海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アイスランド/レイキャヴィーク特派員ブログ

アイスランド/レイキャヴィーク特派員ブログ 尹 久奈

アイスランド・レイキャヴィーク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


日本なら多数ある動物園も、小国アイスランドにはなんと1つしかありません!
厳密には農場が経営している小さなふれあい動物園的なものもありますが、規模ではとても小さなものばかり。
今回はアイスランドでの動物園事情をご紹介します。

IMG_20180801_160844.jpg

レイキャビク市内、ダウンタウンから車で10分程度のところにその動物園はあります。動物園といっても、その名前は「家畜動物園」。アイスランド語のhúsdýragarðurinnという名の直訳です。
そしてその名の通り、この小さな動物園で見られる動物はアイスランドに生息する家畜(豚、牛、ニワトリ、羊、ヤギ、馬)と、トナカイやアザラシなど。

正直、大人が行って感動する場所ではありません。アイスランドの田舎では羊や馬は道路わきで見れますし、特別変わった展示があるわけでもありません。

IMG_20180801_142405.jpg

私は動物好きなので、アイスランド移住したての頃、かなりわくわくして訪れたことを覚えています。ですが入ってみると動物園というか、うーん、農場?
首都レイキャビクを代表する動物園が、これか~。アイスランドって、こういう国なのか~。となんとも言えない気分で動物園を後にしました。

動物達は触っていいというわけではありませんが、家畜であるためか簡単な柵で仕切られているのみ。運がよければかなり至近距離で動物を見ることができます。大きな動物園のように二重の柵と堀、というようなものではなく手作り感も溢れている場所です。ニワトリはさわることもできます。

IMG_20180801_141346.jpg

珍しい動物や展示に工夫を凝らした日本の動物園のイメージとは大幅にかけ離れたアイスランドの動物園ですが、このゆるーい感じもアイスランドというお国柄を表しているのではないでしょうか。

ところで、アイスランドは北極に近いことから白くまがいると思っている人もいるようです。お土産屋さんの前には白くまのぬいぐるみがあったりしますが、アイスランドには白くまはいません。
ごく稀に、流氷に乗ってきてアイスランド北部に流れ着く白くまもいますが、元の場所(グリーンランドなど)への移送や保護にかかる費用が非常に高額となるため、アイスランドへ流れ着いた白くまは射殺となります。
それならレイキャビクの動物園へ、というのも飼育員の養成にも費用や時間がかかりますし現実的ではありません。

こうして、アイスランドの動物園は家畜動物園として大きな変化もなく存在しています。
その一方で、敷地の一部(というか大半)は動物園ではなく遊具の豊富な公園として機能しており、こちらは巨大な遊具が次々と建設されています。子供達はこれを目当てに動物園を楽しみにしているようです。

珍しい動物のいない動物園があるのみで、水族館も科学博物館も無いアイスランド。少しでも珍しいものを求めたら海外旅行に行くしかないアイスランド。

ですが、無理をしないこんな家畜動物園のありかたも小国としてのひとつのありかたなのかもしれませんね。


2018年8月 8日

8月といえば夏真っ盛りですが、実はアイスランドでは夏の風物詩である「白夜」が終わりに近づいています。
今まで夜中でもうっすらと明るかったのが、街灯の明かりがうれしいほどの暗闇が訪れるようになりました。そしてあと2週間もすれば、シーズン初のオーロラも見える頃です。
夏を代表する花、ルピナスも種をつけ、少しづつ季節が変わる様子が見て取れます。

さて、ブルーラグーンに代表されるように、アイスランドも温泉大国です。水着を着るのでスタイルは違いますが、地面から湧き出る温泉に浸かりたい!という気持ちはアイスランド人も同じです。
ゴールデンサークルの寄り道にぴったりなストーリー溢れる温泉施設、シークレットラグーンを紹介します。

IMG_20180624_105120.jpg

観光客向けにはシークレット・ラグーンと呼ばれていますが、アイスランド語ではガムラ・ロイイン(Gamla Laugin)、「古いプール」と呼ばれています。その名のとおり、昔は地元の人が泳ぐプールだった場所です。
アイスランドでは温泉に浸かってリラックスするだけでなく、温泉を利用した野外温水プールで泳ぐことも少なくありません。
このシークレット・ラグーンもそんな目的でプールとして建設されましたが、やがて温泉の温度が高温となり泳ぐよりリラックスするのに適した温度となりました。
野外プールは改めて別の場所に建設され、このガムラ・ロイインは温泉として利用されるようになりました。

ほとんど訪れる人もいない場所でしたが、数年前に更衣室などをリニューアルし今ではとても清潔感のある施設となりました。更衣室だけでなく小さなカフェも併設されています。

シークレット・ラグーンは値段こそ他の施設に比べると安いですが、スパ施設ではありませんのでご注意を。また写真のとおり、ひとつの大きなプールがあるだけですので、ゆっくりと過ごしたい人は人の少ないオープン直後などを狙って行くことをお勧めします。
そして元々がプールなので水深は深く、座れるような場所がないため常に立っている状態となります。お湯の温度と周りの季節がきれいなのでリラックスできますが、お子様がいる場合には注意をしてください。足元も一部すべりやすくなっていました。

IMG_20180624_104402_002.jpg

プールの周りには小さな間欠泉などがあり、遊歩道を歩いて見学ができるようになっています。手の届く距離ですが、湧き出る源泉は高温なので決してさわらないように!

IMG_20180624_104637.jpg

源泉がそのままプールへ流れ込んでいますが、高温なのでこの付近はとっても熱いです。

シークレットラグーンは、ゴールデンサークルツアーの一部として組み込まれていることもあり、レンタカーが無い人でも訪れることができます。そのかわりツアーのバスが来る時間には大人数となってしまうので、レンタカーがあるのであれば、ツアーの来ない時間を狙うのがお勧めです。

——-
シークレットラグーン (Secret Lagoon)
住所:Hvammsvegur - 845 Flúðir
行き方:レンタカーの場合、30号線を使いフルージル(Fludir)の村を目指します。村を通り抜ける際に、看板が出てくるのでわき道へ。しばらく進むと駐車場があります。ツアーを利用する場合は、例えばゴールデンサークルとシークレットラグーンなどの1日ツアーの申し込みが便利です。公共の交通手段はありませんが、レイキャビクからの送迎のみ(ただしバスは1日一本)というのもあります。
入浴料:2018年夏現在、大人2800クローナ。変更の可能性もあるので、事前にウェブサイトで確認してください。予約は必須ではありませんが、ハイシーズンには事前予約が良いようです。


2018年8月 8日

アイスランドといえば、ゴールデンサークルという3ヶ所の名所を巡る観光ルートが人気です。グトルフォスの滝、シンクヴェトリル国立公園、ゲイシールの間欠泉の3ヶ所を巡るのですが、実はその周辺には多くのレストランや農場、温泉施設などがあり、1日どころか、2日間楽しめる様々な寄り道スポットがあります。通常1日で観光するゴールデンサークルですが、見所はたくさんありますから2日かけてドライブするのもあり。滞在期間が短い場合でも、ゴールデンサークル周辺の大自然の中の宿に泊まり、リラックスした夜を迎えてみてはいかがでしょうか。

時間を忘れて鳥のさえずりや白夜を楽しむのも、アイスランド旅行の醍醐味です。

さて、そんなイメージにぴったりなゲストハウスがあります。ソルヘイマル・エコ・ビレッジという、ゴールデンサークルのルートにとても近い場所にあるゲストハウス。ゲイシールの間欠泉と、ケリズの火口湖の中間地点です。

IMG_0234.CR2.jpg

☆ソルヘイマル・ゲストハウス☆

私も何度か利用したことのあるゲストハウスは、こじんまりとした居心地のいい宿です。アメニティはタオルとオーガニック・ハンドソープのみといたってシンプルですが、清潔感があります。全室バリアフリーなので室内も広々としていて、窓からは森や遠くの山の景色も楽しめます。
IMG_0208.CR2.jpg

食事は提供されませんが、朝食は簡単なものが提供されます(シーズンにより異なるそうなので要確認)。パンやチーズ、果物といったシンプルなものですが、ビレッジ内の農園で収穫した野菜も提供されます。これらは共有エリアにあるキッチンを使って調理ができます。もちろん食料を持ち込んでの自炊も可。至れり尽くせりな宿ではありませんが、シンプルで心地よい空間はグループにも家族連れにもお勧めです。
共有部分のリビングスペースからはバルコニーに出られます。
IMG_0153.CR2.jpg

☆ソルヘイマル・エコ・ビレッジ☆

ゲストハウスのある、ソルヘイマル・エコ・ビレッジですが、そもそもどういう場所なのでしょうか?
ソルヘイマルはその名の通りエコに重点を置いた環境にやさしいコミュニティです。ゲストハウスだけが独立してあるのではなく、コミュニティの敷地内にはオーガニック野菜を育てる農園や、体をいたわるメニューが楽しめるカフェなどがあります。建物も環境への負担を少なくする方法で建てられているのだそうです。プラスチックはなるべく使わない、そしてゴミの分別も徹底しています。ゲストハウス滞在時にもゴミの分別は気をつけましょう!

また敷地内には遊歩道のある森があり、お天気の良い日には木漏れ日が素敵な場所。小川が流れる森は散歩するのが気持ちいですよ!

☆カフェ・グラエナ・カンナン☆

ソルヘイマルの敷地の中心部にあるのが、天井の高い広々とした空間が広がるカフェ。ゲストハウスに泊まらなくても、カフェでお茶をしてゆったりと過ごすのも楽しいもの。
自家焙煎のオーガニックコーヒーやお茶、数種類のケーキから選べ、カフェの中と外には子供用の遊びスペースも。小さな子供との旅行にはお勧めです。夏には日替わりのスープもあります。
IMG_0568.CR2.jpg

アートギャラリーが併設されていて、アート作品や手作りの品々が展示販売されています。工芸品の中には、蜜蝋で作ったキャンドルや、農園で収穫したハーブを利用した石鹸やボディーソープなどもあります。お土産に悩むアイスランドですが、こんなストーリーのある品々はいかがでしょうか。
IMG_0539.CR2.jpg

アイスランドに来たらゴールデンサークルは外せない場所!ということで、ルート沿いの大きなレストランやホテルは観光客であふれていることも少なくありません。
ですが、ちょっとルートを外れてのドライブすればとても静かな森や畑、大自然が広がり、それを楽しむことができる小さなレストランやカフェ、ゲストハウスも多くあります。

レイキャビク以外での宿泊もお勧めするアイスランド旅行。ぜひお気に入りの田舎の宿を見つけてみてくださいね!

——
Sólheimar Eco Village
住所:Solheimar Eco-Village、Selfoss, Iceland (ストリート名や地区名はありません)
電話:+354-855-6080
問い合わせ先:booking@solheimar.is
予約はここからどうぞ
行き方:35号線から354号線へ曲がる。現在のところ、公共交通機関や日帰りツアーには組み込まれていないのでレンタカーでのドライブが必須です。


————
写真は全てソルヘイマル・エコ・ビレッジ撮影、許可を得て掲載しています。


2018年7月14日
2018年5月 3日
2018年4月25日
2018年4月 5日
2018年3月22日
⇒すべての記事を見る

アイスランド旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アイスランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レイキャヴィーク特派員

    レイキャヴィーク特派員
    尹 久奈
    2012年にアイスランド、レイキャヴィークに移住。アイスランド大学に通ったり、ホテルや旅行会社に勤務しました。趣味はアイスランドのセーター(ロパペイサ)を編むことと、犬とのハイキング。 DISQUS ID @disqus_l6ojFtF8Ps

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集