海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > フィリピン/パナイ島2特派員ブログ

フィリピン/パナイ島2特派員ブログ ささだんご

フィリピン・パナイ島2特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

今回は、ボラカイ島に向かうにあたって素通りされることの多いカリボ町の観光情報についてご紹介します。
基本的な情報は、第1回の記事に書いていますので、そちらもぜひご参照ください。


・買い物
・観光地・見どころ
・レストラン/カフェ
・ホテル
・バス・ヴァン乗り場
それぞれちょっとしたコメントと写真を添えています。


【買い物】
・CITYMALL(デパート)
-スーパーの手前にお土産コーナーもあります。

image002.jpg


・Public Market
-果物・野菜・肉・鮮魚…以外に民芸品も少し。

image001.png


・Gaisano(デパート)
-レストランもスーパーもあります。

image003.jpg


・セブンイレブン
-4店舗できています。24h開いていて便利です。


【観光地・見どころ】
・Bakhawan ECO Park
-マングローブ公園。カヤックなども楽しめます。

image014.png


・Tigayon Hill
-ちょっとした丘があり、お土産も少し買えます。

image007.jpg


・Pinya工房
-パイナップル繊維工房。日本の機材もあります。

image004.jpg

image001.jpg

image002.jpg

image003.jpg


・Elemental Touch (マッサージ)
-1時間200Pからあります。

image006.png


・Museo it Kalibo
-有名なお祭りの展示以外にお土産も買えます。

image005.jpg


⇒続きを読む"Vibrant Kalibo!!"

2017年4月20日

もう少し早めにこの記事をあげたかったところですが、
青年海外協力隊としての活動が忙しかったため、遅くなってしまいました…


今回はタイトルの通り、フィリピンのお祭りの母と呼ばれている、
アティアティハン祭り(Ati-Atihan Festival)についてご紹介します!
アティアティハン祭りは毎年1月の第3日曜日、セブのシヌログ祭りと同じ日に開催されるお祭りです。
Ati-Atihanは、「Ati族のように」、「Ati族のふりをする」という意味です。
13世紀にインドネシアのボルネオ島民がパナイ島に移住してきたため、
元々住んでいたAti族が山の方に住まいを追われました。
食糧不足のために山を下り、住民に食料を分けてもらった際に歌と踊りで感謝した、
というのがアティアティハン祭りの起源とされています。
そのため「収穫」と「幼きイエス(サントニーニョ)」の像を祝い、顔に墨や黒のペイントを塗り、
Ati族のように振る舞い、派手な衣装を着て独特の音楽に合わせて踊りながら町を練り歩きます。


3_0102.jpg

光の反射で読みづらいですが2017年度のプログラムです。
10月にアティアティハン祭りの前夜祭のようなプログラムがあり、これを皮切りにスタートします。
そこから1月の本番までにかけて、ミスコンテストや車の展示会、自転車・マラソン大会、などなど
色んなイベントが開催されます。一番のメインは第3週の日曜日ですが、2017年は1月9日~15日を期間としており、
この間、普段何もない通りに露店がビッシリ開いたり、様々な展示会なども開かれたりします。



⇒続きを読む"The Mother of All Philippine Festivals"

2016年12月27日

前回の投稿から少し時間が経ってしまいました。
今回は私の住む州、アクラン州にあるリゾート、ボラカイ島について紹介します。
ボラカイ島はアクラン州のマライ町に位置します。


map.jpg

改めてパナイ島アクラン州とボラカイ島の位置の確認…
パナイ島はビサヤ地域に属し、ボラカイ島はアクラン州の一部の小さな島です。


ボラカイ島はトラベラーズチョイス世界のベストビーチ2014で、
アジアの1位に2年連続でホワイトビーチが選ばれました。
2012年のアメリカの旅行雑誌、「トラベル+レジャー」では、世界最高の島と評価されました。


image004.jpg

朝方に撮った写真です。日中は人が大勢います。


image003.jpg

毎日ビーチでこういったものが形成されています。


観光客に人気なのは島の西側のビーチ、ホワイトビーチ。
以前にボートの停泊地として使われていた名前が今も使われていますが、
北側から順にステーション1,2,3と呼ばれています。
島には私の任地にない日本食レストランもありますし、中華料理、イタリアンなどなんでもあります。
ホテルもピンからキリまでバラエティに富んでいます。


まず島への行き方についてですが、大きく分けて2つの方法があります。


1.ゴドフレド・P・ラモス空港(カティクラン空港)から向かう
2.カリボ国際空港から向かう



⇒続きを読む"世界最高の島、ボラカイ島"

2016年10月24日
2016年8月10日
⇒すべての記事を見る

フィリピン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パナイ島2特派員

    パナイ島2特派員
    ささだんご
    2015年8月から、フィリピンのパナイ島アクラン州カリボ町で防災・災害対策という職種で青年海外協力隊員として活動しています。 前職は消防士(5年勤務)。学生時代はNGOの活動に没頭、消防人のときにはトライアスロンをしていましたが、こちらでは残念ながら鈍る一方… ボラカイ島があるおかげで多くの外国人を見かけるので、 特に日本人向けに任地紹介や有益な情報を提供できたらと思っています。マラソン大会の情報も発信したいと思っています!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集