海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パリ特派員ブログ > 新大統領はマクロン氏に! ルーブル前で集会が開かれ...

フランス/パリ特派員ブログ 加藤 亨延

フランス・パリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年5月 8日

新大統領はマクロン氏に! ルーブル前で集会が開かれた理由


メール プリント もっと見る

新大統領はマクロン氏に! ルーブル前で集会が開かれた理由

KY1_0556.jpg


5月7日の第2回投票を受けて、新大統領に前経済相エマニュエル・マクロン氏の当選が確実となりました。マクロン氏の支持者は、集会会場であるルーブル美術館前に、続々と集まっています。


パリ市内に数多くある広場の中で、なぜルーブル美術館が選ばれたのでしょうか? 


KY1_0532.jpg


現地メディアによると、ルーブル美術館という右でも左でもない、中立的なイメージがその理由になった、ということです。


当初マクロン陣営は選挙イベントの候補地として、エッフェル塔を背景にしたシャン・ド・マルス公園を検討していました。しかしパリ市の許可が下りませんでした。というのも来週末から、パリ市も立候補している2024年五輪の、IOC視察団がパリを訪れる予定です。そのためパリ市は、視察前に選挙イベントで芝生が荒れるのを避けたかっため許可しなかった、ということです。


KY1_0293.jpg


ではルーブル以外の場所では、だめなのでしょうか? コンコルド広場は1995年にシラク元大統領、2007年にはサルコジ前大統領が選挙後のイベントを開き、右派の印象が強くあります。シャン・ド・マルス公園の反対側、トロカデロ広場も、今回の大統領選に出馬していた右派フィヨン氏が、選挙戦で集会を開いており、そのイメージが付きまといます。


一方、バスチーユ広場およびレピュブリック(共和国)広場は、左派のイメージが強い場所です。前者はオランド大統領が当選した2012年の象徴的な場所でした。後者は今回の選挙の候補者、急進左派メランション氏や左派アモン氏が集会を行っています。また2016年に起きた労働法改正反対デモの中心地でもありました。


IMG_4063.jpg


しかし、ルーブル美術館は元王宮だった場所です。王制のシンボルのような所で、共和国の選挙イベントを開くリスクはないのでしょうか?


現地メディアによれば、今やフランス人はルーブル宮を(王制のシンボルとしてではなく)世界を代表する美術館として見ています。エッフェル塔と並び、世界のだれもがイメージする、フランスを代表する場所といえます。そして右派にも左派にも印象が偏っておらず、それが今回の選択になったということです。

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ イベント・行事・お祭り 生活・習慣・マナー
2017年5月 8日
« 前の記事「今週末ついに新大統領決定へ! 街歩きの注意と今までのおさらい」へ
»次の記事「第70回カンヌ国際映画祭が開幕、盛り上がる現地とその規模は?」 へ
おすすめ記事
    パリ特派員 新着記事
    ギャラリー・ラファイエットで「iceRoll」のポップアップストアが期間限定オープン中
    パリ名門美術学校とコラボ、ルピシアから発売される限定デザインのお茶
    スーパー好きは要チェック! Franprixの新コンセプトショップ「Franprix Noé」
    2017年夏期、RER/地下鉄工事による路線と駅の閉鎖状況
    セーヌ河岸が砂浜になるパリ・プラージュ、今年は砂なし&運河で遊泳も!
    シャンゼリゼに若者向けプランタン別館「シタディウム」がオープン
    ギャラリー・ラファイエット屋上でアイスクリーム片手にショッピング休憩を
    TGV「InOui」スタート! ボルドーおよびレンヌ方面がさらに便利に
    1年前の同じ月に投稿された記事
    サッカー「ユーロ2016」が開幕! スタジアムとテロの危険性
    2016年おいしいバゲットを出すパン屋はどこか?
    今年も6月にパリで日本の祭り「GRAND MATSURI」が開催へ
    シャンゼリゼ、5月から毎月第1日曜が歩行者天国に

    フランス ツアー最安値


    2017/8/20更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パリ特派員

      パリ特派員
      加藤 亨延
      ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省プレスカード所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちらまで。
      Twitter
      Instagram

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集