海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > トルコ/サカリヤ特派員ブログ

中東にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

トルコ/サカリヤ特派員ブログ 竹沢 友希

トルコ・サカリヤ特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

中央アジアで生きてきた遊牧民(トルコ人のご先祖)と羊は、長い歴史の中で、切っても切れない関係であったのです。


常に移動する生活であった遊牧民は、夏は涼しくて草の多い高原で過ごし、
冬は暖かい場所へ常に移動が必要であったため、足腰の丈夫で病気になりにくく
扱いやすい羊だけが飼えたと言われています。

それによって食文化も長い年月をかけ、自然と羊が最も美味しく食べられるように調理されてきたのです。


Hitsuji 1.jpg
 


羊肉は中までしっっかり火を通し、じっくり焼くのがトルコ流。
トルコではレアとかミディアムレアという言葉はありません。
トルコにある肉料理を提供するお店はどこでも、大きな室内用のバーベキューグリルでしっかり!!焼いて
ジュージーにお肉を提供しています。

トルコへ来たら、牛より鶏肉よりまず、羊肉を召し上がってください。
羊肉の概念が変わります。
  
今まで日本で美味しいと思える羊肉を食べてこなかったため、羊肉の美味しさが分からなかった筆者ですが、
トルコで生活するようになってから羊肉の美味しさに気づきました。 
 
 
トルコでは羊肉の料理方法として、キョフテ(ハンバーグの小さいバージョンで平たい肉団子の形)、
ピルゾラ(骨つき肉)、カヴルマ(鍋でじっくりコトコト煮込む煮込み肉)の3つのタイプがメインです。


今回は、トルコで住んでみて本当に美味しい!!と舌鼓みをした、
ブルサ県イズニック市にあるお肉屋さん、“Kofteci Yusuf” (ユスフのキョフテ屋)
を紹介させて頂きたいと思います。
美味しすぎたので、日本からわざわざ両親を連れて行ってしまいました。


イズニックの街のなかにあるだけあって、お店には美しいイズニックタイルの装飾が施されており、
お店に入ってすぐのショーケースには新鮮なお肉の数々や、(そこでお肉を見ながらg単位で注文もできます)
テキパキと働く店員さんがとても見ていて気持ちが良いです。


Hitsuji 2.jpg


基本的にお肉がメインのお店なので、スープや煮込み料理はありません。
お肉(数種類)と付け合せの野菜、飲み物、そしてデザートのシンプルなメニュー構成です。
それだけ、お肉が美味しい証拠。


トルコの子供から大人に大人気なこのメニュー”キョフテ”(平たい肉団子)は、
まじりっけのない味、正真正銘の新鮮でジューシーな味がします。
Hitsuji 3.jpg


こちらのメニューは、”ピルゾラ”(骨つき肉)です。
こんな柔らかくて臭みのない骨つき肉があるんだと感心してしまうほどの味がします。
Hitsuji 4.jpg


更に嬉しいことにお店の中にはお肉屋さんもあり、その場で購入し持ち帰ることも出来ます。
イズニックへお越しの際には、立ち寄ってみてくださいね。美味しい羊肉をぜひ!!

Hitsuji 5.jpg


✴︎お店の情報*(イズニックにあるのは本店です。支店も多数あります(イスタンブール、イズミールにもあり)

店舗名 Kofteci Yusuf(キョフテジ ユスフ=ユスフのキョフテ屋)
住所  Selçuk Mahallesi, Atatürk Cd. No:73, 16860 İznik/Bursa
電話番号 444-6162
営業時間 8:00~24:00
Website  www.kofteciyusuf.com/

(料理のお値段)(1TL=35円 2017年現在)
トルコではお肉はグラム単位で注文します。
写真はすべて500g(2人前)の料理です。キョフテ(肉団子)は約1050円、ピルゾラ(骨つき肉)は1300円です。

キョフテ(平たい肉団子)200g=12TL. 300g=18TL. 500g=30TL. 1000g=60TL

ピルゾラ(骨つき肉)  200g=15TL. 300g=22.50TL. 500g=37.50g. 1000g=75TL
 
サラダ 4TL〜、デザート2TL〜、飲み物1TL〜


2017年4月20日

みなさん、トルコの美しいタイルの存在をご存知ですか。

 
イスタンブールのトプカプ宮殿の壁や、ブルーモスクのドーム内や窓にも使用されている
トルコで最も美しく技術が高いとされているのが、そう、イズニックタイルなのです。

イズニックタイルの他に、ブルサタイルやキュタヒヤタイルも有名ですが、
タイルの絵の美しさ、色の技法や質ではイズニックタイルが最も伝統的と言われています。

Iznik 1.jpg

写真では分かり難いかもしれませんが、色付けされる色の部分がプクッと浮き上がるのがイズニックタイルの美しい特徴です。

 
ブルサ市の中に存在するイズニックは、穏やかな気候と質の良い粘土に恵まれ、
釜業が盛んであったため14世紀頃から陶器が作られるようになりました。


白地の美しさを生かし、トルコブルー(ターコイズブルー)や、赤、青や緑などの鮮やかな色を使い、
16世紀には最盛期を迎え、イスタンブールを中心とする宮廷社会で発展し、
モスクや宮殿にも多く使用されるようになったと言われています。


トルコに住み始めてからずっとイズニックタイルの存在が気になっていたため、
本場の陶器を目にしたく、イズニックへ行ってきました。


イズニックの街の中に入るとすぐにいくつかのお店が見つかります。
街の中には100以上のお店があると言われています。

今回は、店先に可愛らしい陶器のキーホルダーが沢山並ぶSEVDIL CINI & SERAMIKというお店に入ってみました。


Iznik 2.jpg


お店の中には, 色鮮やかなお皿、水差し、花瓶、小物入れ、壁掛けの絵などが並び、
エキゾッチクな雰囲気に、一気に16世紀のトルコのお店に来たような気分になります。

Iznik 3.jpg

Iznik 4.jpg
 

陶器の絵柄の中でも多いのが、チューリップ柄です。チューリップの意味はアッラーの神様で、
トルコではとても神聖な花とされています。バラは預言者ムハンマドを表しています。

Iznik 5.jpg


使うのもよし、飾るのもよし、トルコへ訪れた際にはぜひ手にしていただきたいイズニックタイルの陶器製品。
お土産にも喜ばれるのはないでしょうか。


Iznik 6.jpg

陶器作家でもあるDincerさんが、お好みの作品を優しく見つけてくれますよ♩


*イズニックの情報*
イスタンブールの郊外アナトリア半島北西部のイズニク湖西岸に位置する地方都市です。
イスタンブールから日帰り観光ができます。
車で約3時間。電車、フェリー、ミニバスに乗り継いで約3時間半。
アヤソフィア、ジャーミー、イズニック湖、陶器市場など見所多々あります。

**お店の情報**
店舗名 SEVDIL CINI & SERAMIK
営業時間 9:30〜20:00(不定休)
住所 M.Celebi Mah. Maltepe Cd. No:12 Iznik / BURSA
Tel 0224 757 524

(商品価格)(1TL=35円 2017年4月現在)
キーホルダー 5TL〜、ブレスレット、ネックレス10TL〜、花瓶30TL〜、壁掛け絵35TL〜、お皿40TL〜


2017年4月13日

みなさん、トルコの朝ご飯(Turkish kahvalti=トュルキッシュ カファバルト)をご存知ですか。

トルコへいらした方は、朝ご飯の豊富さに心を踊ろされた方は多いのではないでしょうか。

2段のトルコ独特のポットで淹れるトルコチャイとともに、このような朝ご飯でトルコの1日がスタートします。
Asagohan 1.jpg

中央の3皿には、果物、野菜、バター、その上は一口サイズにカットされたに乳牛のチーズ(ターゼ カシャル)、
右隣のラズベリージャムから時計周りに、ゴマペーストとぶどう汁(タヒン ペクメズ)、
パプリカ&トマトペーストとニンニクとクルミがミックスされたペースト(アジュカ)、
黒と緑オリーブ、カイマック(クロテッドクリームのような味)と蜂蜜、
その左上はソーセージ(スジュック)、乾燥イチジクと乾燥アプリコットと熟成チーズ、
最後の左上のお皿は白チーズになります。
これに、たっぷりのパン、卵料理、3種類の小瓶のジャム(いちご、マーマレード、ヤギのミルクのジャム)が付きます。

見るだけでもお腹いっぱいになっちゃいますよね♩


時間がある日は、このような朝ご飯とともに、チャイを片手にゆっくり時間を過ごすのがトルコ人の過ごし方です。
トルコでは、"週末は朝ご飯を一緒に食べませんか?"というお誘いがとても多いです。

Asagohan 2.jpg


これは一人分ですが、とてもじゃないけど量が多すぎて一人じゃ食べられません。
やっぱり時間がある日は、家族 やお友達と一緒にゆっくり食べたいですね♩

Asagohan 3.jpg


**なぜ、トルコにはこんなに朝ご飯を大事にする文化があるのでしょうか。

トルコが共和国になる前(1920年以前)、つまりオスマン帝国時代では、1日2食が当たり前であったと言われています。
1日の始まりである朝のお祈り後(日の入り前)、まず朝の仕事をし、
その後午前10時~11時の間に、1回目の食事であるたっぷりの朝ご飯を、時間をかけて食べます。
そして、日没後の午後のお祈りの後、2回目の食事をします。
その際はスープ、肉料理や魚料理とともにピラフなど、お腹にたまる重い食事をとります。
なるほど、1日2回の食事だと自然に朝ご飯をたっぷり食べる習慣になりますね。
この習慣が今でも続いているのがわかります。

ちなみに今のトルコでは、1日3食の習慣で、朝ご飯は午前7時頃、お昼ご飯は正午12時頃、夕ご飯は午後7時頃が一般的です。


トルコのホテルでの豊富な朝ご飯ビュッフェは、選ぶのも食べるのもとっても楽しいひと時です。
街中のレストランでも、何時に行っても注文できるほど愛されている朝ご飯 (Turkish kahvalti=トュルキッシュ カファバルトュ) を、ぜひトルコで楽しんでみてはいかがですか。

Asagohan 4.jpg


*トルコの伝統的な朝ご飯が食べられるおすすめなお店*
店舗名  MADO  
【ドンドルマ(アイス)で有名なお店ですが、綺麗な内装で、食べ物のメニューも豊富です。支店も多いです。】

(料金:朝ご飯セット15TL〜50TL 飲み物:4TL〜 固定メニュー他に、チーズ、ジャム、パン、卵料理など単品注文が可能です)(2017年4月現在 1TL=33円)

住所    Arabacıalanı Mahallesi, No:, Eski Kasım Paşa Cd. No:90, 54050 Serdivan/Sakarya
Tel    (0264) 278 62 36
営業時間  6:00~2:00
Web     http://mado.com.tr


2017年4月 6日
2017年3月30日
⇒すべての記事を見る

トルコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ