海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > パルマス特派員ブログ > 旅のトラブル(一般編)

ブラジル/パルマス特派員ブログ ソウザ 真樹

ブラジル・パルマス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年8月 9日

旅のトラブル(一般編)


メール プリント もっと見る

旅のトラブル(一般編)

ブラジルは貧富の差が大きく、銃社会なので危険なイメージを持たれている方も多いと思いますが、わたしが住んでいるパルマスは比較的安全な町と言われています。夜の女性の一人歩きは危険ですが、自転車だと大丈夫と言われるほどです。とはいっても、やはり危険なこともあります。昼間、家や店に銃を持った強盗が入ることもあります。ドラッグ売買が行われていたり、レイプ事件も起こります。

危険を回避するためにも旅行時はあまり目立つ格好をしないほうがいいでしょう。万が一、強盗に遭ってしまったら、とにかく抵抗しないでください。ここは銃社会です。また、様子のおかしい人を見かけたら近寄らないでください。何かあっても助けてくれる人はいないと思っておいたほうがいいでしょう。お金をおろしに銀行へ行くこともあるかもしれません。その際は周りに気をつけてください。銀行を出てからもつけられている可能性があるので、怪しい人、怪しいバイクに気をつけてください。

ここパルマスは交通マナーがとても悪いため、交通事故がよく起こります。一応、横断歩道では車は停まりましょうと言われているもののあまり停まってくれません。停まったとしてもその後ろの車やバイクが追い越して突っ走ってくることがあるので、横断歩道を渡るときはすべての車やバイクが停まるのを確認してから渡りましょう。たまに逆走してくる車もあるので、注意が必要です。

transporte.JPG

少し驚かせてしまうような内容を書いてしまったかもしれませんが、ホテルに滞在する際は施錠を忘れないこと。見知らぬ人とは距離を取ること。人通りの少ないところはあまり行かないことなど、十分に注意を払い旅行を満喫してください。
(8月お題"気をつけたい旅のトラブル")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 交通・鉄道・航空 生活・習慣・マナー
2014年8月 9日
« 前の記事「歴史あふれる町ナチビダージ」へ
»次の記事「旅のトラブル(実体験編)」 へ
おすすめ記事
    パルマス特派員 新着記事
    パルマス日系人協会
    教会のクリスマスコーラス
    クリスマスイルミネーション
    お医者さんの卵の孵化祝い
    ブラジルの郵便事情
    オタクのイベント「アニメソウル」
    好き嫌いが大きく分かれるピキ
    伝道フェアー10の屋台

    ブラジル 航空券情報


    ブラジル旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブラジルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • パルマス特派員

      パルマス特派員
      ソウザ 真樹
      2005年に日本語教師としてトカンチンス州パルマス市へ行き、ブラジル人と結婚。現在マッサージサロンを個人経営しています。クリスチャンなので教会へ通っており、子供クラスのボランティアをしています。素敵な人たちに囲まれ、ブラジル生活を満喫しています。連絡はこちらへ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集