海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランス/レンヌ特派員ブログ

フランス/レンヌ特派員ブログ 高津 竜之介

フランス・レンヌ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


今回は、ホットチョコレートが美味しい「ル・アリコ・ルージュ」というお店を紹介します。入口の看板にはバル・ア・ショコラ(Bar à chocolats)というフランスでも聞きなれない名前が書かれているのですが、その名の通りチョコレートを使った飲み物や焼き菓子が美味しいお店です。


レンヌの中心部に位置するル・アリコ・ルージュ

Arukikata5-Haricorouge1-Facade.jpg

レンヌ駅からメトロに乗って中心部へ向かい「レピュブリック」という駅で降りると徒歩5分ほどで辿り着きます。赤く塗られた店先が目印で、夏にはテラスに座る人々で賑わいます。伝統的な木製の梁に、コンテンポラリーな装飾が融合する店内では、フレンドリーな店員さんが出迎えてくれます。


絶品!手作りホット・チョコレート

Arukikata5-Haricorouge2-Chocolats-chauds.jpg

このお店を訪れたら絶対に試して欲しいのが、手作りのホット・チョコレート。一杯3.5ユーロ、生クリームを上に乗せたヴィエノワは4.3ユーロで楽しめます。カカオ豆の芳醇な香りに、シナモンとキャラメルを少々、隠し味にコクのあるチョコレートを加えるのがアリコ・ルージュのスタンダード。その他に、16種類のフレーバーを加えることも可能です。フランボワーズや、マシュマロ、蜂蜜&バニラなど気になる味がいっぱいです。


17世紀風ホット・チョコレート

Arukikata5-Haricorouge3-Chocolat-a-lancienne.jpg

ホット・チョコレートと言えばフランスにも深い縁があります。というのも、フランスの政治家ブリア=サヴァラン(Brillat-Savarin)によって1825年に書かれた著作「美味礼賛」の中にホット・チョコレートに関する記述があるからです。当時日常生活の一部と考えられていた食事を哲学・学問的に考察しようと試み、現在でも美食(ガストロノミー)と呼ばれる文脈では、必ずと言っていいほど言及される世界的名著ですが、彼が社交界での観察を通じて導き出したのは、チョコレートの美容と健康に関する効用でした。


『チョコレートを常用する人たちは、いつも変わらぬ健康を楽しみ、人生の幸福を妨げるちょっとした病気にかからない人たちであり、彼らの肥満も大して進行しない。』(Brillat-Savarin, 1825)


当時は単にチョコレートというと、ホット・チョコレートが主流の時代でした。このお店でも、17世紀風と称した当時のままのホット・チョコレートを飲むことが出来ます。牛乳を使わずカカオ・水・サトウキビのみで作られるので、飲み慣れた味とは異なった味わいに興味のある方はぜひお試しあれ!


中身がとろりと溶け出すクール・クーラン

Arukikata5-Haricorouge4-Gateau.jpg

「ル・アリコ・ルージュ」のチョコレートを使った美味しい焼き菓子も魅力的です。基本的に一品3.5ユーロで食べることが出来ます。種類が多く迷ってしまいましたが、今回はクール・クーランと呼ばれるフォンダン・ショコラのようなケーキを頂きました。あつあつのしっとりとしたケーキの中から流れ出るチョコレートに、思わず笑顔になってしまう美味しさでした!


ちなみにホット・チョコレートはフランス語でショコラ・ショー(Chocolats chauds)と言います。肌寒い時に立ち寄って、飲んでみてはいかがでしょうか?


それでは、次回もとっておきの地元情報をお届けしたいと思いますので、楽しみにお待ち頂ければ嬉しいです。

〈文・写真:高津竜之介〉

「世界の最も美しい村をめぐる」では、フランスをはじめとする魅力ある小さな村の紹介や最新情報をお届けしています。もし良ければこちらのサイトも遊びに来てくださいね。


2019年3月25日

「レンヌで美味しいお菓子屋さんはどこですか?」という質問によく名前が挙げられるのが、フィリップ・ブーヴィエ(Philippe Bouvier)という名前のお店です。


ブルトンに愛される名店

Arukikata4-Bouvier1-Boutique.jpg

16歳からレンヌのパティスリー、メゾン・アンクティル(Maison Anquetil)で見習いとして働き始めたパティシエのブーヴィエさんは、ル・ノートルやダロワイヨといったパリやリヨンの有名店で修行を重ねた後、レンヌへ戻り夢だった自身の店を開きました。現在ではレンヌに2店舗、ブルターニュ北部の街サン・マロに1店舗を構え、地元に愛される名店へと成長を遂げています。


開業して25年以上たった今でも、ブーヴィエさんにとってブルターニュの海がお菓子作りのインスピレーションの源となっているようです。特に、ゲランドという街で生産された最高品質の塩が、この店で作られるチョコレートやケーキをさらに味わい深いものにしています。


さっくり生地と素材の味を生かしたクリームが調和する絶品マカロン

Arukikata4-Bouvier2-Macaron.jpg

数ある商品の中で僕がお勧めしたいのは、色とりどりのマカロンです。この店のマカロンは、さっくりとしたメレンゲ生地に、素材の味を生かしたクリームとコンフィチュールが詰まっているのが特徴です。特に美味しかったのはピスタチオ味とグレープフルーツ味。口に入れた瞬間に上品で風味豊かな香りが広がるピスタチオクリームと、甘みと酸味が調和するグレープフルーツのコンフィチュール入りのクリームは他では味わえない美味しさです。


リーズナブルな値段で楽しめるイートイン

Arukikata4-Bouvier3-Cafe.jpg

店内には簡単なイートインスペースがあり、コーヒーや紅茶と共に購入した商品を食べることが出来ます。コーヒーが1.2ユーロ、マカロンが1.7ユーロ、ケーキ類も4ユーロ前後とリーズナブルな値段も嬉しいポイントです。


種類豊富なチョコレートもこの店のおすすめ!

Arukikata4-Bouvier4-Chocolat.jpg

ショコラティエでもあるブーヴィエさんが生み出す種類豊富なチョコレートも、この店の人気商品です。スパイス(胡椒、シナモン、ヴァニラetc.)や花の薫(ジャスミン、ハイビスカス、バラetc.)、果物(フランボワーズ、カシス、オレンジetc.)など様々な味や香りが楽しめます。ショーケースにずらりと並んた色々な模様のチョコレートを眺めて選ぶのも楽しい時間です。


絶品マカロンを楽しめるパティスリー、フィリップ・ヴーヴィエ!レンヌでの散策の合間にぜひ立ち寄って見てくださいね。


それでは、次回もとっておきの地元情報をお届けしたいと思いますので、楽しみにお待ち頂ければ嬉しいです。

〈文・写真:高津竜之介〉

「世界の最も美しい村をめぐる」では、フランスをはじめとする魅力ある小さな村の紹介や最新情報をお届けしています。もし良ければこちらのサイトも遊びに来てくださいね。


2019年3月13日

毎週土曜日の朝、レンヌの旧市街にあるリス広場(Place des lices)では300を超える生産者が集まるマルシェ・デ・リス(Marché des Lices)が開かれるます。この朝市は4世紀にわたる歴史があると言われ、その規模はフランスで2番目に大きく、レンヌ市民にとって欠かせない場となっています。


新鮮な地元食材が揃う、レンヌ市民の台所

Arukikata3-Marche1-Intro.jpg

住民が買い求めるのは、品質の良い新鮮な地元の食材。魚介類や肉、シャルキュトリーと呼ばれる食肉加工品、果物、野菜、チーズ、バター、色とりどりの花々。コンフィチュールに蜂蜜、パンやシードルと呼ばれるリンゴのお酒など、このマルシェで手に入らないものはないと言っても良いくらいの品揃えを誇る、レンヌ市民の台所です!


ブルターニュが誇る海の幸!

Arukikata3-Marche2-Homard.jpg

この市場の醍醐味は、ブルターニュ地方近郊の海で採れた魚介類です。例えば、生きたまま並んでいる鮮度が抜群のオマール海老。沸騰した鍋に豪快に放り込んで茹で上げたら、塩を振りかけ、ちょっとだけレモンを絞って食べるのがブルターニュ流です。ぷりぷりとした触感に、濃厚な味わいが口いっぱいに広がります。その他、小粒ながら旨味が凝縮しているモン・サン・ミシェル湾岸で採れたムール貝や、ナポレオンやルイ14世をはじめとする歴代のフランス国王にも愛されたと伝えられるカンカル産の牡蠣など、最高品質の海の幸が売られています。


農業も盛んなブルターニュ地方は美味しい野菜がいっぱい

Arukikata3-Marche3-Artichaut.jpg

また、農業が盛んなブルターニュ地方ならではの野菜類も質の良いものばかりです。フランスで一番の生産量を誇るアーティチョークは、花のつぼみを食べる珍しい食材で、ホクホクとした触感に優しい甘さが魅力。ブルターニュ北西部ロスコフという小さな街の玉ねぎもお勧めです。薄いバラ色がかった玉ねぎは、甘さ・旨味共に最高品質として知られ、サラダとしても良く食べられます。また最近のトレンドで、有機栽培の野菜を扱うお店が増えてきています。お店や商品に緑色でAB(ビオ)のマークが付いているので覗いてみましょう。


屋台では安くて美味しい世界各国の料理が楽しめる!

Arukikata3-Marche4-Galette.jpg

一通り食材を見終わったら、屋台の食事を試してみてはいかがでしょうか?炒飯や春巻きといったアジアン・フードや、海の幸いっぱいのパエリヤ、野菜がたっぷりでヘルシーなクスクスなど世界各国の料理が楽しめます。その中でも特にお勧めなのが、ブルターニュ名物のガレット(そば粉のクレープ)で特大ソーセージを巻いたガレット・ソシス。片手で食べられるので、食べ歩きにも便利です。


地元に住んでいると好きな店の常連になって立ち話をしてしまう、そんな店主と買い物客の関係を超えた交流の場になっているというところもマルシェの魅力です。フランス各地のマルシェを訪れたことがありますが、レンヌの朝市の雰囲気は格別です。ぜひともタイミングを合わせて、レンヌを訪れてみてくださいね!


それでは、次回もとっておきの地元情報をお届けしたいと思いますので、楽しみにお待ち頂ければ嬉しいです。

〈文・写真:高津竜之介〉

「世界の最も美しい村をめぐる」では、フランスをはじめとする魅力ある小さな村の紹介や最新情報をお届けしています。もし良ければこちらのサイトも遊びに来てくださいね。


2019年3月 9日
2019年3月 5日
2019年2月27日
⇒すべての記事を見る

フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レンヌ特派員

    レンヌ特派員
    高津 竜之介
    レンヌ第2大学言語学部非常勤講師(日本語)。現在は同大学人文社会学研究科において「世界の最も美しい村の比較研究」をテーマに博士課程在籍中。レンヌ第1大学経済学部修士課程一年目修了(2013)。サヴォワ・モンブラン大学(アヌシー)経営学研究科修士課程二年目修了(2014)。NPO法人「日本で最も美しい村」連合勤務(2016-2018)。原稿執筆、翻訳・通訳、現地コーディネート、ガイド講師などのご依頼も承っております。過去の仕事例等についてはこちらからご確認いただけます。お気軽にご相談ください。
    ▼運営サイト
    https://lesplusbeauxvillages.com/
    ▼お問い合わせ先
    info【at】lesplusbeauxvillages.com
    DISQUS ID @disqus_8SWIa4EjTz

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集