海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > フィリピン/パナイ島特派員ブログ

フィリピン/パナイ島特派員ブログ 学生NGO ALPHA

フィリピン・パナイ島特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

IMG_3755.jpgこんにちは。秋ですねえ無条件にウキウキする季節!
今回は2017年春ワークで行ったWS(ワークショップ)授業について報告します!

そもそもWS(ワークショップ)とは何かちょこっと説明させてください。

WS=Workshopの略称で、私たちが支援先の小学校で行っている「オリジナル授業」のことをWS授業と呼んでいます。
このWS授業は建設に並んで、ALPHAが掲げる支援の二本柱の一つであるとてもとてーも重要なものです。
目的は「プラスをつくる」
日本人であるALPHAメンバーが授業をすることで、フィリピンの子どもたちになにか、少しでも、プラスになれば。たとえば今まで知らなかった日本や世界のことを知って視野が広がればいいな、私たちの授業がきっかけで英語を勉強するモチベーションが上がるといいな。子どもたちの印象に残る授業をしよう!私たちはそんな思いを持って、毎回の渡航でWS授業を行っております。


低学年・中学年・高学年に分かれて、それぞれのレベルや興味にあった授業をしています。順番に詳しい内容を説明していきます!

低学年のテーマは「芸術」
身近な材料でメッセージカードの作製や、絵の具を混ぜてつくった好きな色を使ってみんなの手形で大きな木をつくろう、などなど…

このようなアクテビティを中心に行い、子どもたちに芸術の楽しさやそれを通じて個性を感じてもらおうという授業です。子どもたちの反応も良く、素敵な木が出来上がりました!完成した木は教室に貼ってもらうことができました!ALPHAがいない間も作品をみて今回の授業を思い出してくれているといいな!

続いて、中学年!テーマは「世界遺産・世界の偉人」
日本に比べて、テレビやインターネットで世界遺産や著名人を知る機会が少ないフィリピンの子どもの視野が広がるような授業を目指しました。
授業のメインは、教室の外で世界遺産ツアー!!

こちらの世界遺産ポスター、ALPHAメンバーの血と涙と睡眠時間の結晶です(笑)日本・ヨーロッパ・アフリカなど代表的な世界遺産をクイズを交えて紹介しました。
休み時間にも、他学年の子どもがじーっと日本のポスターに見入る姿をみたときは非常にうれしかったです。


最後に、高学年です。テーマは「職業」
このテーマは長い間ALPHAの中で提案されては実現されず…となっていたテーマですが、
ついに実現しました!いぇい!卒業も近い高学年の子どもたちが、自分の将来を考えるきっかけになるような授業を目指しました。

身近にさまざまな職業が存在していることを知ってもらうために、バナナがフィリピンから日本に輸出されるまでの「バナナの旅」という人形劇を中心に行い、

授業の最後には、将来の夢やそれに向けて今どんなことを頑張りたいか、教科書に書いて発表してもらいました。すこし恥ずかしそうに、一生懸命考えて将来の夢を見せてくれる子どもたちの姿が印象に残りました。

私たちが約5か月かけて作り上げたWS授業、どのようなものかお分かりいただけたでしょうか?
日本にいるときから子どもたちの反応を想像して時間をかけてつくる過程や、当日子どもたちが楽しそうに授業に参加する瞬間、すべてにウキウキが詰まっています。

細かい反省点はまだまだ残っています。子どもたちも私たちALPHAメンバーも全員が、今回以上にウキウキできるWSを実現させてやろうではないですか!
もっと子どもたちの集中力が続くような、興味やニーズにあった授業づくりができるよう、全力で取り組んでまいります!!

なんだか長くなってしまいました、とほほ
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。


2017年9月30日

みなさん、こんにちは!
夏ワーク中に行った次の支援地ついて説明させていただきます!!

現在私たちが支援しているのは、パナイ島イロイロ市プグハナンという村の小学校です。みなさまご存じかと思います。


プグハナンでは、複数の校舎やソーシャルホールが完成し、そろそろ次の支援地の候補を決めなければいけない時期がやってきました。


まず始めに訪れた小学校は、
「BONTOC elementary school」

こちらの小学校は1960年代に建設され、時間がたっていることから老朽化が、顕著に現れていました。


屋根が剥がれていたり、コンクリートがひび割れていたり、一刻を争う状況だとすぐに理解できました。

また、数年前の台風ヨランダの影響で、ソーシャルホールが傾いていました…。


さらにさらに、校舎の数に対して生徒数が非常に多く、教育が行き届いているのか心配でした。

補足をすると、BONTOCのDSWD(社会福祉開発省)からの支援で2教室建てられていました。
フィリピン国内でも教育への取り組んでいるという事実を見ることができました。


しかし、下見をして分かったのはまだまだ教育環境が整っていない、ということです。もちろんプロジェクターやパソコンがあり、進歩している部分もあります。しかし、そもそもの教室がまだまだ足りていない。

私たちは1年に2教室しか建てることができないが、それでも私たちにできること、あるいは私たちにしかできない活動を続けていきたいと改めて感じました。


次回のワークまでには候補地が決まっている予定です。次に私たちがどんなアクションを起こすのか、ぜひ期待していてください!


2017年9月22日

こんにちは!今回は『読み聞かせプロジェクト』について報告させていただきます。


このプロジェクトは、新企画で、去年の秋から温めて温めて企画されてきたもの。今回の春ワークで、初実行のプロジェクトでした。

目的は、
子供たちに絵本の読み聞かせを行い
本って面白い!ワクワクする!
という本を読む楽しさを共有し、様々なものの見方・豊かな想像力・今後の学習意欲を助長する。
また親や学校の先生へ、
教育においての本の活用例を示し
重要さに気づいてもらい、プグハナンが地域主体で継続できる教育の一つとして提示し、サポートをする
というものでした!


なぜ、この読み聞かせプロジェクトを立ち上げたのかというと、ことの発端は2014年初めてプグハナン村を支援した年に行った『学級文庫プロジェクト』でした。
日本で用意した英語の絵本をプグハナンの小学校にプレゼントし、学級文庫として読んでもらうというもので、本を与え子供や先生に喜んでもらって終了しました。しかし、どうでしょう、もともとの目的は子供たちに本を読んでもらうことだったのに、ただ本を与えたことでそれは達成したのでしょうか?教科書でさえ足りていない小学校の児童に馴染みない本を押しつけて帰ってきてしまったのでは?

学級文庫プロジェクトのメンバー・5期のどんさんは、本の楽しさを伝え子供たちが自ら本を読むようにならなくては目的を達成していないと、悩みました。

そんな時に彼女は、ある団体の存在を知りました。

【ミンダナオこども図書館】。

フィリピンのミンダナオでフィリピン人が子どもたちへ読み聞かせ活動を行なっているNGOです。(詳しくはYouTubeにテレビで紹介された時の映像が残っているので見てみてください!)
その代表が日本人の方で彼女は、直接お会いし話を伺いました。そして彼の行なっているのは、フィリピン人のサポートすることだとわかりました。

年に2回渡航して都度、私たちが教えたり読み聞かせを行なえば子どもたちを喜ばすことはできるかもしれないけれど、帰ったらすぐ忘れてしまうかもしれない。
いつの日か教育の大切さ・本の楽しさをこども達に伝えるのは私たちアルファでなく、親や先生などの大人になって村全体が主体となってこの村の教育をもっと良くしよう!となって支援できたのではないか。

私たちはアルファとして、
与えるのではなく、そのいつの日かの為に支えるべきなんだと。


そして
前プロジェクトから1年半後(その間彼女は留学へ行っていた)再び、本を読んでもらえるための企画『読み聞かせプロジェクト』を提案したのです。

事前に実際にミンダナオこども図書館にどんさん・同じく五期のりささんが調査してきてくれて、今後の方針を固めました。

今回は実行第1回目。
先生に見てもらいながら、子どもたち20人を集めて、絵本3冊の読み聞かせと、持ってきた絵本を配って個別に読み聞かせを行いました。

本に降りかかるような興味の示し様。
動物の絵を指し、『Ano?(これ何?)』と聞くと一斉に答えてくれたり、一緒に本のストーリーにそって真似をしたりしました!

絵本は日本語であったので簡単な英語に直しながら。


先生にも良い評価を与えられた模様です。
今後は、もっと親や先生に見せたり、もっと説明したりして読み聞かせを定着させ、それをきっかけに本を好きになってくれれば良いな、なんて思います!


読み聞かせプロジェクトはまだまだ続く!!!


2017年8月 3日
2017年7月17日
2017年6月30日
2016年12月23日
2016年12月22日
⇒すべての記事を見る

フィリピン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パナイ島特派員

    パナイ島特派員
    学生NGO ALPHA
    2009年設立の学生NGO。東京・吉祥寺を拠点にフィリピン共和国パナイ島への教育支援活動を行っています。都内の大学生と代表理事により構成されています。春・夏の年に2回、2週間メンバーが支援地に渡航し、小学校の建設活動とオリジナルのワークショップ授業を行います。 “Everybody Smile!” をモットーに、支援先の子どもたち、村の人々、団体メンバーの全員が笑顔になれるような活動を目指しています。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集