海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アイスランド/レイキャヴィーク特派員ブログ

アイスランド/レイキャヴィーク特派員ブログ 尹 久奈

アイスランド・レイキャヴィーク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

前回のブログでも紹介したブルーラグーン。訪れる際に知っておきたいことをまとめました。

そもそもブルーラグーンは、本当に訪れたほうがいいのでしょうか?
たかが温泉?と思いきや、深さも足がつかないほど深い場所があり、腰かけてホッとする温泉ではなくて、暖かい温水プールみたいな感じなんです。
1-is.jpg

観光客が増えすぎて..。ということを言うお客様もいるようですが、大きな温泉なのでそれほど気になりません。また事前予約制なので無制限に人が入ってくるということもありません。

巨大なブルーラグーン、温泉同様に様々なミネラルを含み、お肌への効果もいいのだとか。プールサイド(!?)にはシリカという泥が入った箱があり、入浴中使い放題です。
スパ要素も多いブルーラグーンは、レストランやカフェもあり、何よりうれしいのがお湯につかりながら購入できるバー。
アイスランドはやっぱり寒いのですが、手を伸ばしただけでワインやスムージーが購入できるバーは嬉しい限りです。支払いも磁気入りのリストバンドで簡単にできます。お財布を持ち出したりアタフタしなくて便利です!

ブルーラグーンは朝8時から夜9時または10時までオープン、夏には午前0時までオープンしていますので旅行スケジュールに合わせて楽しめます。
the-serene-atmosphere-at-the-blue-lagoon-provides-a-relaxing-experience-21.jpg
画像提供:Guide to Iceland

ただし、ブルーラグーンを訪れる際にはいくつか注意点があります!

①ブルーラグーンは事前予約必須!
とても人気のあるブルーラグーン。日時指定の完全予約制になっています。クリスマスやお正月はもちろんのこと、それ以外のシーズンでも売り切れとなることがあります。
アイスランド旅行を計画する際には早めに予約しておきましょう。キャンセル待ちなどはできないので、万が一希望した時間に予約できなかった場合大変です。

②ブルーラグーンは公共のバスでは行けない!
レンタカーをを利用する人は問題ありませんが、ブルーラグーンはレイキャビクから50㎞ほど離れた場所にあります。
ほかの観光地と比較すればそれほど遠くはありませんが、公共のバスはありません。ですので他の観光地同様にブルーラグーン行きのツアーバスを予約する必要があります。
バスはほぼ1時間ごとに出ており、バスターミナルからであれば予約は必要ありません。
ただしホテルからのピックアップを希望する場合にはブルーラグーン行きのバス事前予約が必要となります。

③ブルーラグーンとほかの観光スポットを組み合わせることができる。
ブルーラグーンは人気があるため、実は様々な種類のアクティビティと組み合わせることができます。
ゴールデンサークルや乗馬ツアー、ホエールウォッチングなど、1日を有効に、効率的に使えるブルーラグーンとの組み合わせのものばかりです。レイキャビクからの往復バスを利用するのもいいですが、ほかのアクティビティとセットにしても楽しいですよ!

④ブルーラグーンとケプラビーク国際空港は近い!
ブルラグーンとケプラビーク空港は車でわずか30分の距離。シャトルバスも運行しているのでアイスランド出国前にブルーラグーンでゆっくりするのもおすすめです。

⑤シリカはお肌に良いけど、貴金属と髪の毛には大敵!
ブルーラグーンのお湯に含まれる白いミネラル、シリカ。お肌に良い効果があるそうですが、貴金属を痛めてしまうのでアクセサリーは外しましょう。また意外なことに髪の毛にも大敵!髪の毛自体にダメージがあるとは思いませんが、髪の毛がバリバリになってしまい、指通りの良い髪の毛に戻るには数日かかります。髪の毛の長い人はお団子頭にしたりして気を付けましょう。

ブルーラグーンのチケットは公式ウェブサイトから購入できます。
http://www.bluelagoon.com/


2017年12月16日

観光客の増加に伴い、施設拡大や料金システムの変更など、変化の目まぐるしいブルーラグーンですが、2018年3月1日入場分より、チケットの種類が変わります。

2018年2月28日まで(現在のシステム) チケットの価格;時間により一定金額内で変動 チケットの種類:スタンダード、コンフォート、プレミアム、ラグジュアリーの4種類 一番安いスタンダードは、入場料のみのベーシックなチケットでした。もちろん顔パックなどはブルーラグーン受付で購入することもできます。
2018年3月1日より チケットの価格:時間により一定金額内で変動(現行と変わらずだと思います) チケットの種類:コンフォート、プレミアム、ラグジュアリーのみ。 スタンダードチケットがなくなり、タオルと1ドリンクのついたコンフォートチケットが一番安いチケットとなります。 また2月末まではコンフォートには珪藻マスクが含まれていましたが、3月以降はこれがなくなります。

3月以降の価格ですが、現行のそれぞれの料金より安い価格で設定されています。(2月末までのコンフォート8100クローナ、3月からのコンフォート6990クローナ)
時間帯によっても変動しますので、一概に高くなった安くなったということは言えませんが、とりあえず安く入浴したいという人は2月28日までに訪れるのがお勧めです。

ブルーラグーンの人気によりチケットの売り切れは続きそうですので、早めに予約するとよいでしょう。レイキャビクやケプラビーク国際空港発のブルーラグーン行きのツアーは多くありますが、ツアーよりブルーラグーンチケットが先に売り切れますので、まずはブルーラグーンのチケットを確保してください。

また、アイスランド北部に行かれる方は、ミーヴァトン・ネイチャーバスもお勧めです。
小さめですが、それでも十分に大きい露天温泉。鮮やか色のお湯が気持ちいですよ!
IMG_20170724_161635.jpg
こちらはミーヴァトンネイチャーバスの隣。入浴できませんが摩訶不思議な光景です。


2017年12月 6日

すっかり日の出も遅くなり、日没も早くなったアイスランド。
冬至に向けて短くなる日照時間が少し寂しい気分にさせますが、クリスマスのことを考えれば大丈夫!!

IMG_20171129_080119.jpg

長くて暗い冬を払いのけるかのように、アイスランドではクリスマスに向けてイルミネーションやデコレーションが始まっています。

特に週末にはクリスマスマーケットも開催されます。

レイキャビク・アート・ミュージアムでの展示販売

レイキャビクのダウンタウンにあるアートミュージアム。いくつかある中のHafnarhusという場所で、1日だけポップアップ・マーケットが開催されます。
アート感あふれる作品に出逢えるかもしれません。12月9日限定のマーケットです。お見逃しなく!


☆レンタカーの人向け。Heidmorkのクリスマスマーケット

レイキャビクの郊外、南海岸へ向けて伸びる国道1号線からHeidmork公園へ右折。しばらく砂利道を走ると、湖畔にある小さな建物があり、ここでクリスマスマーケットが開かれます。規模はそれほど大きくありませんが、アーティストたちが作った手作りの品が販売されており、製作者の顔を見て購入できる楽しみがあります。クリスマスツリーも販売されていて、自然の中でのマーケットが楽しめます。
時間があれば、湖畔を散歩してみるのもどうでしょうか。「木がない!」という印象のあるアイスランドですが、Heidmorkには豊かな森があります。

IMG_20171126_124744.jpg


ハプナルフィヨルズルのクリスマスマーケット

レイキャビクから車で20分ほどの場所にある町、ハプナルフィヨルズル。バスを使っても行けるこの町は、伝統を大切にする「妖精の町」。アイスランドの言い伝えや習慣を大切にする人が多く、古くからの趣のある港町の雰囲気があふれています。クリスマスマーケットは週末に開かれ、12月1日、18時にはクリスマスツリーの点灯式があります。

ほかにも、レイキャビク市庁舎でクリスマスの森というデコレーション(12月7日から)、アゥルバエル野外博物館での、クリスマス特別プログラムや、12月3日には国会議事堂脇のクリスマスツリーの点灯式もあります。

アイスランドのクリスマスや、大晦日・新年は一年でも一番盛り上がる時期。寒くて暗い冬に負けず、冬をお祝いしています。


2017年11月30日
2017年11月23日
2017年11月14日
2017年11月13日
2017年11月 6日
⇒すべての記事を見る

アイスランド旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アイスランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • レイキャヴィーク特派員

    レイキャヴィーク特派員
    尹 久奈
    2012年にアイスランド、レイキャヴィークに移住。アイスランド大学に通ったり、ホテルで働いた後、現在はGuide to Icelandという旅行会社で働いている。オフィスがレイキャヴィークのダウンタウンにあるので、メインストリートによく出没。コーヒーが大好きで、お昼休みには新しく出来たレストランやカフェをチェック。趣味は編み物とハイキング。 DISQUS ID @disqus_l6ojFtF8Ps

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集