海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/パルマ特派員ブログ

イタリア/パルマ特派員ブログ 西村 明美

イタリア・パルマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

10月に入って、朝晩が冷え込むようになってきました。
この時期、北イタリアのワインの産地では、モストと呼ばれるブドウの絞り汁が八百屋さんで販売されます。
今年は雨が少なく、ブドウの収穫がかなり早まったこと、そして収穫量も少なかったことからか、残念ながらあまり見ることがありませんでした。

このモストを使った超簡単そして素朴なお菓子、昔ながらのマンマの味、スーゴ・ドゥーバの作り方をご紹介します。
イタリア語でスーゴは「汁」、ドゥーバは「ブドウの」という意味なので、文字通り、ブドウの汁のお菓子です。
レシピはこちらから。
libro.jpg
パルマの家庭料理のレシピです。1985年に出版された本なので、昔ながらのパルマの味と思って良いのではないでしょうか。
材料はモストと小麦粉、好みによってお砂糖少々といたってシンプルです。
100%のブドウジュースでできます。
コップ1杯のブドウジュースに対して、小麦粉大さじ1杯。
私はコップ3杯のブドウジュースで作りました。ブドウジュースが甘い場合はそのまま、甘みが足りない場合は、好みの甘さにお砂糖を少々加えてください。
鍋にブドウジュースを入れて弱火で温めます。沸騰する前に火を止めて、半分を別の容器に移します。
鍋のジュースに小麦粉大さじ3を加えて、木しゃもじでよく混ぜます。ダマができてしまう場合は泡立て器でよく混ぜます。
pentora.jpg
もう一度鍋を火(弱火)にかけ、残り半分の温かいブドウジュースを加えて、混ぜ続けます。沸騰してから最低15分は混ぜ続けてください。
それを型に入れて冷やして出来上がり。
田舎風にはそのままいただいても。
IMG_3166.jpg
ちょっとおしゃれに盛りつければ、おもてなしにも。

お味はういろう風なシンプルなお菓子の出来上がりです。

イタリアの田舎の秋を感じるお菓子。是非お試しを。


2017年10月 5日

パルマで毎年9月に行われるキャンピングカーの祭典「SALONE DEL CAMPER」。

アウトドア派の人にはたまらない見本市です。
キャンピングカーの展示としてはヨーロッパでも数少ない見本市として、イタリアのみならず、ヨーロッパ各国からも注目されています。
イタリアではここ数年キャンピングカーブームが続いていて、夏のバカンスだけでなく、数日の休暇にもキャンピングカーで旅する人が増えています。それに伴い、山や海にはキャンピング用の施設も増え、だんだん身近なものになってきています。
日本では、駐車場の問題もあり、まだなかなか普及しないものかもしれません。

私ももの珍しさで、キャンピングカーとはどんなものなのか、見てきました。
entrata.jpg
cane.jpg
子供連れと犬連れの多さに驚きです。キャンピングカーで一番楽しむのは子供たち、動物なのかもしれませんね。
macchina.jpg
後部は、自転車などが入るスペースとなっています。入ってみましょう。
salotto.jpg
テーブルやソファーがあって、雨の日でも車内で食事が取れます。
fornelli.jpg
lavavo.jpg
frigo.jpg
コンロも3つあり、小さなシンク、冷蔵庫と設備は充実しています。
doccia.jpg
シャワー、トイレも小さいながら付いています。
寝室は。
letto.jpg
大きなダブルベット。そして、運転席と助手席の頭上にも大人2人寝られるベットがあります。
そうそう、クローゼットもあり、生活するのに困ることはなさそうです。
さらには車体の脇にこんな楽しいものも。
barbeque.jpg
バーベキューセット。
夢は広がります。
キャンピングカーで1ヶ月くらいヨーロッパを回れたら、、、。夢のような話ですが、実際購入しなくてもレンタルのキャンピングカーもずいぶん普及してきています。
実際私の友人は、子供連れで、1週間キャンピングカーを借りてアウトドアを楽しんできたようです。(予算は約千ユーロ)

運転に自信がある方、(小型バスですので、、、)冒険好き、アウトドア派には面白い旅ではないかと思います。

キャンピングカー愛好者、経験者によると、「翌日のお天気により、行き先を変えられる。ホテルの予約を気にしなくて良い。そして、食事も地方の名産品を購入して、自分で調理できる、、、、、などなど利点が多く、一度行ったらやめられない」ということです。



2017年9月26日

パルマは9月に入って、急に秋らしくなってきました。
今年の夏は猛暑、そして雨不足が心配されていたのですが、9月になって、北風、集中豪雨で寒い日は、セーターが必要なくらいです。
ここ数年気候を予想するのが難しくなっています。ご旅行の際は、重ね着をできるものをお持ちになった方が良いかもしれません。

さて、今回は、パルミジャーノ・レッジャーノ、プロシュット・ディ・パルマ(パルマの生ハム)に続いて、ハムの王様と呼ばれるクラテッロをご紹介します。
クラテッロは、豚の腿、お尻の部分の肉を使った生ハムです。プロシュット・ディ・パルマは後ろ足全体の腿のハム。その外腿の部分だけを取り、豚の膀胱の皮に入れて乾燥させたものがクラテッロです。
プロシュット・ディ・パルマがパルマの南、アペニン山脈を通ってくる、リグリア海の風を浴びて作るハムなら、クラテッロはパルマの北、ポー川沿いの沼地、湿気を利用して生産されます。同じパルマでも生産地は車で約1時間、50km離れています。
IMG_0147.jpg
生ハムは、肉に塩漬けして乾燥させて作るのが基本ですが、クラテッロは生産地の特徴として、湿気が多く、他のイタリアの生ハムの産地と違って、一筋縄ではいかない。もも肉をそのまま乾燥させてもうまくハムができないので、腿の中でも一番脂ののった、ハムになった時に甘いお尻の部分のみを取り出して、作るようになったのです。
サラミのように腸詰されるのですが、肉の塊が腸では入らなく、膀胱の皮の大きさがぴったりなので、膀胱の皮に詰めて熟成されます。
古人の知恵ですね。独特の熟成香がマニアにはたまらないようです。
「ハムの王様」と呼ばれ、パルマハムの倍近いお値段で売られています。

「クラテッロ・ディ・ジベッロ」はパルミジャーノ・レッジャーノチーズ、プロシュット・ディ・パルマ同様ヨーロッパからD.O.P.原産地保護保証に指定されている食品です。
今では冷蔵保存ができるので、1年中生産されていますが、伝統的に秋から春先までしか作られていなかったものなので、この称号が使えるのは9月から3月までに生産されたものだけです。
原産地保護保証に指定されるのは、8つの街、ジベッロ、ポレジネ、シッサ、コロルノ、ロッカ・ビアンカ、ソラーニャ、サン・セコンド、ブッセートで、作られたもののみです。
それ以外の場所、もしくは4月から8月に生産されたものは、「クラテッロ」と呼ばれて区別されています。
「クラテッロ・ディ・ジベッロ」には、生産開始時に下の写真のように、それ用の紐がつけられます。
crudo culatello.jpg
生産開始から10ヶ月すると、検査員が検査をし、合格したもののみが、「クラテッロ・ディ・ジベッロ」という名称で市場に出ます。
合格したものには、下の写真のようなラベルがつけられます。
cantina.jpg
dop.jpg
食べごろは、好みにもよりますが、15ヶ月から24ヶ月の熟成と言われています。
「クラテッロ・ディ・ジベッロ」は、パルマ料理のレストランでしたらだいたい試食することができます。
パルマにいらっしゃったら一度は食べてみるものとして、是非ご試食ください!



2017年9月22日
2017年9月 7日
2017年8月25日
2017年8月18日
2017年8月 8日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パルマ特派員

    パルマ特派員
    西村 明美
    1996年よりパルマ在住。イタリアの食に魅せられ、ワイン、ハム、チーズ等のイタリア食材を勉強しています。地元で築いた人脈を生かし、一般の方からメディア向けまで、様々なコーディネートをしています。 AISソムリエ。APRパルミジャーノ・レッジャーノチーズテイスター。イタリアジャーナリスト協会会員。特派員ブログでは食だけではなく、様々な角度からイタリアをお伝えします。 ホームページはこちら DISQUS ID @akemi nishimura

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集