海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > パルマ特派員ブログ > 静岡でパルマ祭

イタリア/パルマ特派員ブログ 西村 明美

イタリア・パルマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年4月 6日

静岡でパルマ祭


メール プリント もっと見る

静岡でパルマ祭

こんにちは。日本も今頃は桜が満開。そろそろ散り始めている頃かもしれませんね。
先週まで日本に1週間だけ帰省していました。
以前、パルマのお料理と食材の研修でパルマにいらした静岡のレストラン、イル・カスターニョの稲見シェフと一緒にレストラン12周年記念として「パルマ祭」を開催させていただきました。
entrata.JPG

お客様はレストランのお得意様。2日間、満員御礼の素晴らしい会となりました。
パルマの食ということで、お客様はプロシュットディ・パルマとパルミジャーノ・レッジャーノを期待されていました。
昔はパルミジャーノ・レッジャーノのチーズ工場の隣にはハムにするための豚が飼われていて、チーズ作りで出た水(乳清)を豚に与えていました。乳清には牛乳の糖分が含まれているので、生ハムを作るのに最適な、よく太った豚となります。チーズとハムは切り離すことのできないパルマ名産の食品です。
さらには、今回パルマ郊外のポー川近くの町で作られているクラテッロという豚の腿のお尻の部分の肉を膀胱の皮で包んで熟成させたハムもサプライズでご試食いただきました。
同じ生ハムでもプロシュット・ディ・パルマはパルマの南、アペニン山脈を越えるとリグリア海があり、山越えした海風を浴びて作られるのに対して、クラテッロの産地は湿地帯で、プロシュット・ディ・パルマの産地のように風がなく、腿肉に塩を付けただけではハムができなかったことから、サラミのように皮に包んで乾燥を待つという方法を取られました。産地も生産方法も違うハムですから同じ生ハムでも香りも色も違います。
簡単なご説明をしたのですが、皆様、熱心に聞いてくださいました。
studiano.JPG
ワインはパルマで作られる白ワイン、マルバシアとランブルスコをモンテ・デレ・ヴィーニェ社の圧力を調節したタンクで作ったもの(戦後の比較的新しい生産方法と、カミッロ・ドナーティ社の代々引き継がれた伝統的な瓶内発酵のものの飲み比べをしていただきました。
どちらも特徴のある、素晴らしいワインを作っている生産者さんです。
皆様お好みのワインをおかわりしていただき、最後のドルチェ(甘いもの)にはカミッロ・ドナーティさんのマルバシア・ドルチェ(甘いマルバシア)を合わせました。
メニューはこちら。
menu.JPG

前菜 パルミジャーノ・レッジャーノ、プロシュット・ディ・パルマ、クラテッロをトルタフリッタと一緒に。
antipasto.JPG
トルタ・フリッタ
tortafritta.JPG
パスタ トルテッリ2種(エルベッタというほうれん草に似た野菜とリコッタチーズの入ったものとポテトとパルマ郊外ボルゴ・ターロで取れる最高級のポルチーニ茸とパルマで作られているトマトのソース味)
tortelli.JPG
そしてパルマのマンマ料理、パルタ・グラトゥッジャータ
pastagratuggiata.JPG
私のお義母さんのレシピで私が作りました!
cucina tortelli.JPG
メインはローザ・ディ・パルマという豚にプロシュット・ディ・パルマとパルミジャーノ・レッジャーノチーズとセージを入れて巻いたもの。
rosa di parma.JPG
デザートにスブリゾローナとザバイオーネ
sbrisorona.JPG
ザバイオーネはシェフが見事に作ってくださいました。
chef zabaione.jpg
お客様も堪能いただいているのを感じることができて、とても幸せなひと時でした。
mangiano.jpg
mangiano 2.jpg
稲見シェフのお料理哲学は、良質の食材を選び、食材の良さを出せるお料理、そして体に良い添加物の入っていない自然な食品、地産地消でした。
今回、ほとんど全てパルマのものを使い、チーズ、ハムもパルマ自慢の伝統的な自然食でした。2つがマッチングした素晴らしい会ができたと満足しています。
ご協力いただいた稲見シェフに感謝いたします。

オステリア・イル・カスターニョ
静岡市葵区巴町48
054−247−0709


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2017年4月 6日
« 前の記事「ボローニャ空港」へ
»次の記事「イタリアで地産地消の野外市場体験はいかが?」 へ
おすすめ記事
    パルマ特派員 新着記事
    パスタの日
    素朴な秋の味スーゴ・ドゥーバ
    キャンピングカーの祭典
    パルマ名産、ハムの王様クラテッロ・ディ・ジベッロ
    プロシュット・ディ・パルマ(パルマの生ハム)
    パルミジャーノ・レッジャーノチーズ
    ドロミテの魅力
    ゆっくりヴァカンスな気分
    1年前の同じ月に投稿された記事
    世界遺産・美食の町、パルマからはじめまして。

    イタリア ツアー最安値


    2017/12/12更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • パルマ特派員

      パルマ特派員
      西村 明美
      1996年よりパルマ在住。イタリアの食に魅せられ、ワイン、ハム、チーズ等のイタリア食材を勉強しています。地元で築いた人脈を生かし、一般の方からメディア向けまで、様々なコーディネートをしています。 AISソムリエ。APRパルミジャーノ・レッジャーノチーズテイスター。イタリアジャーナリスト協会会員。特派員ブログでは食だけではなく、様々な角度からイタリアをお伝えします。 ホームページはこちら DISQUS ID @akemi nishimura

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集