海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/ローマ特派員ブログ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

イタリア/ローマ特派員ブログ 阿部 美寿穂

イタリア・ローマ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

昨日の日曜日に、街中を古代ローマ人に扮した仮装行列が通ったので見て来ました。


IMG_20170423_215317_272.jpg

↑ 晴天の下、ローマ兵に扮した仮装行列が通行中です!写真中央に見えるのは、柱廊の壁に真実の口があるサンタ・マリア・イン・コスメディン教会です。ファサードを修復している為、足場がかかっています。


ローマの建国は紀元前753年4月21日で、先日4月21日(金)にローマは2770回目のお誕生日を迎えました。数日間に渡り、連日市内各所で多くのイベントが開催されていましたが、それらのイベントの一つとして仮装行列は行われました。仮装行列は毎年「ローマの歴史グループ Gruppo Storico Romano」によって開催されています。

IMG_20170423_233332_129.jpg

↑ 仮装行列の出発は、予定では11時15分にチルコ・マッシモからと言うことでした。そこでチルコ・マッシモへは、コロッセオの前を通過して行くことにしました。こちらは、コロッセオ前のコンスタンティヌス帝の凱旋門です。手前に丘があるので門の下半分は見えていません。パリのエトワール凱旋門など世界にある凱旋門のモデルとなった、315年完成の古代の門です。イタリアの春は野の花がとても綺麗です。ピンク色の花は、ハーブのマルヴァ(ウスベニアオイ)です。


IMG_20170424_175715_289.jpg

↑ コロッセオのすぐ隣のパラティーノの丘の遺跡の入場入口です。日曜日の午前中と言うこともあり、沢山の人がいました。とは言っても、多くのツアーが集合時間にこちらで待ち合わせをしているだけで、全員が列に並んでいる訳ではないのでご心配はいりません。

このパラティーノの丘とフォロ・ロマーノ、コロッセオの世界遺産は、2日間有効の2ヶ所共通入場券となっています。フォロ・ロマーノとパラティーノの丘は2つで一つの遺跡と見なされ、どちらか一ヶ所しか見学していなくても、一度出口から出てしまうとこれらの2施設には再度入場出来なくなります。共通券の切符売り場は、それぞれの施設に1~2ヶ所ずつあります。一番混んでいない窓口で切符を購入し、入場入口の列が短そうな場所から観光を始めるのがポイントです。


IMG_20170424_174316_566.jpg

↑ チルコ・マッシモに到着しました!行列は出発を待っています。この後、チルコ・マッシモを出て、写真右奥の方向へ進んで行きます。


IMG_20170424_174419_539.jpg

↑ ちなみにこのほぼ正面(写真中央)が、先日ご紹介したバラの谷があるローマ市営バラ園です。

2017年4月22日号 今日からローマ市営バラ園「バラの谷」が開園です!(6月18日まで) こちら



⇒続きを読む"【ローマ建国 2770th 記念】古代ローマ人のパレードを見て来ました!"

2017年4月25日

昨日(4月21日)からバチカン市国のバチカン博物館が毎週金曜日は夜間開放することになりました。夜も見学出来るとなると、その分、日中は他の観光スポットを多く廻れますのでとても良いと思います。この夜の特別オープンは、今年は2770回目を迎えるローマのお誕生日(ローマ建国:紀元前753年4月21日)の日からスタートとなります!

ローマのお誕生日の見所⇒

21~23日にかけて、市内各所でローマ建国を祝う44のイベントが開催されます。23日の日曜日は、ローマ人に扮した仮装行列が午前11時15分にチルコ・マッシモより出発し、フォーリ・インペリアーリ通りを練り歩きます。特にフォロ・ロマーノやコロッセオのあるこの通りの周辺では、遺跡をバックにローマ人達の良い写真が撮れます。


IMG_20170301_012557_716.jpg

↑ バチカン博物館の出口の巻き巻き階段(1932年)です。大昔は入口でしたが、今は出口となっています。

ところで、バチカン博物館の見学ルートの最後の方に出て来る、システィーナ礼拝堂にあるショートカット用の出口から出てしまうとこの場所は通りません。これは礼拝堂から直接サン・ピエトロ大聖堂へ抜ける出口です。かたつむり階段を思う存分楽しみたい方は、博物館の途中でリタイア(?)せず、最後までお進み下さい。
と言うのは、システィーナ礼拝堂で他のツアー団体客などに混じってこの右側の出口から出てしまう方が多く、「ミズホさんの言うかたつむり階段を見ませんでしたが、どこにあったのですか?!」「実は博物館を最後まで見ていないことに日本に帰ってから気付きました・・・。」という報告を時々いただくからです。また、現地の旅行会社等が催行しているバチカン博物館ツアーは、時間に制約がある為か、かたつむり階段を通らないこともある様です。

参考記事:

2014年9月7日号 ヴァティカン博物館の入場前に知っておいた方が良いこと!!こちら



⇒続きを読む"バチカン博物館は金曜日は夜も見学可になります!(10月27日まで)"

2017年4月23日

今年も今日(4月21日)から入場無料のバラの谷、ローマ市営バラ園が開園しました!
アヴェンティーノの丘の斜面を利用したバラ園には1.100種類のバラが植栽され、開花がピークの時期には園内にいるだけで体がバラの香りに包まれます。この中には、花弁が緑色のバラや、学名”Rosa Chinensis Mutabilis” という花の色が少しずつ変化していくもの、”Rosa Foetida” という悪臭がするバラなどの変わった品種もあります。


Roseto 1.jpg

↑ 毎年バラ園のオープンは、ローマのお誕生日(ローマ建国:紀元前753年4月21日)の日に合わせてあります。2770回目を迎える今年は、本日21日から23日にかけて、連日市内で44のイベントが開催されます。23日の日曜日は、ローマ人に扮した仮装行列が午前11時15分にチルコ・マッシモより出発します。特に行列が通るフォーリ・インペリアーリ通り周辺では、遺跡をバックにローマ人達の良い写真が撮れます。前出の通りには12時頃に到着の予定です。


Roseto 2.jpg

↑ 写真奥に見えているのは、真実の口が柱廊の北側の壁に貼りついているサンタ・マリア・イン・コスメディン教会の鐘楼です。口に挟まれに行ったついでにバラ園に立ち寄るのも良いと思います!

Roseto 3.jpg

↑ オープン間もないので、バラもまだ蕾のものが多いです。しかし植物の緑色が目に優しく、気持ちの良いところです。



⇒続きを読む"今日からローマ市営バラ園「バラの谷」が開園です!(6月18日まで)"

2017年4月22日
2017年4月20日
2017年4月15日
2017年4月12日
2017年4月10日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ロンドンイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ