海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ポートオブスペイン特派員ブログ > 24時間営業レストラン

トリニダード・トバゴ/ポートオブスペイン特派員ブログ 森本 英代

トリニダード・トバゴ・ポートオブスペイン特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年6月 2日

24時間営業レストラン


メール プリント もっと見る

24時間営業レストラン

トリニダード・トバゴは、日曜日はモールもレストランも定休日というほど、
教会に行く時間や、伝統的な家族の集まりを大事にする国。
平日も、朝早く起きて夕方暗くなる前に家に帰るお国柄なので、
日本でいうラーメン屋のように、飲んだ後にちょっとお食事という場所というと
ほとんどのレストランは夜11時には閉まってしまうため、
屋台や限られた中華料理くらいしかないのですが、
最近になって、24時間営業のファミレス的なものがポツポツと出来てきました。


先日、イベントの後に少しお腹が空いたので、アリアピタアベニューにオープンした24時間営業のレストランに行ってきました。
旦那はツナサンド、私は3種の具が選べるオムレツとトーストを注文しました。

2016-05-22 23.03.55.jpg

メニューは、トーストやサンドイッチなどの朝食メニューみたいなのがメインです。
13165992_1711667862440938_9031343541263005492_n.jpg13133177_1711667869107604_8704569383709843659_n.jpg




トリニダードでは、いわゆる着席してお店の方が料理を持ってきてくれるようなレストランは、
安くてもひとり40USD、飲み物などを頼んだらひとり50USDくらいかかるところが多く、
地元の人は屋台やお弁当屋さんみたいなところでご飯を買って食べるのが普通。
最近、レストランが少し値段を落として気軽に食べてさっと出ていけるようなお店を
Maravalエリアにオープンし始めましたが、席数も少なく夜遅くまでやっていませんので、
こう言うファミレス的なリーズナブルで着席してゆっくりできるところありがたいです。



Those Guys Diner
(868) 399-8634
29 Ariapita Avenue
Port of Spain

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2016年6月 2日
« 前の記事「スティールパンの義援金イベント」へ
»次の記事「赤い鳥スカーレットアイビス、シーズン到来」 へ
おすすめ記事
    ポートオブスペイン特派員 新着記事
    カカオのパワー
    スティールパンの作り方
    スティールパンのパレード
    赤い鳥スカーレットアイビス、シーズン到来
    24時間営業レストラン
    スティールパンの義援金イベント
    オサガメの産卵シーズン!
    レストランウィーク:Joseph

    トリニダード・トバゴ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。

    現在登録されているスケジュールはありません。

    ■トリニダード・トバゴの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ポートオブスペイン特派員

      ポートオブスペイン特派員
      森本 英代
      2006年に友達に騙されたつもりで行ってみて、と足を運んだカーニバルに衝撃を受け「この国には生きた音楽がある!」と、毎年通い続けるように。帰国後すぐにトリニダード・トバゴを紹介するサイトLove Trinidad & Tobagoを立ち上げ、2009年に移住。現在は、現地で旅行ガイドやテレビや雑誌などのメディアコーディネイター、トリニダード・トバゴ関連のライターや両国の貿易をサポートするなど幅広く活動中。 DISQUS ID @disqus_v5KD2jIuMD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集