海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/埼玉特派員ブログ

日本国内/埼玉特派員ブログ シェビーズ

日本国内・埼玉特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

こんにちはシェビーズです。
今回紹介いたしますのは、大宮氷川神社の参道で6月17日(土)から10月15日(日)まで、毎夜点灯されているイルミネーション、「夢の力」イルミネーションです。

大宮氷川神社は東京都・埼玉県近辺に約200社ある氷川神社の総本社です。大宮の地名のは、氷川神社を”大いなる宮居”と称えたことに由来します。
初詣の参拝者数も例年全国10位以内にランキングされ、格式、知名度ともに高い由緒ある神社です。


その氷川神社の前から南に向かって真っ直ぐ伸びる参道は2kmもあり、なんと日本一長い参道なのです。道の両側には樹齢700年を超えるケヤキ並木が続き、さいたま市民の緑の憩いの場となってます。
そんな氷川参道の魅力を全国に発信しようと、埼玉中央青年会議所が今年初めて開催したのがこのイルミネーションです。

私が訪れたのは8月5日(土)。
大宮駅東口から10分ほど歩くと参道二の鳥居南側、氷川神社入口の交差点に着きます。

交差点から参道方面を見ると…圧巻です!
高いケヤキの木の上の方までLED電球のイルミネーションが光ってます。

S_6534946777293.jpg

かなり本格的なイルミネーション、きれいです。

S_6534946780126.jpg

交差点から南に向かって500mほどの参道にイルミネーションが点灯されています。
このエリアは平成ひろばと呼ばれ、参道の一部を整備した公園になっています。歩道には石畳が敷かれ、岩を組み合わせて作ったせせらぎもあります。

こちらは橋の形を浮き上がらせたイルミネーション。

S_6534946784063.jpg

大宮に鉄道博物館があることにちなんでのことでしょうか、汽車のイルミネーションもあります。小さなお子さんは喜びそうですね。

S_6534946789509.jpg

毎夜開催されているせいか、土曜日の20時だというのに人は疎らです。ゆっくり鑑賞できるのが嬉しいです。

S_6534946796205.jpg

S_6534946798989.jpg

イルミネーションは参道の奥まで続いています。

S_6534946803845.jpg

最後は光のトンネル、幻想的な世界が広がります。本当にきれいです!

S_6534946805454.jpg

30mのトンネルを抜けると、交番前の交差点。イルミネーションはここで終わりです。
約500mの距離ですが、ファンタジックな空間を存分に楽しめます。
「夢の力」イルミネーション、10月15日まで毎日開催しています。点灯時間は18時〜21時です。ぜひ機会あれば起こしくださいませ。


2017年8月16日

こんにちはシェビーズです。
今回は埼玉県にあるぜひ立ち寄っていただきたい高速道路のパーキングエリアを2か所紹介したいと思います。


最初は、東北道上りにある羽生パーキングエリアです。

S_6499490679591.jpg

こちらは「鬼平江戸処」として2013年にリニューアルされ、あの鬼平犯科帳の世界を再現し、江戸の町並みを模した建物に造り替えられました。

S_6499490699226.jpg

なぜ埼玉の羽生に江戸なのか?
東京から東北へと続く東北道は現代版の日光街道。羽生のすぐ近くの栗橋にはかつて栗橋関所があり、入り鉄砲に出女を厳しく取り締まっていました。
そこでこの羽生を東北から江戸(東京)の入り口と見立ててこの施設を作ったそうです。

建物の中は飲食店やみやげ屋が入居しています。

S_6499490724488.jpg

飲食店は、軍鶏鍋の「五鉄」や

S_6499490739093.jpg

うなぎの「忠八」、江戸めしの「万七」など、

S_6499490753941.jpg

江戸をイメージさせる和食屋さんが5件あります。それぞれのお店で買ってこちらでいただきます。

S_6499490764613.jpg

みやげ屋は両国広小路を再現したそうです。東京の惣菜や和雑貨、地元埼玉や栃木の名産などを取り揃えています。

S_6499490774054.jpg


入り口近くの「屋台連」にはテイクアウトできるメニューが揃っています。

その中でもお勧めがこちらの”醤油の香る大人の肉まん”、醤油パウダーとワサビか効いていて美味しいです。

S_6499490784710.jpg

まるで江戸時代にタイムスリップしたような羽生パーキングエリア、一見の価値有りです。

次にお勧めするのは、圏央道にある菖蒲パーキングエリアです。

S_6499490793191.jpg

2015年の白岡菖蒲ICと桶川北本ICの開通に合わせて出来たパーキングエリアです。
なぜこのパーキングエリアを紹介するのかといいますと、実はこちらには埼玉のみやげや名産が一同に揃っているのです。

S_6499490800613.jpg

埼玉みやげと言われてもピンと来るものってなかなか無いものです。
そんな悩みを一気に解消してくれます。
その商品の数々を紹介させていただきますと、

「深谷の森の散歩道」、モンドセレクション最高金賞受賞です。

S_6499490802654.jpg

草加せんべいと並んで、埼玉三大銘菓とされる川越の「芋菓子」の数々と、熊谷銘菓「五家宝」

S_6499490810759.jpg

行田の名産品の足袋を形取った「行田煎屋の煎餅」と、お茶の産地狭山の「狭山茶きんつば」

S_6499491557757.jpg

そして「秩父プリン」と日高の「サイボクハム」

S_6499491565581.jpg

などなど、それ以外にもたくさんあります。

イートインコーナーには埼玉のラーメンランキングで常に上位にはいる川越の「頑者ラーメン」もあります。

S_6499527648525.jpg

菖蒲パーキングエリア、埼玉の味を楽しむのにお勧めの場所です。

以上、2つのおすすめパーキングエリアの紹介でした。

旅行の際には通過県になることが多い埼玉ですが、ぜひ魅力的なパーキングエリアに立ち寄り、一休みして行ってくださいね。


2017年8月 9日

こんにちはシェビーズです。
今回紹介いたしますのは埼玉県の秩父市にある美味しいそば屋「わへいそば」。

秩父は県内屈指の観光地で、春には羊山公園の芝桜や彩の国ふれあい牧場の天空のポピー、夏には長瀞の川下りやラフティング、秋は秩父ミューズパークの銀杏並木、そして冬は無形文化遺産に指定されている秩父夜祭りと、四季を通じて楽しめるエリアです。
そしてもう一つ、秩父と言えば忘れてはならないのがそば。秩父地方は山々に囲まれた盆地になっており、小石が多く痩せた土地のため、古くからそばの栽培に適した土地として知られてきました。
私が秩父を訪れた6月には、市内の所どころに広がるそば畑で白い花が見頃を迎えていました。写真は「ちちぶ花見の里」です。

S_6464272621661.jpg

荒川の清流で栽培された秩父のそばはコシが強く風味豊かな美味しい蕎麦となります。
秩父のそばを食べるためだけに県外から観光客が訪れるほどです。

その中でも常に人気ランキング上位に挙げられているのが「わへいそば」です。

場所は秩父駅から県道208号を秩父ミューズパーク方面に向かい、徒歩10分ほどのところにあります。

車で行かれる際には、店の前の駐車場は6台分、店から30mくらい離れた第2駐車場には14台分のスペースがあります。
店の前の駐車場は満車の確率が高いので、初めから手前の第2駐車場に停めたほうが無難かもしれません。下の写真は第2駐車場です。

S_6464272646441.jpg

私たちが訪れたのは日曜日の13時頃でしたが、外までお客さんが溢れていて、12組待ち。

S_6464272660254.jpg

混雑緩和と早終わり対応のために大盛り禁止、お一人様一枚までとなっていました。

S_6464272673287.jpg


1時間待ってようやく入店。
店内の様子です。

S_6464272683583.jpg

お座敷の座卓が4卓、窓際のテーブルが3卓、それとカウンター席が4席。

こちらがメニュー。

S_6464272708938.jpg

ざるそばを一番人気のくるみ汁でいただくことにしました(850円)
サイドメニューとして妻は3種盛り(350円) 、私は「ちちぶ食べものがたり」のそば豆腐サラダ(360円)
「ちちぶ食べものがたり」は超人シェフクラブとマップルとコラボしたメニューで、秩父の各飲食店で工夫を凝らした料理を用意しているそうです。

S_6464272714142.jpg


料理の紹介です。

そば豆腐サラダ

S_6464272724207.jpg

そば豆腐の濃厚な味がさっぱりドレッシングの野菜にとっても合います。
色とりどりの花々も食べることが出来ます。


妻が頼んだ3点盛り

S_6464272732815.jpg

秩父のB級グルメの味噌ポテトとそば豆腐、しゃくし菜の漬物、どれも美味しかったそうです。

ざるそば
S_6464272739801.jpg

S_6464272745246.jpg

透き通った細切りの麺の中に茶色いつぶつぶがありますが、実はこれ、そば殻。

わへいそばは昔ながらのそば殻(甘皮)を一緒に引き込んだ粗挽きで、そばの香り高い手間暇かけた昔ながらの田舎そばです。


くるみ汁は、店主自らがすり潰したくるみとそばつゆを混ぜて作られた漬け汁。

S_6464273087359.jpg

さっそくいただいてみると、そばの香りが鼻の中に広がり、そば殻のつぶつぶの舌触りもとってもいい感じでです。
クリーミーなくるみ汁もとっても美味しいです。

S_6464273091428.jpg



最後は蕎麦湯で締めました。


S_6464273092207.jpg


本格的な田舎そばが味わえる「わへいそば」、予約も出来るそうです。
また、わへいそば以外にも市内には美味しくて有名なそば屋がたくさんあります。
ぜひ秩父に行かれた際はそばを食べてみてくださいね。


本格手打 わへいそば
・住所 : 〒368-0051 埼玉県秩父市中村町1丁目4-13
・電話番号 : 0494-24-9280
・営業時間 : 11:00~18:00
※売り切れ次第終了になる場合がございます
・定休日 : 毎週木曜日


2017年8月 2日
2017年7月26日
2017年7月19日
2017年7月12日
2017年7月 5日
⇒すべての記事を見る

関東旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■埼玉県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 埼玉特派員

    埼玉特派員
    シェビーズ
    生まれも育ちも埼玉、勤務地は東京の会社員です。WEB関係の仕事をしています。趣味は休日に妻と愛犬と一緒に、地元埼玉の楽しい場所や美味しいお店をまわること。それと月一度のゴルフとテニスを少々。埼玉の魅力をブログやSNSでお伝えしています。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集