海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/パルマ特派員ブログ

イタリア/パルマ特派員ブログ 西村 明美

イタリア・パルマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

こんにちは。8月をいかがお過ごしでしょうか。
イタリアは7月末から猛暑で40度近い日が続いていました。8月の第1週目に北イタリア各地で、豪雨があり、今は平年並みに気温が落ち着いたところかと思います。

近年、イタリア人のバカンスの仕方は変化して来ており、昔のように1ヶ月まとめて1箇所でバカンスに行くという人は少なくなっています。混み合う真夏を避けて海は6月末に海、そして8月には山へという感じで分けて約1ヶ月取ることができるお休みを過ごすパターンもあるようです。

それでもやはり7月、8月に集中してバカンスに出かける人が多く、我が家も夫の仕事が8月はほぼ休みとなってしまうため、どうしてもこの時期に行くようになってしまっています。

我が家では8月1日からドロミテの山で2週間から1ヶ月過ごすのがここ10年くらいの習慣となっています。
山の麓のアウロンツォ・ディ・カドーレ(auronzo di cadore)という街で、ここ10年同じアパートで過ごしています。
casa.jpg


この家の3階、屋根裏部屋のアパートが気に入って、毎年このアパートを予約しています。
私たちが入った8月1日はまだイタリア中が猛暑で、ここアウロンツォも35度という通常ではありえないような暑さでしたが、2日夜と4日夜の豪雨でグッと気温は下がりました。朝晩はトレーナーが必要です。昼間は27度くらいでしょうか。今のところ日中に雨が降っていないので、近辺の街の散策や、山歩きなどでのんびり過ごしています。雨が降ったら雨音を聴きながら読書にクロスワードで楽しみます。

こういうイタリア人、外国人向けに貸しているアパートは結構あります。毎日ホテルの狭い部屋で、外食というのも疲れるので、地元のマーケットで購入したもので自炊してみるのも楽しいものです。

それでは私たち夫婦2人と犬一匹のお気に入りのアパートをご紹介します。
上の写真、正面右の階段を上がって、玄関を入ると
scala.jpg

上がると正面に物置があります。
sgabaglio.jpg


バストイレ(バスはシャワーだけです)
bagno.jpg

そして2つの寝室。
camera1.jpg


camera2.jpg

私たちのお気に入りは、ダイニングキッチン。
cucina.jpg


そして天窓からはこんな風景が見えます。
finestra.jpg


寝室が2つあるので、友人夫婦が遊びに来ても大丈夫。
のーんびりとバカンスをアパートメントで過ごすのはいかがでしょうか。

アパートは通常1週間から借りることができるようです。料金はこの広さで、ハイシーズン(7月8月、12月、1月)で1週間700ユーロくらいから。
キッチンには鍋、お皿、コップなども備え付けられていますが、シーツ、枕カバー、タオルは持参する必要があります。
私たちの居るアウロンツォ・ディ・カドーレだけでなく、ドロミテの多くの街に、快適なアパートがあります。

ただ最近プライベートサイトでアパートメントを貸すとして、前払い金を取り、実際に行って見るとアパートは存在しないなどという悪質な詐欺もあると報道されています。
信頼の置けるサイトから予約して、のんびり過ごすバカンスもおすすめです。
次回はドロミテの魅力をお伝えします。


2017年8月 8日

こんにちは。暑い毎日が続いています。
たまたま先日私のオーガナイズしているお料理教室にいらっしゃったお客様が、ビオ食品を探していらっしゃいました。
日本でも顔の見える生産者とか、有機栽培のものはどんどん増えていると思いますが、イタリアでも状況は同じです。
屋外マーケットに行けば、キロメトロゼロと言われる地産地消のもの、またスーパーマーケットに行ってもBIOコーナーがあります。
旅行も今までは滞在先はホテルということが多かったのですが、最近旅慣れた方は、アパートを借りて、食事もアパートで作られる方も増えてきているようです。
ビオ商品にこだわられる方も比較的簡単に見つけることができるのですが、今回はイタリアのBIO専門のスーパーマーケットをご紹介します。

NATURASIというスーパー。
naturasi.jpg


チェーン店で、パルマ市内には2軒あります。サイトwww.naturasi.itを見ると、ミラノには19軒、ローマには28軒もあるようです。
サルデーニャ、シチリアといった島や、小さな町にもあるようです。

店内は、
yasai.jpg


生鮮食品から、ハム、チーズ。
formaggi.jpg

ビスケット、小麦粉、パスタ、味噌、豆腐、わかめ、ごまという日本食も。さらにはビオワインまであります。
vini.jpg


写真は撮れなかったのですが、化粧水、クリームなどの基礎化粧品、ボディーシャンプー、ボディークリーム、洗剤まで、生活に必要なものほとんど全てビオ商品が手に入ります。

地球に優しい、そして体に優しいものをお探しの方、お土産になるものもあると思います。


2017年7月29日

こんにちは。暑い日が続いています。
こんな蒸し暑い時にも美味しい赤ワインがあります。
ランブルスコ。
ランブルスコはエミリア・ロマーニャ州のパルマ、レッジョエミーリア、モデナ、そしてロンバルディア州のマントバで作られている発泡性の赤ワインです。
IMG_1870.jpg

注いだ瞬間シュワシュワーと細かい泡が出て、爽やか。夏場はキリッと冷やして飲むのが一番です。
ランブルスコは葡萄の品種の名前で、古くからこの地方で飲まれていたワインですが、1960年代にアメリカに輸出され、「飲みやすい軽い」、ビールのようにごくごく?飲めると言うので、量産され、一時かなり品質が落ちてしまいました。それをここ15年くらいで、この地域の若者が昔の生産方法に戻ったり、質の高いワインを作る方法を勉強し、最近は、ランブルスコの価値が上がってきました。

最近注目され始めたランブルスコにイタリアソムリエ協会(AIS)がMIGLIOR SOMMELIER LAMBRUSCOとして、ランブルスコ種のワインのソムリエコンクールが行われました。
今年が第3回目となるこのコンクール。地元ワインをどんな風にソムリエの方々は表現するのか、見学に行って来ました。
コンクールの参加者は7名。ランブルスコの産地であるエミリア・ロマーニャ州だけでなく、トスカーナ州、リグーリア州といった近隣の州からの参加者もいました。ソムリエとして働いていらっしゃる方が少ないのには驚きました。趣味でワインを極めている人も多いようです。
test.jpg

テイスティングでは、もちろんですが、、、審査員の方々も、試飲して、採点します。
giulia degusta.jpg

筆記とテイスティングの試験で1次試験に突破した3名がさらにレストランのお客様を前にして、どのようにワインを進めるかのシュミレーションのテストでした。
simurazione.jpg

厳しい審査の後、優勝者は、フィレンツェ出身のシモーネ・ログエルチョSIMONE LOGUERCIOさんに決まりました。ソムリエとしてレッジョ・エミーリアで働いていらっしゃいます。トスカーナ州のコンテストでも賞を受け、近いうちに全国大会に挑戦するのだそうです。
vincitore.jpg

表彰式が終わると、テイスティング会場に移動です。
IMG_2187.jpg

100種類近いランブルスコのテイスティングはとても興味深いものでした。
モデナ近郊で生産されるランブルスコ・ソルバーラ種は色が薄く軽いので、ロゼ感覚で、パルマ近郊で生産されるランブルスコはランブルスコ・マエストリ種で色も濃く、しっかりとした濃厚なもの、レッジョエミリアで生産されることの多いグラスパロッサ種は、香草、薬味の香りのするような特色がありますが、どのランブルスコも不思議とこの地方のサラミにぴったりです。

暑い夏に、キリッと冷やしたランブルスコとサラミのアペリティフはお勧めです。



2017年7月20日
2017年7月 1日
2017年6月25日
2017年6月 5日
2017年5月29日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パルマ特派員

    パルマ特派員
    西村 明美
    1996年よりパルマ在住。イタリアの食に魅せられ、ワイン、ハム、チーズ等のイタリア食材を勉強しています。地元で築いた人脈を生かし、一般の方からメディア向けまで、様々なコーディネートをしています。 AISソムリエ。APRパルミジャーノ・レッジャーノチーズテイスター。イタリアジャーナリスト協会会員。特派員ブログでは食だけではなく、様々な角度からイタリアをお伝えします。 ホームページはこちら

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集