海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ポートオブスペイン特派員ブログ > 通貨

トリニダード・トバゴ/ポートオブスペイン特派員ブログ 旧特派員 星出 悠

トリニダード・トバゴ・ポートオブスペイン特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年4月 2日

通貨


メール プリント もっと見る

通貨

皆さん、こんにちは。


前回の記事でトリニダード・トバゴに入国の際は400TTDが必要と書きましたが、
「400TTDっていくら?」 って感じですよね。


まだ通貨に付いて触れていなかったので今回は通貨のことを!


基本的にここでは
“ TTD ( トリニダード・トバゴドル ) “ という通貨が使われておりますが、
スーパーマーケットや薬局、モールなど、
一部の場所では “ USD ( アメリカドル ) “ も使えます。


“1USD = 6TTD “ という計算をしているので、前回の400TTDというのは…。


僕は体育会系なので、皆さんでお願いします(汗)


クレジットカードは、同じようにスーパーマーケットや薬局、モールなどでは使えますが、
身分証明書が必要になって来たりする場所が多いので、
私自身は持ち歩かず現金を持ち歩いています。


タクシーなどは3TTDやその辺でジュースを買うときなどは、
20TTDや100TTDで払うと嫌がられるので
細かい札をいつも用意してポケットに入れておき、
20TTD以上はお財布に入れるという形です。


またトリニダード・トバゴの銀行でも
日本のクレジットカードや日本の一部の銀行カードを使えると思いますが、
旅行者の銀行利用に付いては十分注意が必要となって来ると思います。


これはトリニダード・トバゴ以外の国でも言えるので、
海外へ旅行される方は本当に気を付けて下さい!


ちなみにアメリカの車社会では、銀行もドライブスルーでした。
だから太っちゃうんだと思います。


私自身もやはり銀行内というよりは、
銀行から出るときには警戒心を強め、あまり寄り道をしなかったり
チームメイトと同じタイミングで銀行へ行くようにしています。


そしてこれが “ TTD “ です。


全て鳥の絵が書かれております。
トリニダード・トバゴは色々な鳥がいて有名のようです。
( この辺は後日調査いたします。 )


また小銭に付いては、正直ほとんど価値がありません。
だから1セントのお釣りがもらえなかったり、
1セントぐらい払わなくても良かったりすることは多々あります。


初めはお釣りをもらえなくてビックリしましたが…。


その為か小銭がよく街にも落ちていますが、誰も拾いません。


だから小銭の意味があまりないような気もします。

一層のこと、小銭を廃止してもいい気が…。


星出悠
CHALLENGE

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替
2010年4月 2日
« 前の記事「VISA」へ
»次の記事「乾季」 へ
おすすめ記事
    ポートオブスペイン特派員 新着記事
    スティールパンの作り方
    スティールパンのパレード
    赤い鳥スカーレットアイビス、シーズン到来
    24時間営業レストラン
    スティールパンの義援金イベント
    オサガメの産卵シーズン!
    レストランウィーク:Joseph
    スティールパンが聴きたかったら

    トリニダード・トバゴ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。

    現在登録されているスケジュールはありません。

    ■トリニダード・トバゴの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ポートオブスペイン特派員

      ポートオブスペイン特派員
      星出 悠
      日本では事務職もしていたアマチュアサッカー選手。2008年に退社し夢を持って渡米。アメリカのトライアウトで合格し、アメリカの地でプロサッカー選手デビュー。その後2009年7月にトリニダード・トバゴへ移籍。現在はトリニダード・トバゴ人の中に1人アジア人が奮闘して生活を送っております。サッカー選手としてのブログはこちらから「CHALLENGE」。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集