海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/パルマ特派員ブログ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

イタリア/パルマ特派員ブログ 西村 明美

イタリア・パルマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

初夏の風を感じるこの頃です。いかがお過ごしですか?
枝豆にビールを懐かしく思い出させる陽気ですが、こちらは酒ブーム。
イタリア人に酒と発音させるには、SAKE’とアクセントを付けてあげると、彼らも上手に発音します。
和食ブームが安定し、イタリアの小さな街にもお寿司を食べさせてくれる日本食屋さんができるようになりました。ほとんどが中国人経営ですが、、、。そして、ここのところ、日本酒ブームが来ています。

先日ミラノに行ったら、SAKEYA(酒屋sakayaでないのはsakeとしないと、お酒のイメージができないからかもしれません)というお酒、お酒のカクテルを出すお店も開店していました。

昨日はパルマの旧市街にあるOHIBO’というレストランで、お酒の会が開かれました。
パルマにはアルマALMAという世界中からお料理やワインを勉強しにくるインターナショナルスクールや、アカデミアバリッラ(パスタのバリッラ社が経営するお料理学校もあり、一般の人もお料理やそれに合わせるお酒にも興味を持っています。

locare.jpg

レストランOHIBO’のシェフは大の日本ファンで、4回東京に行ったと話していました。
お酒はヨーロッパで最近流行しているスパークリングワイン。
sparklinghitotokiMG_1712.jpg
白く濁っていて、たくあんの香りがしました。
巻き寿司に合わせて。(ちょっとご飯が柔らかかったですが、、、)
nigori.jpg
お酒の勉強をしたソムリエが説明してくれます。
ale.jpg
「日本では酒と行ったら、ビールからワインまで全てのアルコールを含むから、NIHONSHUと話なければならない」とか、酒蔵の「杉玉」の由来とか、、、なかなか興味深かったです。
合わせた料理はバジル入りパスタとレモンのコンフィ、あさりあえ。パスタと日本酒ですが。これが美味しかった!!
pasta.jpg
サーモンのマリネ
salmonee goma.jpg
そして、豚の角煮を炙ったものなど、日本酒に合うものをちょっぴりイタリアンでいただきました。
sake.jpg
最後はパルミジャーノ・レッジャーノチーズと合わせて。
parmigiano.jpg
楽しいお酒の会でしたが、レストラン、ビストロとしてもお勧めです。
地元のパルミジャーノ・レッジャーノはもちろん、プロシュット・ディ・パルマ(パルマの生ハム)、サラミなど良質のものを選んでいます。
旧市街中心のガリバルディ広場近くで、立ち寄りやすい場所です。

OHIBO’
PIAZZALE CERVI 5 PARMA
0521 286098


2017年5月23日

パルマには大きな見本市会場があります。
パルマの駅から車で10分ほどの、高速道路A1PARMAの出口近くにある見本市会場FIERA DI PARMAでは、様々な見本市が開催されます。

先日、ここで行われた第26回ピッツァの世界選手権が行われました。
この大会では世界38カ国から729人の参加者が腕を競い合いました。
sud america?.jpg

クラシックなピッツァから切り売りピッツァ、グルテンフリー、ナポリピッツァ、日本にもあるレストラン、ハインツベックトロフィーと称してパスタ、そしてアクロバットなど、様々なカテゴリーに分かれています。
日本からは2006年にナポリで行われたピッツァの世界選手権で1位となった岩沢さんも参加。
岩沢さん.jpg

giudice pizza.jpg
釜から出てきたピッツァを審査員が審査します。「材料は何ですか?発酵方法は?」と料理法も説明できなければなりません。
presentazione.jpg
4postopizza.jpg
厳しそうに見ているでしょう!彼も審査員です。作っている手順を確認しています。
日本からの出場者は、春らしいいちごを使ったピッツァや、抹茶味のピッツァにも挑戦していらっしゃいました。
maccya.jpg
女性の参加者も。イタリア人男性が集まって見にきていました。(笑)
donna.jpg
donna2.jpg

今回の優勝者は、ミラノからエントリーしたピッツェリアLOVE ITで働くジョルジョ・サバッティーニさん。
10ポモドーリ(10pomodori)という10種類のトマトを入れたピッツァでした。



2017年5月12日

こんにちは。こちらパルマは例年より早い春の訪れの後、花冷えの日が続いています。
先日フィレンツェに行ったのですが、やはり陽が陰ると、ちょっと肌寒く感じました。陽が照ってくるといきなり半袖になりたいくらい気温が上がります。この時期に、イタリアにいらっしゃる方は、重ね着のできる格好を準備してくださいね。

さて、イタリアの食生活ですが、有機栽培、ビオワイン、そしてキロメトロゼロが圧倒的に流行?しています。
以前は、レジで並ばなければならないことなど少なかった自然食品、有機栽培食を扱っている「ナトゥーラ・シー」(日本語に訳すと「自然・イエス」)というスーパーマーケットも最近は他のスーパーと同じように、多くの人が利用しています。
キロメトロ・ゼロとは、文字通り、地産地消。その土地のものをその土地で消費しようという活動です。
自然食、有機栽培と名乗らなくても、昔からの方法で、農家を続けている人たちもいます。
そういう人たちがするキロメトロ・ゼロの野外マーケットに行ってきました。
mercato.jpg
黄色のテントが目印です。
fragola.jpg
今の時期、いちごが美味しそうです。
carne.jpg
こちらではパルマの黒豚を飼っていて、そこの豚から作ったハム、サラミ、肉が売っています。健康に放し飼いされた豚ですから安心です。
verdura.jpg
これからの時期、野菜の種類が増えてくるのが嬉しいです。
pecorino.jpg
自然酵母を使ったパンや、パルマの山で取れたはちみつ、ヤギや羊のチーズ、もちろんパルミジャーノ・レッジャーノチーズもありますよ!
パルマ市内では2箇所であります。(via imbriano毎週土曜日, piazzale lubiano毎週水曜日)

イタリア中の他の街でも同じようにキロメトロ・ゼロの野外マーケットをやっているようです。
黄色のテントが目印です。

訪れた街で、偶然出会った野外マーケットで地産地消の食を試してみるのも面白いかもしれません。


2017年4月26日
2017年4月 6日
2017年3月20日
2017年3月 1日
2017年2月16日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ