海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/ローマ特派員ブログ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

イタリア/ローマ特派員ブログ 阿部 美寿穂

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

前回に引き続き、プレゼピオのみの”プレゼピオ集”をお届しています!
以前、12月~1月にかけてのローマの町のクリスマスツリーやイルミネーションの様子をご紹介しましたが、クリスマスの期間はツリーと一緒にプレゼピオ(キリスト降誕の場面を人形で再現した模型)も飾られます。そんなプレゼピオのみを3回(その1その2)に渡りまとめました。プレゼピオは飾られている施設名のアルファベット順にご紹介しています。現地でのイタリア語名も表記しますので、ご訪問される際のご参考にどうぞ。


Santa Prassede 1.jpg

↑ サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の近くにあるサンタ・プラセーデ教会(Basilica di Santa Prassede)です。「天上の園」と呼ばれる中世(9世紀)の金ぴかの黄金のモザイクの礼拝堂があることで有名な教会です。プレゼピオは教会の奥にありました。


Santa Prassede 2.jpg

↑ 苔の洞窟をバックにリアルに作られた人形が本当に美しいプレゼピオです!


Santa Prassede 3.jpg

↑ キリストのお母さんのマリア様、そしてとても凛々しいお父さん(聖ジュセッペ)です。衣装も端正に布で作られていました。


S.S in Capite 1.jpg

↑ 続いて、ローマの郵便局の本庁があるサン・シルヴェストロ広場です。この大きな郵便局はスタッフも親切で頼りになるので、面倒な問題がある場合は小さな郵便局は回避し、直接こちらへ行かれると良いです。広場はスペイン広場から徒歩10分で、郵便局の営業時間は月~土曜日は8時20分~19時5分です。日曜日はお休みです。

その郵便局にぴったりくっ付いた真隣にあるのがサン・シルヴェストロ・イン・カピテ教会(Chiesa di San Silvestro in Capite)です。8世紀に建てられた小さな歴史ある教会は美しいです。中に入ってプレゼピオを探すと、右身廊の中央に展示されていました。展示場所は教会によって様々です。


S.S in Capite  2.jpg

↑ ここのプレゼピオは植物が全部本物です! 苔を食む羊の配置や、藁で丁寧に作られた小屋などに作られた方の愛情を感じました。


Divino Amore 1.jpg

↑ 次はローマの南のやや郊外にあるサンクチュアリ(聖域)・デヴィーノ・アモーレ教会(Santuario della Madonna del Divino Amore / Sanctuary of Our Lady of Divine Love)です。ローマっ子は略して”ディヴィーノ・アモーレ”と呼びます。教会は大き目なのでプレゼピオも大きなものでした。


Divino Amore 2.jpg

↑ こちらのプレゼピオを見に訪れた時はまだ11月でしたので、藁の上にはまだ赤ちゃんキリストはいません。やって来るのはこれからです!

参考記事:2016年10月31日号 ローマっ子のサンクチュアリ(聖地)、聖母マリア様のディヴィーノ・アモーレ教会こちら


⇒続きを読む"年末年始にローマに展示されたかわいいプレゼピオのまとめ!最終回"

2017年3月 6日

前回に引き続き、プレゼピオのみの”プレゼピオ集”をお届しています!
以前、12月~1月にかけてのローマの町のクリスマスツリーやイルミネーションの様子をご紹介しましたが、クリスマスの期間はツリーと一緒にプレゼピオ(キリスト降誕の場面を人形で再現した模型)も飾られます。そんなプレゼピオのみを3回(その1最終回)に渡りまとめました。プレゼピオは飾られている施設名のアルファベット順にご紹介しています。現地でのイタリア語名も表記しますので、ご訪問される際のご参考にどうぞ。


S.M degli Angeli 1.jpg

↑ 共和国広場(Piazza della Repubblica)にあるサンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会(Basilica di Santa Maria degli Angeli)です。1566年にルネサンスの三大巨匠の一人、ミケランジェロによりディオクレティアヌス帝の浴場の遺跡を利用して建てられた大きな聖堂です。浴場のカルダリウム(Caldarium 高温浴室)の遺構を利用している為、外観は廃墟風の不思議な感じのファサードになっています。内部に入ると、聖具室の入口近くにプレゼピオがありました。


S.M degli Angeli 2.jpg

↑ 大きめで端正に作られたプレゼピオです!


S.M degli Angeli 3.jpg

↑ 何となく愉快な感じもします。


S.M degli Angeli 4.jpg

↑ プレゼピオのほぼ中心部に聖家族がいました。マリア様が赤ちゃんキリストを抱いています。


Aracoeli 1.jpg

↑ 続いて、カンピドーリオの丘のローマ市庁舎の横のサンタ・マリア・イン・アラチェリ教会(Basilica di Santa Maria in Aracoeli)です。ゲッセマネのオリーブの枝から作られた聖幼子様は、ローマでは古くから奇跡をおこす像として深く信仰されています。国内では「ローマの幼子様へ」と書くだけで郵便も届きます。毎年この時期になると幼子様は教会の奥にある自分のお部屋(聖具室)から出て、プレゼピオの一員となられます!今年は、幼子様は盗難防止の為にコピー像となっていました。


Aracoeli 2.JPG

↑ こちらは通常時のご自分の祭壇にいらっしゃる幼子様です。
参考記事:2014年2月28日号 願いがあればぜひ!奇跡をおこすローマの幼子様 in サンタ・マリア・イン・アラチェリ教会。こちら


S.M.P.P 1.JPG

↑ ポポロ広場に近い、リペッタ通りにあるサンタ・マリア・ポルテ・パラディージ教会(Chiesa di Santa Maria Portae Paradisi)です。正面には国立の美術学校、アカデミア・ディ・ベッレ・アルティがあります。とても小さな教会なので、プレゼピオも小さくかわいらしいものでした。



⇒続きを読む"年末年始にローマに展示されたかわいいプレゼピオのまとめ!その2"

2017年2月28日

大変遅くなりましたが、プレゼピオのみの”プレゼピオ集”が完成致しました!
前回の記事では、12月~1月にかけてのローマの町のクリスマスツリーやイルミネーションの様子をご紹介しましたが、クリスマスの期間はツリーと一緒にプレゼピオ(キリスト降誕の場面を人形で再現した模型)も飾られます。

昨今では日本でも多種多様なプレゼピオが販売されている為、クリスマスになると室内に飾る人も多い様ですね。ローマではプレゼピオは主に、教会、広場、ホテルなどに飾られています。設置される時期は施設によってまちまちですが、大方12月に入るとぼちぼち展示され始め、毎年1月いっぱい(1月31日頃まで)は飾っている施設が多いです。

写真の枚数が多くなりましたので、その1、その2その3(最終回)に分けてお送りしたいと思います。また、画像の方を多く、解説は少な目にします。飾られている施設本体のご説明は過去に掘り下げている記事がある場合、リンクを張りますのでそちらもご参照下さい。
また、プレゼピオは飾られている施設名のアルファベット順にご紹介して行きます。現地でのイタリア語名も表記しますので、ご訪問される際のご参考にどうぞ。


Santantonio 3.jpg

↑ それでは一ヶ所目は、アルファベット順でAから始まるサンタントニオ・ダ・パドヴァ教会(Basilica di Sant’Antonio da Padova)です。教会の後ろのスペース全部が使われている大胆なプレゼピオです!バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂のクーポラの写真を背景に、聖家族の幼子キリスト、マリア様、聖ジュセッペがいます。


Santantonio  1.jpg

↑ 赤ちゃんキリストはマリア様の膝の上にいました。


Santantonio 2.jpg

↑ この教会は”日本人を描いた絵”を祭壇画として祀っている教会でもあります。このことは現地でもほとんど知られていません。

参考記事:2013年11月6日号【教会No.3】ローマの日本人の殉教者に捧げた礼拝堂のある教会。こちら

2014年9月22日号 教会や大聖堂の見学(美術・芸術作品などの鑑賞のため)をする前に知っておいた方が良いこと! こちら


San Gregorio al Celio 1.jpg

↑ 続いて、チェリオの丘の呼び鈴を押さないと入れないサン・グレゴリオ教会(Chiesa di San Gregorio al Celio)です。普通、聖堂は道に面した入口からすっと内部に入れる所が多いですが、こちらはまず教会の中庭に入り、庭に面した一つの事務所のチャイムを押すと人が出て来てドアを開けてくれる形です。その入口から建物内部に入り、廊下を歩いて突き当りまで行くと左側に教会へアクセスする入口があります。グレゴリウス1世は四大ラテン教父の一人で、グレゴリオ聖歌などでその名を知られています。


San Gregorio al Celio 2.jpg

↑ 赤ちゃんキリストに話しかけるかの様なお父さん(聖ジュセッペ)。奥にお母さん(マリア様)が見えます。


San Gregorio al Celio 3.jpg

↑ こちらの教会のプレゼピオは、水が噴射し水車が回る大変手の込んだものです。水は蒸発してしまうので定期的に注入しなければいけない為、訪れた時は教会の人達がちょうどバケツで水をプレゼピオの下の装置内に補給している所でした!


S.G in Laterano 1.JPG

↑ 帽子を被っているし、登場人物の服装が??と思っていて見ていたら「今年はメキシコ風なのよ」と教会の人に教えてもらったサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂(Basilica di San Giovanni in Laterano)のプレゼピオです。左右にたくさんある礼拝堂の左身廊の一つに飾られていました。


S.G in Laterano 2.JPG
⇒続きを読む"年末年始にローマに展示されたかわいいプレゼピオのまとめ!その1"

2017年2月28日
2017年2月18日
2017年2月 7日
2017年1月31日
2017年1月31日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ロンドンイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストバルカン半島フィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ