ドルです。残念ながら、農林水産省の植物防疫所によると、生の唐辛子は、パラオから日本へ持ち込みできないとのことなので、滞在中のみ、お楽しみください。お土産には、食品として加工してある、写真の小瓶の唐辛子ペースト(5〜6ドル)をどうぞ。
植物防疫所:http://www.maff.go.jp/pps/j/search/ikuni/index.html



2018年11月28日

はじめまして。パラオ特派員のルルケド薫と申します。パラオに嫁いで12年、職業は「タワシ」。パラオ語ですが元は日本語、あの、ごしごしタワシのこと。パラオでは、嫁のことをタワシと呼びます。女系家族で、母親方の女性の親戚は絶対で、嫁いだら彼女たちの手となって働く。だからタワシなんですね。タワシの私だからこそ、ちょっとディープな家族事情も含めて、パラオの素顔をお届けできればうれしいです。


パラオ共和国は、日本の真南3000kmにある、屋久島ほどの大きさの独立国。スペイン、ドイツ、日本、アメリカの統治を経て1994年10月1日に独立しました。日本統治時代は、多くの日本人が住んでいて、学校では日本語を強要されたので、年配の人は日本語を話します。夫の祖母は、カタカナで読み書きしてました。現在の公用語は、英語とパラオ語 。タワシのように、日本語を語源とするパラオ語もたくさんあります。


パラオといえば、ユネスコ世界遺産になった美しい海。主な産業は、マリンレジャーを中心とした観光業。日本、台湾、韓国などから観光客がやって来ます。そんなパラオ、初回は、私が住んでいるメユンズ村をご紹介します。

11.jpg

入り江に真っ直ぐ橋がかかっていますが、右がコロール市内、左がアラカベサン島、 メユンズ村はここにあります。市内から5分程度、高級リゾートのパラオ•パシフィック•リゾート、日本大使館も同じ島にあります。

12.jpg

こちらが橋の上。入り江は干潮時には歩けるくらいの干潟で、盛土の橋です。日本の援助で建設されたので、その名もニホンバシ。私、東京の日本橋で働いていたことがあります。何だか親しみを感じますね〜。パラオは、小さな島がまとまってできている国で、人口が集中しているコロールは、それぞれの島が橋で結ばれています。このニホンバシもそのひとつで、両側の歩道は、ジョギングやウォーキングする人たちで賑わっています。ニホンバシをわたって、すぐがメユンズ村、右側に国立病院があり、そのあたりがメユンズ村の最も栄えているところ。そこを過ぎて少し行くと、右側に下りていく坂道があります。

13.jpg

坂道をゆっくり下って行くと、つきあたりは海!写真右の緑の建物は村の集会所。ダンスの練習や寄り合い、宿泊所、多目的に使います。左の黄色の建物は州立トレーニングジム。中を覗いて見ましょう。

14.jpg

1回1ドル。ちょっと錆びついてるけど、ウェイトリフティングのナショナルチームも練習しているところなので、意外に器具は充実しています。しかもオーシャンビューがいいですね。

15.jpg

ジムを出て海の方へ。ここは、メユンズ•スコージョー。そう、飛行場。日本統治時代の空港だったところです。水上飛行機だったのでしょうか。海の中に向かって、なだらかにコンクリートの滑走路がのびています。現在では、市民の憩いの場、空港としては使われていません。

16.jpg

滑走路の脇には、野球グランドとプール。突きあたりは、メユンズ小学校。私の娘たちも通っています。ちなみに、野球はヤキュウ。


夕方にはサンセットも楽しめます。サンセットを見ながら、ビールでも飲みたくなってしまいますが、パラオは、公共の場での飲酒は禁止です。レストラン、バー以外の場所では処罰されますので、ご注意ください。


では今回はこの辺で~。ありがとうございました。

17.jpg


2018年11月21日
⇒すべての記事を見る

パラオ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■パラオの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パラオ特派員

    パラオ特派員
    ルルケド 薫
    沖縄、フィジー、サイパン、ハワイ、足を運んだ南の島は数知れず。パラオ人の夫と知り合って、2006年ついに安住の地を見つけた。楽しみは、新鮮なシーフードを味わうことと海で遊ぶこと。最近は、日本統治時代を研究中。パラオを知ってもらう活動に、やりがいを感じます。家族は、夫、小学生の子供女ばかり3人、義父母、義兄夫婦で、3世帯家族の嫁が職業。どっぷりパラオならではの情報をお届けします。 DISQUS ID @disqus_6VBm9VTKun

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集