海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/パルマ特派員ブログ

イタリア/パルマ特派員ブログ 西村 明美

イタリア・パルマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

piazza.jpg
ここはパルマの中心にあるガリバルディ広場です。12月になると他の町と同じようにクリスマスのイルミネーションがつけられます。
毎年12月8日にはクリスマスツリーが飾られます。
albero.jpg
今年は楽器のイルミネーションでした。
パルマは作曲家ヴェルディ、指揮者トスカニーニの生まれた町でもあります。
ヴェルディは郊外のロンコレという村で、トスカニーニはパルマのチェントロ(中心地)で生まれました。それぞれ生家が博物館になっていますので、ぜひ訪れてみてください。
パルマにいらしたらぜひ味わっていただきたいものとしては。
formaggio.jpg
やはりパルミジャーノ・レッジャーノ。日本でも簡単に手に入るかもしれませんが、この土地で食べるパルミジャーノ・レッジャーノは格別です。また山で作ったパルミジャーノ・レッジャーノ、赤牛のパルミジャーノ・レッジャーノ、ブルーナ牛のパルミジャーノ・レッジャーノ、40ヶ月以上の熟成されたものなど、なかなか日本では食べる機会のないものをいただいてみるのも面白いと思います。
proshutto e tortelli.jpg
そして、プロシュット・ディ・パルマ(パルマハム)、トルテッリと呼ばれるラビオリもパルマ名産です。
パルマで作られている生ハムは、コッパ(首の肉から作られる生ハム)、スパッラ(肩の肉から作られる生ハム)、パンチェッタ(お腹の肉の生ハム)など様々ですので、レストランで、SALUMI MISTI(サルーミ・ミスティ)の一皿を注文して色々食べてみるのも楽しいと思います。caperretti.jpg
こちらはパルマ名産アノリーニ。(ANOLINI)レストランで、このメニューのないところは、まずないと思います。
アノリーニ、もしくはカペッレッティ(CAPELLETTI)と呼ばれることもありますが、同じものです。ただ、パルマの中でも牛肉、仔牛肉、豚肉のミックス煮込みとパルミジャーノ・レッジャーノを詰めたもの、馬肉煮込みとパルミジャーノ・レッジャーノ、パルミジャーノ・レッジャーノだけを詰めたものなど、それぞれの家庭、レストランによって違うのも興味深いところです。
スープに入っていますので、寒い冬に食べると格別です。

お土産には、やはりパルミジャーノ・レッジャーノが喜ばれますが、だいたい最低の大きさが500gと大きいのと重いので、軽くて、持ち運びしやすいパルマならではのものをご紹介しましょう。
violette caramelle.jpg
スミレの花の香りのキャンディー。
saponette.jpg
スミレの花の香りの石鹸。
パルマは昔ナポレオンの2番目の奥様、マリア・ルイージャに統治されていました。マリア・ルイジャは、町の人たちにとても愛される優しい心の持ち主でした。町には現在でもマリア・ルイージャの好きだった黄色の建物が多く、この優しいニュアンスの黄色はジャッロ・ディ・マリアルイージャ(イタリア語でマリアルイージャの黄色)と呼ばれて、建物の色を決める時の1色として人気があります。そのマリア・ルイージャ愛したスミレの香り。オーデコロン、石鹸を販売するボルサーリというお店は、1870年からパルマのガリバルディ広場近くに小さな店を構え、ショーウインドーもその当時のもの。昔のパルマを思い起こさせるこのお店で、マリアルイージャの愛したスミレの香りを感じてみてください。

パルマ郊外にもたくさんの見所はあります。fuori.jpg
tramonto.jpg
写真はパルマ郊外自宅から丘を撮ったものです。
なんでもないこんな風景の中で、パルマ産の発泡酒マルバシアやランブルスコでアペリティフをしたりというゆったりした旅も素敵だと思います。

イタリアにはどんなに小さな町に行っても、いえ、小さければ小さいほど素敵なものが残されているように思います。イタリアが1つの国に統一されたのが1861年、それまで小さな町が独立していました。現在のような交流もなかったので、郷土料理も残り、方言もかなり残っています。観光地を回る中にこういう小さな町をひとつ加えると一味違った旅が味わえるのではないでしょうか。

今回が最終回となりますが、音楽、食と世界的に知られる小さな町パルマで、そしてさらに郊外の小さな村でのんびりとしてみたいなと足を伸ばしていただけたら幸いです。

ありがとうございました。
2018年が皆様にとって素敵な年となりますように、そして素敵な旅ができますようにお祈りいたします。


2017年12月30日

10月25日はワールド・パスタ・デー。パスタの日でした。
この日、イタリアのいくつかのパスタ業者は、一般に工場を公開していました。
イタリアのパルタといえば、、、バリラ、デチェコ、ボリエロ、、、等々思いつくかもしれません。
最大級の工場を誇るバリラは、パルマで生まれました。
barilla.jpg
このパッケージには、皆さん見覚えがあるのではないでしょうか。
バリラ社のパスタは、日本はもちろん、アメリカ、オーストラリア、中国、ロシア等、世界中で食べられています。

パルマ郊外の本社とパスタ工場は隣接しています。
こちら2棟が工場です。
ditta.jpg
建物に、1910年のパルラ社の社員の写真がつけられていました。
foto.jpg
もちろん、パルマでバリラ社を知らない人はいませんが、大企業というだけではなく、優良企業ということで知られています。
様々な社会貢献としています。パルマの町にはバリラの寄付で建設した子供のための小児科の病棟があります。

昔、年金生活の友人のおじいさんとおばあさんが、若い頃バリラ社の工場で働いていて、「社長は、いつも私たちの近くで、困ったことがあったら、いつでも相談できた。」と話していたのを思い出します。
パルマの市民に愛され、町の小さなパスタ屋さんから、今の姿になったのです。
パスタ屋さん当時の写真もありました。
negozzio.jpg
今の社長は4代目です。歴史を感じますね。

まず、広報のアンドレア・ベッリ氏が、簡単な会社説明をしてくださいました。
convegnoG_3284.jpg
参加者はほとんどパルマ在住、パルマ人ですが、真剣に聞き入っていました。
バリラではパスタの外、菓子、クラッカー、パンなども生産しています。
バリラ社のモットーは、「buono per te buono per il pianeta」直訳すると「あなたに良いもの、そして地球に良いもの」。
「体に良いもの、地球に優しいもの」と訳した方がわかりやすいかもしれません。
数年前からパーム油は、飽和脂肪酸で体に悪いということが言われ初めました。ほとんどの菓子にはパーム油が使われていたのですが、バリラ社では昨年から全ての製品からパーム油を取り除いたとも話していました。味を変えないで、一つの材料を取り除くというのは大変なことだったようです。OGM(遺伝子組み換え)の材料は一切使用せず、健康食、地中海ダイエットを促進しています。
そして、パスタを通して世界の飢餓対策も考えています。
1、美味しい
2、健康食で、どんな生活スタイルにもあう。
3、値段も安価
4、簡単なソースなどで、15分で作って食べることができる。
5、自然な水と小麦というシンプルな素材で、無駄がない。
この5つの理由で、地球上どこでも手軽に入り、飢餓を救うことができると考えているようです。


さて、会社案内の後は実際のパスタ工場見学です。
白衣を着て、工場へ向かいます。
linee.jpg
隣接した小麦粉を製粉する工場から来た小麦粉と水を加えて練り、ダイスから絞り出されるという工程ですが、11のラインに分かれていて、それぞれ形の違うパスタとなります。
linea tagliatelle.jpg
タリアテッレというきしめんのようなパスタを作るラインです。
maccheroni.jpg
こちらはマカロニが出てくるところ。
spagetti.jpg
スパゲッティです。

こうして形になった後は、乾燥室に入れられます。90度から78度の温度で完走されます。そして水分が12%以下になったところで一時保管され、計量して、箱詰されます。
assicatore.JPG
乾燥室です。
macchina paccheging.JPG
pacco.JPG
パッケージングまで、全て機械化されています。

こうしてパスタができるのですが、この工場ではイタリア最大の生産量で、1日に千トンのパスタが生産されます。
そして35%がイタリア国内で消費され、65%は国外へ輸出されます。

イタリアの主食、「パスタ」も生産過程を見ると、それを支えた歴史、そして伝統を感じました。


2017年10月27日

10月に入って、朝晩が冷え込むようになってきました。
この時期、北イタリアのワインの産地では、モストと呼ばれるブドウの絞り汁が八百屋さんで販売されます。
今年は雨が少なく、ブドウの収穫がかなり早まったこと、そして収穫量も少なかったことからか、残念ながらあまり見ることがありませんでした。

このモストを使った超簡単そして素朴なお菓子、昔ながらのマンマの味、スーゴ・ドゥーバの作り方をご紹介します。
イタリア語でスーゴは「汁」、ドゥーバは「ブドウの」という意味なので、文字通り、ブドウの汁のお菓子です。
レシピはこちらから。
libro.jpg
パルマの家庭料理のレシピです。1985年に出版された本なので、昔ながらのパルマの味と思って良いのではないでしょうか。
材料はモストと小麦粉、好みによってお砂糖少々といたってシンプルです。
100%のブドウジュースでできます。
コップ1杯のブドウジュースに対して、小麦粉大さじ1杯。
私はコップ3杯のブドウジュースで作りました。ブドウジュースが甘い場合はそのまま、甘みが足りない場合は、好みの甘さにお砂糖を少々加えてください。
鍋にブドウジュースを入れて弱火で温めます。沸騰する前に火を止めて、半分を別の容器に移します。
鍋のジュースに小麦粉大さじ3を加えて、木しゃもじでよく混ぜます。ダマができてしまう場合は泡立て器でよく混ぜます。
pentora.jpg
もう一度鍋を火(弱火)にかけ、残り半分の温かいブドウジュースを加えて、混ぜ続けます。沸騰してから最低15分は混ぜ続けてください。
それを型に入れて冷やして出来上がり。
田舎風にはそのままいただいても。
IMG_3166.jpg
ちょっとおしゃれに盛りつければ、おもてなしにも。

お味はういろう風なシンプルなお菓子の出来上がりです。

イタリアの田舎の秋を感じるお菓子。是非お試しを。


2017年10月 5日
2017年9月26日
2017年9月22日
2017年9月 7日
2017年8月25日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • パルマ特派員

    パルマ特派員
    西村 明美
    DISQUS ID @akemi nishimura

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集