海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > パルマス特派員ブログ > 雨季と乾季だけで年中常夏のパルマス

ブラジル/パルマス特派員ブログ ソウザ 真樹

ブラジル・パルマス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年4月24日

雨季と乾季だけで年中常夏のパルマス


メール プリント もっと見る

雨季と乾季だけで年中常夏のパルマス

ブラジル南部に住んでいる人に「パルマスに住んでいます」と言うと、「あんな暑いところで!」と言われます。「暑い」というよりも「熱い」と書いたほうがいいようなところです。年中半袖で生活ができます。ただし、雨季と乾季があって、雨季の朝晩は少し肌寒いので長袖を着ることもあります。雨季はだいたい11月~4月。ピークは1月~2月。朝晩は25度位になり、昼間は32度位です。スコールのような雨が降ったあとは日が照って道に溜まった雨はすぐに乾きます。乾季は5月~10月。45度位まで気温があがります。洗濯物がすぐに乾くので楽です。一番暑いのは8月~9月でエアコンがなければ眠ることはできません。(写真:雨季)
④chuva.JPG
でも、日本のあのじめじめとした夏とは違ってカラッとしているので、家でじっとしていればそんなに暑さは感じません。その分、日差しはとてもきついです。サングラスをしていないと目を傷めてしまいます。そのため、街の至る所に眼鏡屋さんがあります。
わたしは昼間歩く時は日焼け止めを塗って、日傘、サングラス、長袖です。日焼け対策をしておかないと、肌がボロボロになってしまいます。パルマスに来て、最初の2年はあまり日焼け止めを塗らず、自転車移動をしていました。その後、日本に帰って冬になると、肌が劣化していてショックを受けました。今からでもきちんとお肌を守らないと!ただし、日傘、サングラス、長袖で歩いている人はいないので、視線を集めてしまいます。
④fora.JPG

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温
2014年4月24日
« 前の記事「ブラジルのスーパーへ行ってみよう。」へ
»次の記事「トカンチンス州名産のカピンドウラード」 へ
おすすめ記事
    パルマス特派員 新着記事
    パルマス日系人協会
    教会のクリスマスコーラス
    クリスマスイルミネーション
    お医者さんの卵の孵化祝い
    ブラジルの郵便事情
    オタクのイベント「アニメソウル」
    好き嫌いが大きく分かれるピキ
    伝道フェアー10の屋台

    ブラジル 航空券情報


    ブラジル旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブラジルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • パルマス特派員

      パルマス特派員
      ソウザ 真樹
      2005年に日本語教師としてトカンチンス州パルマス市へ行き、ブラジル人と結婚。現在マッサージサロンを個人経営しています。クリスチャンなので教会へ通っており、子供クラスのボランティアをしています。素敵な人たちに囲まれ、ブラジル生活を満喫しています。連絡はこちらへ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集