海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ラトヴィア/リーガ特派員ブログ

ラトヴィア/リーガ特派員ブログ RIGAKO

ラトヴィア・リーガ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

 みなさんこんにちは。今日は、意外と知られていないリーガの日本ゆかりの地をいくつかご紹介します。ラトヴィアは今年で建国100年と比較的若い国ですが、この間に日本とこんな繋がりがあったのかと驚く方もいると思います。ぜひ、リーガ観光の際の参考にしてみてください。


1 戦争博物館の日章旗


01 War museum.jpg

 最初にご紹介するのは、リーガ旧市街にあるレンガ造りの「ラトヴィア戦争博物館」。ここには日本とラトヴィアの隠された関係を示す日の丸が展示されています。これは、1940年代後半、サハリン抑留中の日本人兵士を助けたお礼にとラトヴィア軍医・ブリウクス氏に贈られたものです。「祈武運長久」という文字と日本軍捕虜41名の署名が入ったこの日章旗は黒パンの中に挟んで密かに持ち運ばれ、40年以上もの間隠されたままだったそうです。

02 War museum 2.JPG

 13世紀初頭のドイツ人によるリーガ侵攻・都市建設に始まり、リヴォニア戦争、大北方戦争、第1次・第2次世界大戦、そしてもちろん独立闘争…と戦争なしには語れないラトヴィアの歴史。そんな戦争の歴史の一部に日本人とラトヴィア人の友情にまつわるエピソードがあるのは何とも不思議な縁を感じます。こちらの戦争博物館は、特に20世紀の軍事品や写真・文書などのコレクションが充実しています。要塞の一角として14世紀に建てられた火薬塔も見どころです。

+*+*+*+

ラトヴィア戦争博物館(Latvijas Kara muzejs)

・開館時間 4月~10月:10:00~18:00、11月~3月:10:00~17:00

・入場料 無料

・住所 Smilšu iela 20, Rīga

・ウェブサイトはこちら

+*+*+*+


2 ブラックヘッド・ハウス

03 House of blackheads.jpg

 次は、リーガ旧市街でひと際目を引く「ブラックヘッド・ハウス」。主にドイツ人商人、その中でも独身男性だけが入会できたというギルドの会館で、1334年の建設当初は商人が扱うワインやはちみつ、穀物、リネンなどの保存場所として使われていました。17世紀までは女性が建物に入ることすら禁じられていたそうです。やがてダンスホール、コンサート会場、レセプション会場として開放されるようになり、2012年~16年までは大統領官邸としても機能していました。

04 House of blackheads.jpg

 外国から要人が訪れた際は、ほぼ毎回このブラックヘッド・ハウスでイベントがあります。日本の場合も同様で、「歴史の間(Historical Cabinet)」の入り口には2007年に天皇・皇后両陛下がブラックヘッド・ハウスを訪問された際の記念写真が飾られています。また、2018年1月には安倍総理もここを訪問し、祝賀ホールで昼食会が開かれました。

桃井かおりさん主演映画「ふたりの旅路」でも、夜のブラックヘッド・ハウスと市庁舎前広場が映るシーンがあり、独特の印象を与えています。

+*+*+*+

ブラックヘッド・ハウス(The Black Heads House/Melngalvju nams

・開館時間 火曜~日曜11:00~18:00

・入場料 大人6ユーロ 子ども3ユーロ(学生・シニア割引あり)

・住所 Ratslaukums 7, Riga, Rīga

・ウェブサイトはこちら

+*+*+*+


3 神戸クロック

05 Kobe clock.JPG

 そして、知る人ぞ知る「神戸クロック」。リーガ市の姉妹都市である神戸市から1993年に贈られた時計台で、上の時計はラトヴィア時間、下の時計は神戸の時間を示しています。

 リーガ市と神戸市は1974年から姉妹都市関係にあり、リーガ市は阪神淡路大震災の翌年、傷ついた子どもたちのためにリーガ動物園にいたメスの象「ズゼ」を贈ったことがあります。姉妹都市関係樹立40周年にあたる2014年には両都市の市長が相互に訪問するなど、リーガ市と神戸市の温かい関係は今でも続いています。

06 Academy of art.jpg

 神戸クロックは新市街の「ラトヴィア芸術アカデミー」の角にあります。荘厳なゴシック建築が美しいアカデミーの建物も併せて眺めたいポイントです。


4 ウズヴァラス公園の桜

07 Uzvaras parks.jpg

 最後にご紹介するのは、ダウガヴァ川を挟んで旧市街の反対側にあるウズヴァラス公園(勝利公園:Uzvaras parks)。この公園には2012年に在ラトヴィア日本大使館が寄贈した桜の木が植えられており、市民の憩いの場となっています。

 ここの桜が満開になるのは毎年4月下旬~5月上旬頃。この時期になるとたくさんの見物客で溢れます。ラトヴィアでは公共の場での飲酒が禁止されているのでお酒を飲みながらのお花見はできませんが、ピクニックをしたり、写真を撮ったりして楽しむのは万国共通のようです。

08 Uzvaras parks 2.jpg

 ラトヴィアと日本はこれからもきっとたくさんの繋がりを築いていくことでしょう。「日本ゆかりの場所」はリーガ以外にもありますが、それはまた今度紹介させていただきます。

+*+*+*+

 リーガの最新情報はこちら からも発信しています。Instagramはこちら 、Facebookはこちら からどうぞ。

+*+*+*+


2018年7月 6日

01 main dance.JPG

 みなさんこんにちは。5回目の今日は、今週末ついに幕開けとなるラトヴィアのビッグイベント「歌と踊りの祭典」のスケジュールをご紹介します。無料で参加・観覧できるイベントもありますので、チケットが買えなかった方も必見です!

02 Dance.JPG「歌と踊りの祭典」について

 「歌と踊りの祭典」はラトヴィア独立前の1873年に開かれた歌の祭典を起源とする全国的な行事です。5年に1度開催されており、2003年にはUNESCOの無形文化遺産にも登録されました。ソ連による占領時代はそのイデオロギーに捧げる歌もあったようですが、行事を開催すること自体は許され、ラトヴィア人の歌う伝統、踊る伝統が今日まで維持されてきました。

 今年2018年はラトヴィアの独立100周年にあたる記念すべき年。約4万人の参加が見込まれています。

 祭典の期間中は歌と踊りに限らず様々なコンサートやワークショップ、クラフトマーケットなども開かれます。

03 singing.jpg

「歌と踊りの祭典」スケジュール

●日にち:2018年6月30日(金)~7月8日(日)まで

●場所:リーガ市内:森林公園(Mežaparks・メジャパルクス)、ダウガヴァ・スタジアム(Daugavas stadions)、その他市内の教会・公園など

 以下では☆=無料イベント、★=有料イベントの一部を紹介します。

+*+*+*+

6月30日(土)

  • ☆10:00~23:00 合唱コンクール・ファイナル「Battle of the Songs」(無料)

 場所:ラトヴィア大学グレート・ホール

7月1日(日)

  • ☆8:30~9:00 フラッグ・セレモニー(無料)

 場所:リーガ・ラトヴィア人協会(Riga Latvian Society House)

  • ☆10:00~22:00 クラフト・フェア、オープン・コンサートなど(無料)

 場所:ヴェールマネ公園(Vērmanes Garden)、エスプラナーデ公園(Esplanade Park)

  • ☆10:00~11:00 チーフディレクター・指揮者に捧げる式典(無料)

 場所:歌の祭典広場(ヴィエストゥル公園Viesturdārzs)

  • ☆14:00~21:30 祝賀行進(無料)

 場所:自由の記念碑(Freedom Monument)~スコント・ホール(Skonto Halle)

7月2日(月)

  • ☆10:00~22:00 クラフト・フェア、オープン・コンサートなど(無料)

 場所:ヴェールマネ公園(Vērmanes Garden)、エスプラナーデ公園(Esplanade Park)

  • ☆10:00~16:00 World Latvian Dayカンファレンス(無料)

 場所:リーガ・ラトヴィア人協会(Riga Latvian Society House)

  • ☆11:00~22:00 ヴォーカル・アンサンブル・コンテスト(無料)

 場所:スモール・ギルド(Small Guide)

  • ☆14:00~22:00 ラトヴィア・アマチュア演劇パフォーマンス(無料)

 場所・ヴェールマネ公園(Vērmanes Garden)

  • ☆18:00~19:30 シニア合唱団コンサート(無料)

 場所:エスプラナーデ公園(Esplanade Park)

7月3日(火)

  • ☆10:00~22:00 クラフト・フェア、オープン・コンサートなど(無料)

 場所:ヴェールマネ公園(Vērmanes Garden)、エスプラナーデ公園(Esplanade Park)

  • ☆11:00~20:00 ラトヴィア・アマチュア演劇パフォーマンス(無料)

 場所・ヴェールマネ公園(Vērmanes Garden)

7月4日(水)

  • ☆10:00~22:00 クラフト・フェア、オープン・コンサートなど(無料)

 場所:ヴェールマネ公園(Vērmanes Garden)、エスプラナーデ公園(Esplanade Park)

  • ☆19:00~20:30 吹奏楽団コンサート(無料)

 場所:リーガ市内の各教会(Our Lady of Sorrows, St. Jacob Cathedral, St. Martin’s Church, Church of Jesus, Church of Luther in Torņakalns, St. Gertrude New Church)

  • ☆19:00~21:00 マイノリティー・アンサンブル音楽コンサート

 場所:旧ゲルトゥルーデ教会(Riga’s Old St. Gertrude Evangelic Lutheran Church)

7月5日(木)

  • ☆10:00~22:00 クラフト・フェア、オープン・コンサートなど(無料)

 場所:ヴェールマネ公園(Vērmanes Garden)、エスプラナーデ公園(Esplanade Park)

  • ☆12:00~22:00 民族衣装・伝統などの紹介イベントMorning Dawns(無料)

 場所:ヴェールマネ公園(Vērmanes Garden)

  • ☆12:00~22:00 ラトヴィア・アマチュア演劇パフォーマンス(無料)

 場所:ダイレ劇場(Dailes Theatre)

7月6日(金)

  • ☆10:00~22:00 クラフト・フェア、オープン・コンサートなど(無料)

 場所:ヴェールマネ公園(Vērmanes Garden)、エスプラナーデ公園(Esplanade Park)

  • ☆11:00~00:00 フォークミュージック・アンサンブル(無料)

 場所:ヴェールマネ公園(Vērmanes Garden)

  • ☆12:00~22:00 ラトヴィア・アマチュア演劇パフォーマンス(無料)

 場所:ダイレ劇場(Dailes Theatre)

  • ☆17:00~22:30 吹奏楽団コンサート(無料)

 場所:エスプラナーデ公園(Esplanade Park)

  • ☆22:00~00:30 民俗弦楽器クヮクレ・コンサート(無料)

 場所:リーガ大聖堂(Rīga Cathedral)

  • ★22:00~00:30 「踊りの祭典」(有料、チケット完売)

 場所:ダウガヴァ・スタジアム

7月7日(土)

  • ☆10:00~22:00 クラフト・フェア、オープン・コンサートなど(無料)

 場所:ヴェールマネ公園(Vērmanes Garden)、エスプラナーデ公園(Esplanade Park)

  • ☆11:00~21:00 フォークロア・イベント”Sings Together”(無料)

 場所:ヴェールマネ公園(Vērmanes Garden)

  • ★12:00~18:00 フォークロア・イベント”Build Tall Doors for the Bride”(博物館入場料)

 場所:ラトヴィア民族野外博物館(Latvian Ethnographic Open-air Museum)

  • ☆12:30~16:00 ヴォーカル・アンサンブル・ストリートコンサート(無料)

 場所:リーガ旧市街(屋外)

  • ★20:00~00:00 「歌の祭典」ファイナルコンサート・リハーサル(有料、チケット完売)

 場所:森林公園野外ステージ

  • ★22:00~00:30 「踊りの祭典」(有料、チケット完売)

 場所:ダウガヴァ・スタジアム

7月8日(日)

  • ☆10:00~22:00 クラフト・フェア、オープン・コンサートなど(無料)

 場所:ヴェールマネ公園(Vērmanes Garden)、エスプラナーデ公園(Esplanade Park)

  • ★20:00~00:00 「歌の祭典」ファイナル・コンサート&フィナーレ(有料、チケット完売)

 場所:森林公園野外ステージ

05 clothes.jpg

 残念ながらメイン・イベントのチケットは発売初日に完売してしまいましたが、上でご紹介した通り無料イベントが目白押しで、この1週間はリーガ中がお祭りムードになること間違いなしです。この時期にラトヴィアに来られる方、こんなチャンスはなかなかないので、是非祭典をお楽しみください。より詳しいスケジュールはこちらでご覧になれます。

+*+*+*+

 リーガの最新情報はこちらからも発信しています。Instagramはこちら、Facebookはこちらからどうぞ。

+*+*+*+


2018年6月29日

 Labdien! 第4回の今日は、ラトヴィアから日本への郵便物の送り方をご紹介します。

 ラトヴィアからはがきを出したいとき、買い過ぎてしまったお土産の一部を日本に送りたいときなどは郵便局を利用するのが便利です。
01 Latvijas pasts.jpg

 ラトヴィアの郵便局(Latvijas Pasts:ラトヴィヤス・パスツ)は青地にオレンジ色の封筒の看板が目印。リーガ旧市街から歩いて行ける距離にも3、4か所あります。最寄りの郵便局はこちらから検索できます。

02 Waiting card.jpg

 リーガ市内の大型郵便局では入り口に番号札の発券機が置かれています。手紙や荷物を送りたいときは「Sūtījumu nosūtīšana(発送)」、切手やポストカードだけ買いたいときは「Pastmarkas, preces(切手、グッズ)」と書いてあるところにタッチして番号札を受け取ります。各サービスの横に表示されている数字は、順番待ちをしている人の数を表しています。

03 Inside of post office.jpg

 郵便局の中には電光掲示板があり、順番が来ると受付窓口の番号とともに表示されます。サービスごとに窓口が違い、混んでいるときは自分の順番がなかなか来ないように感じることもありますが、順番通りに対応してくれるので根気よく待ちましょう。その間、郵便局の中をちょっと見渡してみてください。ポストカード、キーホルダー、マグネットなどのちょっとした土産物が手頃な価格で売られているので、これらを眺めているうちに時間が早く過ぎるかもしれません。

04 Souvenir.JPG

 日本に荷物を送る場合、国際郵便用の税関申告書に記入しなければなりません。税関申告書は郵便局内の壁際に置かれている場合と、窓口で直接もらう場合があります。リーガ市内の郵便局では英語が通じることが多いですが、通じない場合は「Uz Japānu(ウズ ヤパーヌ=日本へ)」と言って記入用紙をもらいましょう。

 重量が2kg未満かつ内容品の合計価格が35ユーロ以下の場合、白い税関申告書に記入します。2kg未満・35ユーロ以下であっても医薬品など特別な品物を送る場合は赤いフレームの用紙、重量と金額がそれを上回る場合はグレーのフレームの用紙に記入します。内容品の価格が35ユーロ以下の場合、日本への送料は重さに応じて以下のように定められています。

 *

 50g未満 1.99ユーロ
 100g未満 2.13ユーロ
 250g未満 3.70ユーロ
 500g未満 6.55ユーロ
 1kg未満 10.96ユーロ
 2kg未満 20.35ユーロ

 *

 内容品の価格が35ユーロを超える場合、1kg未満の貨物の送料は一律で19.05ユーロ(早便)または17.99ユーロ(遅便)となり、それ以降は1kgごとに料金が上がります。

05 Application for shipment abroad.jpg

 窓口では荷物の中身を確認されるので、段ボールや封筒は閉じずに持って行きましょう。割れ物(ガラス製品など)や液体類(はちみつ、ビール等)は送れないので注意が必要です。段ボールは窓口でも買えます。送料の支払いを終えると追跡番号が入った税関申告書のコピーが手渡されます。ラトヴィアで受付を終えた荷物はこちらに番号を入力すると追跡できます。また、それから数時間経つと日本の郵便局の個別番号検索でも追跡できるようになります。

 記念切手を買いたいに方は、リーガ中央駅のショッピングセンター「ORIGO」内にある郵便局がオススメです。いろいろな切手がガラスケースの中にディスプレイされているので、お気に入りの切手がきっと見つかることでしょう。最近発行されたものでは、2017年に全仏オープンで初優勝したラトヴィアが誇る女子テニスプレーヤー・オスタペンコの切手や、2018年の独立100周年を記念して発行されたラトヴィアの地図をかたどった切手が人気です。

06 stamps.jpg

 旅先から手紙や荷物を受け取るのはとっても嬉しいもの。はがきを1枚出すだけならそれほど難しくないので、是非郵便局に足を運んでみてください。

+*+*+*+

◆Latvijas Pasts(ラトヴィア郵便本社)
住所 Ziemeļu iela 4, Rīga
電話番号 +371 67 008 001
HP https://www.pasts.lv/en/

◆Sakta郵便局(リーガ旧市街から一番近い郵便局)

住所 Brīvības bulvāris 32, Rīga
営業時間 月~金7:30~19:00、土9:00~15:00
休業日 日・祝

◆Rīga-50郵便局(リーガ中央駅のショッピングセンターORIGO内にあり、年中無休)

住所 Stacijas laukums 2
営業時間 月~金7:00~21:00、土9:00~20:00、日・祝10:00~20:00

+*+*+*+

 リーガの最新情報はこちらからも発信しています。Instagramはこちら、Facebookはこちらからどうぞ。

+*+*+*+


2018年6月25日
2018年6月19日
2018年6月 9日
2018年5月28日
2015年9月16日
⇒すべての記事を見る

ラトヴィア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ラトヴィアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • リーガ特派員

    リーガ特派員
    RIGAKO
    リーガ在住5年目のアラサー女子。2018年に自力でラトヴィア就労ビザを取得し、現在は通訳・ガイド・輸入代行・日本語教師までこなす何でも屋。観光客がなかなか訪れないようなディープなラトヴィアを発見すべく、英語・ロシア語・たまにラトヴィア語を駆使して日々開拓している。ラトヴィアの風景や政治・経済・社会事情などを紹介するポータルサイト「LatviaPortal」管理人。
    Instagramはこちら、Facebookはこちらから。 DISQUS ID @disqus_pIhflHg7W1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集