海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > レーゲンスブルク特派員ブログ > レーゲンスブルクに到着したら

ドイツ/レーゲンスブルク特派員ブログ 吉村 美佳

ドイツ・レーゲンスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年8月 1日

レーゲンスブルクに到着したら


メール プリント もっと見る

レーゲンスブルクに到着したら

さて、実際にレーゲンスブルクへ行ってみましょう。
個人旅行者は、電車でこの街に到着する方が多いと思います。

IMG_0029.jpeg

こちらが中央駅です。中央駅に到着したら、ホテルに移動。石畳が多いこの街は、スーツケースを持っての移動は不便ではありますが、ゆっくりなら大丈夫。駅前にもシティホテルがありますし、もしタクシーを利用するのであれば、駅前のタクシー乗り場から、旧市街の中心部までは、8ユーロ程度で到着します。


実は、中央駅の近くには、19世紀最後の豪華ホテルと言われる「マキシミリアン・ホテル」もあります。

hotel.jpeg

ベルサイユのバラでおなじみの漫画家、池田理代子さんの作品で、「オルフェウスの窓」というものがありますが、そこにも登場しているホテルです。
レーゲンスブルクを拠点に、電車で日帰り旅行などを計画される方には、このホテルは特にオススメです。


レーゲンスブルクには、旧市街の中心部にも、たくさんの個性的なホテルがあります。好みにあったホテルをゆっくり探されるといいですね。ルートヴィヒ1世が皇太子時代から何度も泊まったホテル「ゴールデネス・クロイツ」や、オーナーがインテリアにこだわった「オルフェー」、大聖堂を窓から眺める「ホテル・カイザーホーフ」もいいですね。ホテルを選ぶ際は、是非立地を重視してください。個人旅行であるならば、気楽に早朝や夜でも歩ける中心街にあるホテルが必須です。もちろん、値段が張るものもたくさんありますが、中世の街並みが残るこの街だからこそ、そういった歴史を感じるホテルも、ちょっと奮発してでも泊まってみたいものです。
ちなみに、そういった類のホテルは、各部屋が個性的であるため、団体旅行では扱ってくれません。それぞれのお客様が平等な扱いにならないからだそうです。


さて、ホテルに到着しました。
チェックインしたら、一休み。ホテル周りを散歩し、本格的に観光をスタートするには、ホテルのフロントや観光局でもらえる地図を頼りに歩き始めましょう。


時間限定の観光スポットを最初に確認することも、有意義に時間を使うためのコツですね。


レーゲンスブルクでの観光のうち、時間限定のものは、例えば次のようなものがあります。


まずは、トゥルン・ウント・タクシス城のガイド付きツアー。
とっても素敵なお城です。

shiro.jpeg

部屋数が500以上と、イギリスのバッキンガム宮殿よりも大きなものだそうです。しかも、現在でも公爵一家が住んでいます。
こちらは、個人では入城できませんので、ガイド付きツアーに申し込む必要があります。料金は、90分のツアーが通常13.50ユーロ、割引で11ユーロ、60分のコンパクトツアーが10ユーロ、割引8.50ユーロです。但し、希望すれば、英語の音声ガイドも無料で借りることができます。家族チケット(38ユーロ、コンパクトツアー28ユーロ)の場合は、隣にある宝物展にも追加料金なしで行くことができます。


旧市庁舎は、三大観光スポットの一つですが、この中は、「帝国議会博物館」として、ガイド付きツアーで見学ができます。60分で、通常7.5ユーロ、割引4ユーロです。無料にて、日本語の音声ガイドを借りることができます。

gikai.jpg

ここでは、神聖ローマ帝国の議会の会場や、ギロチン台、牢獄なども見られます。


近郊の、ヴァルハラ神殿や、ヴェルテンブルク修道院も人気のスポットです。
ヴァルハラ神殿は、ルートヴィヒ1世が建てた建造物の中で、一番高価なものだそうです。1、2年前に大掛かりな改築を終えて再び良い状態になったばかりです。


ヴェルテンブルク修道院は、黒ビールの醸造でも有名です。まろやかな味わいの黒ビールは、ラガービールを飲み慣れた日本人の中には、苦手に感じる人もいるかもしれませんが、一度お試しになりませんか。
1050年から醸造を行なっている、修道院の醸造所としては最古のビール醸造所でもあります。

IMG_1734.jpeg

ヴァルハラ神殿にも、ヴェルテンブルク修道院にも、船で行くことができますが、ドナウの川を利用して発展した街だけに、クルージングを楽しむのも素敵なアイディアです。

IMG_1723.jpeg

レーゲンスブルクからケルハイムまで少し陸路で移動し、そこから船に乗り換えると(片道6ユーロ、往復10.50ユーロ)、こんな素敵な風景の中を優雅に楽しめます。


特にどこへ行く、というわけでなくても、45分かけての遊覧船もオススメ。2つの船会社が運行しており、賑わっている時期ですと、30分おきに出航します。スワロフスキーのクリスタルを装飾に用いた船、クリスタル・クーニゲン(Königen)では、優雅な旅となります(8.90ユーロ)。

fune.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年8月 1日
« 前の記事「ミュンヘンからほど近い、こぢんまりとした世界遺産都市「レーゲンスブルク」」へ
»次の記事「レストラン・ファーストフード・カフェ」 へ
おすすめ記事
    レーゲンスブルク特派員 新着記事
    鍾乳洞へ
    レーゲンスブルクで買うお土産
    レストラン・ファーストフード・カフェ
    レーゲンスブルクに到着したら
    ミュンヘンからほど近い、こぢんまりとした世界遺産都市「レーゲンスブルク」

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • レーゲンスブルク特派員

      レーゲンスブルク特派員
      吉村 美佳
      鳥取県出身。学生時代、社会人時代にバックパッカーとして25カ国を歩き回るうち、南米エクアドルでドイツ人と知り合ったのが運命の分かれ目。2002年12月よりドイツ在住。レーゲンスブルク観光局公認現地ガイド。普段は教会やビッグバンドでトランペットを吹いたり、自宅でピアノを教えたり。フリーライターとしても。ご連絡は、こちらまで。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集