海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/埼玉特派員ブログ

日本国内にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

日本国内/埼玉特派員ブログ シェビーズ

日本国内・埼玉特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

こんにちは、シェビーズです。
今日紹介させていただくのは埼玉の観光名所、長瀞です。
S_6408282443731.jpg

長瀞は車でも電車でも都内から2時間ほどで行けて、それでいて山や渓谷が広がる風光明媚な場所です。
また、春は桜、夏は川下り、秋は紅葉と四季を通じて楽しめる観光地です。
私が今回紹介するのは夏の長瀞。

長瀞駅から岩畳へと続く”長瀞岩畳通り”には、お土産屋や食事処がいっぱい、見て歩くだけでも楽しいです。
S_6408282437919.jpg

200mほど続く岩畳通り商店街を抜け、階段を降りると目の前に岩畳が広がります。

S_6408282443731.jpg

長瀞の岩畳は国指定の名勝・天然記念物に指定されています。

目の前をライン下りの船が過ぎて行きます。
S_6408282449602.jpg

ライン下りは、こちらの岩畳から高砂橋まで下る約3kmのコース(大人1600円.小人800円)、上流の長瀞ウォーターパークから岩畳までの3kmコース(料金同)、さらには、長瀞ウォーターパークから高砂橋までの約6kmのコース(大人3000円.小人1400円)の3コースがあります。

昼食のお勧めは旨い蕎麦の店、丹一
S_6408282458823.jpg

商店街の一番岩畳寄りのところにあります。

長瀞のある秩父地方は、山に囲まれ清流に恵まれた県内屈指の蕎麦処です。

竹の木陰が涼しいテラス席に座って蕎麦を満喫。
S_6408282465551.jpg

とろろ蕎麦とまいたけ天ざるをいただきましたが、どちらも喉越しが良く、とても美味しかったです。
S_6408282471064.jpg

蕎麦のあとは阿左美冷蔵のかき氷。
阿左美冷蔵のように天然氷の蔵元が直営しているかき氷屋は全国でも指を数える程しかありません。冬の間、自然の寒さの中で時間をかけて作られた天然氷は絶品で、県外からわざわざ足を運ぶ人も少なくないです。

阿左美冷蔵寳登山道店は長瀞駅の反対側の宝登山に行く途中にあります。駅から徒歩10分ほどです。私が訪れたのは夏の平日でしたが、なんと1時間待ちの長蛇の列、この日は時間も無かったので入店を断念。
その代わり、長瀞駅の周りには直営ではありませんが阿左美冷蔵の天然氷を使ったかき氷を出すお店はいくつかあって、そちらでかき氷をいただきました。店先に阿左美冷蔵の氷旗が出ているのですぐに解りますよ。
S_6408282506113.jpg

きめ細やかでふわふわの氷、確かに美味しいてす。直営のお店はさらに美味しいのでしょうね、ぜひ一度食べてみて下さいね。

長瀞から上長瀞まで歩いて行くことが出来ます。

途中、狭い車道があって、車通りが若干多く歩きづらいところがありますが…
S_6408282476258.jpg

すぐに木々に囲まれた遊歩道に入ります。
S_6408282484337.jpg
30分ほど歩くと長瀞の上流に出ます。
S_6408282497600.jpg

先ほどの長瀞と比べると川の流れがかなり早く、目の前をラフティングのボートが何台も過ぎて行きます。
S_6408282502919.jpg

この辺りの上長瀞は、聖地と言われるくらいラフティング盛んで、他にもカヌーやオートキャンプなど、アクティブなアウトドア施設が充実してます。先ほどの土産物屋が並ぶ長瀞とはまた違った雰囲気が楽しめます。

以上、夏の長瀞の紹介でした。
蕎麦にかき氷、川下りにラフティング、オートキャンプなど、夏に楽しめる要素が盛りだくさんの長瀞、ぜひ一度行かれてみて下さいね。


2017年7月19日

こんにちは、シェビーズです。今回紹介させていただくのは埼玉県行田市にある古代蓮の里です。
古代蓮の里は「古代蓮」と「田んぼアート」で有名な公園です。
S_6377564044946.jpg

古代蓮は、行田市内での建設工事の際に1400年〜3000年前と推測される蓮の種が現場の池で自然発芽し開花したものです。
そして古代蓮の里は、古代蓮の自生する付近に1992年から2000年にかけて整備された公園です。

駐車場の料金は一日500円ですが2時過ぎは無料。理由は、蓮の花は午前中に開いて午後2時位には閉じはじめてしまうからだそうです。
蓮の花を観に行かれる際はご注意くださいね。
蓮の花は6月〜8月が見頃、ちなみに私が訪れたのは7月9日(日)の午後2時半です。

こちらが園内案内図
S_6377563733541.jpg
園内はかなり広く、3つの大きな池があり42種類、10万株の蓮の花が咲いてます。
ほかにも芝生広場、古代蓮会館、展望タワーがあります。

公園の正面入口には世界の蓮園。
S_6377563768922.jpg
黄色や白の珍しい蓮の花がたくさん咲いてます。

園内に入ると目の前に古代蓮池があります。
S_6377563803482.jpg
木製のデッキが整備されてすぐ近くで古代蓮の花を観ることができます。

その奥に広がるのは水生植物園。
S_6377563833418.jpg
古代蓮の花が咲いてます。
少し閉じかけていますが充分きれい。
S_6377563869310.jpg
ほかにもコウホネやヘラオモダカなど、水生植物がいっぱい。
S_6377563914236.jpg

水生植物園の東側には水鳥の池
S_6377563945635.jpg
こちらの池の古代蓮が一番早く見頃を迎えます。
S_6377563960396.jpg

古代蓮池の向こうには展望タワーが見えます。
S_6377563979534.jpg
展望タワーは古代蓮会館の中にあり入場料400円を払います。駐車料金を払った方は駐車場利用券の半券を提示すると、入館料が半額の200円になります。
S_6377563997116.jpg
タワーを登ると、”田んぼアート”が目の前に飛び込んで来ます。
S_6377564018916.jpg
感動!!見事です!
S_6377564044946.jpg
田んぼアートは2面描かれていて、下の図は17年秋に放映予定のドラマ”陸王”がモチーフ。地元行田の足袋製造会社が裸足感覚のランニングシューズを開発する物語だそうです。
S_6377569585142.jpg

会館内には蓮の花や草木の標本、写真などが展示されてます。
S_6377569705037.jpg

正面入口には売店もあり
S_6377569784478.jpg
広い芝生広場や
S_6377569818120.jpg
水浴び場もあり、お子様連れの方にも嬉しい公園です。
S_6377569852298.jpg
蓮の花と田んぼアートが楽しめる古代蓮の里、これからの季節ぜひ一度行かれてみてはいかがでしょうか。


2017年7月12日

こんにちは、シェビーズです。
今回紹介させていただくのは、川越蔵造りの町並みです。
川越は歴史ある町で、古くは川越の名前の由来でもある河越氏が鎌倉幕府の御家人として力を持ち、江戸時代には家康の支配下で川越藩が置かれ、松平信綱により城下町が整備されました。また、川越の象徴、喜多院が大火により焼失した際、徳川家光により再建されるなど、徳川家とのかかわりが深く、川越が小江戸と呼ばれるゆえんです。

近年、観光地としての川越の人気が上がっています。特に2008年にNHKの朝の連ドラ「つばさ」の舞台になったあたりから人出が増えたようです。


さて、私が蔵造りの町並みを訪れたのは2017年の2月の日曜日。車で訪問しました。
川越市役所の駐車場を利用。平日は市役所の利用者しか停められませんが、土日は観光客に開放しています。120台分のスペースがあり、最初の一時間は200円、以後30分毎に100円です。蔵づくりのメイン道路にも駐車場はありますが、混雑していて狭くて値段も高いので、土日であればこちらに停めるのがお勧めです。


駐車場から5分ほど歩いて札の堂の交差点を右に曲がると、いよいよ蔵造りの町並み。
IMG_6320.JPG

重厚な蔵が続く圧巻の景色、小江戸川越の象徴的なエリアです。
IMG_6321.JPG

蔵造りの町並みは県道12号の通りを挟んで両側に広がっています。
土日、祝日になると多くの観光客が訪れますが、県道は幹線道路でかなり車通りが多く、ちょっと歩きづらいです。

和服で歩く観光客もいらっしゃいます。近くのお店で貸出しているようです。
IMG_6322.JPG

メイン通りのちょうど真ん中あたりに埼玉りそな銀行があります。
IMG_6323.JPG
こちらのクラシックな洋風建築は大正時代に建てられた旧八十五銀行本店で、国の重要文化財になっています。

蔵造りの町並みを左折して「鐘つき通り」に入ると…
そこには川越のシンボル、時の鐘が!
IMG_6324.JPG


そしてその近くに行列ができているのは「小江戸おさつ庵」
IMG_6326.JPG

行列のお目当ては “おさつチップ” (350円)
プラスチックのカップにうず高くサツマイモのチップスが刺さっています。
IMG_6327.JPG
お味はほんのり塩味とサツマイモの甘みが相まって不思議な美味しさ、
薄いのでパリパリどんどん食べられます。
このお店は土日しか営業していないので平日行かれる方はご注意を!


そのすぐ近くには「右門」
IMG_6328.JPG

こちらで買ったのは、川越の銘菓”いも恋”(180円)と甘酒(150円)。
IMG_6329.JPG
サツマイモの上に餡子を乗せ、餅で包んだ甘味スイーツです。
サツマイモと甘すぎない餡子がとっても合います、もちっとした食感の薄皮も美味しいです。


さらに蔵造りの町並みの大行列の先にあるのは、「中市本店」の”ねこまんまおにぎり”。
IMG_6330.JPG
川越で1番人気の食べ歩きグルメ。
磯の香りがするおにぎり、とっても美味しいです。
IMG_6331.JPG


こちらは創作ちりめんのお店「布遊舎」
IMG_6332.JPG
店内にはちりめん細工の工芸品がいっぱい。
IMG_6333.JPG


そして、箸の店「遊膳」
こちらでは1,000種類以上の箸や箸置き、キッチン用品が揃っています。
箸には無料で名前の彫刻もしてくれるそうです。

IMG_6335.JPG

蔵造りの町並みの通りは混雑していていますが、一本通りを入ると長喜院へとつながる静かな通り。お洒落なカフェや雑貨屋さんが軒を連ねています。
IMG_6336.JPG

まだまだ紹介したいお店がたくさんありますが、記事が長くなってしまうので今回はこれくらいにしておきます。
とにかく蔵造りの風情のある町並みを眺めながら食べ歩きを楽しめる街、川越、
ぜひ一度お越しください。

ただし平日は営業していないお店が結構あるので、混雑はしますが土日に訪れた方が良いかもしれません。


2017年7月 5日
2017年6月29日
⇒すべての記事を見る

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■埼玉県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

三宅島与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大阪宮古島富山山形広島徳島新宿新潟札幌東京松前横浜沖縄湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福島種子島能登金沢釧路長崎長野青森鹿児島