海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > トルコ/サカリヤ特派員ブログ

トルコ/サカリヤ特派員ブログ 竹沢 友希

トルコ・サカリヤ特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

今回はトルコの高級シルクスカーフで有名なVAKKO(ヴァッコ)をご紹介したいと思います。
VAKKOは、1934年にvitali hakkoによって設立されたトルコの中でも高品質で商品のほとんどが
Made in Turkeyとして扱われている高級ブランドの1つです。


IMG_0038.JPG


IMG_0041.JPG

IMG_0040.JPG

日本ではなかなか目にしないトルコの伝統的なエキゾチックな柄のスカーフから、ヨーロッパ風デザインを彷彿をさせるような色合いのスカーフなど、数多くの美しい柄の品物を取り扱っているのが特徴です。

IMG_0042.JPG

IMG_0045.JPG


IMG_0044.JPG

IMG_0043.JPG

トルコに来たら、観光地やショッピングセンターで恐らく一度は目にするVAKKOでは、財布や鞄、洋服も数多く取り扱っています。

IMG_0036.JPG

IMG_0037.JPG


女性物だけでなく紳士物も多く取り扱っており、シルク製のシャツやポケットチーフ、ネクタイ、カフスなど、
オシャレで高品質なため、お土産にもとても喜ばれます。
オーダーメイドの紳士物のシャツも取り扱っており、襟の型や生地など50種類以上の中から選ぶことが出来ます。


IMG_0046.JPG


IMG_0051.JPG


IMG_0047.JPG

トルコのへお越しの際には、見るだけでも素敵なシルクスカーフを手に取りに、ぜひVAKKOへ訪れてみて下さいね。


IMG_0035.JPG

**お店情報**
VAKKO(ヴァッコ)黒の看板と金の文字盤が特徴のお店です。

価格:
(女性物)スカーフ239TL〜(8000円〜)、鞄895TL〜(24,000円〜)、靴 845TL〜(23,000円〜)
(男性物)シャツ219TL〜(7,500円〜)

2017年10月現在 1TL=32円



2017年10月12日

今日は、トルコ/アダパザルで知らない人はいない絶品のキョフテとカボチャのデザート(カバックタトュルス)
を味わえるお店をご紹介したいと思います。
その名も、『Köfteci İsmail(キョフテジ イスマイル)』、イスマイルのキョフテ屋さんです。

IMG_0034.jpg

?そもそもキョフテとは?
キョフテとは、牛肉や羊肉を挽肉にし、パン粉やたまねぎや塩、胡椒で味付けし二口程の大きさにした
ハンバーグのような食べ物です。
トルコの地方によって味付けは異なりますが、老若問わず人気のトルコフードです。


1928年に開店したこのお店は、一人でもカップルでも、子連れでも家族でもどんな時でも
美味しい料理で迎えてくれる温かいお店です。

IMG_0020.JPG

メニューはとってもシンプル。
シンプルだからこそ味に自信があり、90年間もアダパザルで愛され続けている証拠なんですね。

気になるメニュー内容はこちら→
スープ、サラダ(2種類)、キョフテ(4種類)、デザート(9種類)、飲み物となります。

看板メニューでもあるキョフテの4種類を細かく紹介すると、

ISLAMA KÖFTE(ウスラマキョフテ)=パン粉が入った口当たりが優しい柔らかいキョフテ
İNEGÖL KÖFTE(イネギョル キョフテ)=お肉だけで作られたしっかり歯応えがあるキョフテ
SUCUKLU KÖFTE (スジュックル キョフテ)=ハーブやニンニクなど香ばしい香りの味付けのキョフテ
ISLAMA KARIŞIK KÖFTE(ウスラマ カルシックキョフテ)=上の3種類のキョフテがどれも楽しめるキョフテ となります。

筆者のオススメは、口当たりが優しく溶けていくように柔らかい「ウスラマ キョフテ」と
これぞお肉!と感じる正統派の味の「イネギョル キョフテ」です。
どちらのキョフテもお肉の味を最大限に引き出してくれる絶妙な焼き方と、
新鮮で美味しいお肉の味が楽しめるので何個でもお腹の中に入っていきます。


IMG_0030.JPG(手前の少し大きめのキョフテがウスラマキョフテで、左奥の少し小さめのキョフテがイネギョルキョフテです)


キョフテを頼むと、キョフテを焼いた油を染み込ませた香ばしいパン、トマト、シシトウが一緒についてくるので
無理してサラダは頼まなくても良いかもしれませんが、まだお腹に余裕がある時は、
白インゲンとゆで卵の冷たいPİYAZ(ピヤズ)というサラダも美味しいのでオススメです。


IMG_0031.JPG


そしてそして、ここイスマイルのキョフテ屋さんの隠された(隠されてないですけど)
美味しい美味しい(とっても甘いですけど)デザートをご紹介したいと思います。

このデザートは、ここサカリヤ地方でしか採れない特別なカボチャで作られるデザートで、
KAYMAKLI KABAK TATLISI(カイマック カバック タトュルス)と言い、
このお店に匹敵する程美味しいカボチャのデザートは、未だ嘗て食べたことがありません。

IMG_0032.JPG

特にここサカリヤ地方ではこのデザート(カバック タトュルス)は、
一般家庭でもレストランでも良く食べられるポピュラーなデザートです。


そもそもサカリヤ地方で採れるカボチャは、日本のカボチャと違って水分が多く含んでおり、
甘くみずみずしいのが特徴なため、デザート作りに適してします。

カバック タトュルス作り方はとてもシンプルで、サカリヤ地方で採れるカボチャを
5㎝✖️5㎝くらいの大きさに切りお鍋に敷き詰めた後、多めのお砂糖をかけ、
自然にカボチャから汁気が出てくるのを待ってから、そのお砂糖とカボチャの汁と一緒にコトコト煮込みます。
カボチャの中までしっかり甘さが染みわたり程よい柔らかさになったら出来上がり。冷蔵後、冷やして食べます。


IMG_0023.JPG


↑↑ここまでが一般的な作り方で、『イスマイルのキョフテ屋』ではもう一手間加えるため、
更に美味しいカバックタトュルスになります。


??その一手間とは??
お鍋でコトコト煮込んだカボチャをオーブンで更に香ばしく焼くことによって、
煮込んだ後の糖分がカリッとカラメル状になり、柔らかいカボチャとカリッとしたカラメルが口の中で一緒になり
絶妙な美味しさになります。

ここサカリヤのカボチャでしか作れない絶品のカボチャのデザート『カバック タトュルス』と、
何個でも食べられる美味しいキョフテを、イスマイルのキョフテ屋でいかがですか。


IMG_0033.JPG


店名 KÖFTECİ İSMAİL(キョフテジ イスマイル)イスマイルのキョフテ屋

場所(アダパザル内に4店舗あります)(写真は②の店舗のものです)

①Çark Caddesi Şubemiz
ÇARK CAD.NİŞKOZ PARSELLERİ
ADAPAZARI
TEL.0.264.274 33 40-41-42
開店時間:11.00-22:00


②Uzunçarşı Şubemiz
UZUNÇARŞI I.GEÇİT USTA SK.
NO:2 ADAPAZARI
TEL.0.264.271 84 90
開店時間:11.00-16:00

③KÖFTECİ İSMAİL RAMADA
Güllük Mahallesi Zübeyde Hanım Caddesi No:81
Adapazarı / SAKARYA
TEL:0264 777 2003


④Cevatbey Şubemiz
PTT SK.CEVATBEY İŞH.NO:109-110 ADAPAZARI
TEL.0.264.271 62 37
開店時間:07.00-17:00

料金:一人20TL~25TL(800円〜1000円)(サラダ、お肉、パン、デザート、飲み物全て込み)
1TL=35円

URL :http://kofteciismail.com.tr/


2017年9月16日

8月31日から9月4日までクルバンバイラム(犠牲祭)が始まりました。
クルバンバイラム(犠牲祭)とは、トルコ(イスラム教)の祝日です。


IMG_0017.JPG


クルバンバイラムの由来は、
『神様のために預言者イブラヒムは、息子を犠牲にすることを何度も何度も夢の中でみたため、
息子を犠牲にしようと決めたその時、神様はイブラヒムを”正直者”とし、
神様はイブラヒムの持っていたナイフを使いものにならなくし、息子の代わりに角の長い雄羊を犠牲にした』
という話からきています。


クルバンバイラム(犠牲祭)は、一年に一回、貧しい人たちのために羊肉を分け与えるためにトルコをはじめ
多くのイスラム教の国での大きな行事になっています。


クルバンバイラム中(犠牲祭中)は、仕事、学校は休みになり、お店は午前中だけ閉まっていたり、
多くのトルコ人は田舎に帰ったりするためバスや飛行機等の交通機関が満席になっていたりするので
注意が必要です。


一家が一頭の羊を捌くのが伝統的で、その裁かれたお肉は家族、親戚、友人と一緒にいただいたり、
寄付をしたりして多くの人々に行き渡らせるようにします。
羊が足りない場合は牛を捌いたりもします。
田舎の方に行くと、羊を捌いている光景をもしかしたら目にするかもしれません。


IMG_0018.JPG

クルバンバイラム中はトルコ国内では祝日中なため、穏やかな空気が流れています。


IMG_0015.JPG


トルコで旅行の際には、「iyi bayramlar、イイ バイラムラール」(素敵な祝日を♩)と声をかけてみてください。

お互いにとって素敵な日になりますように!


2017年9月 2日
2017年9月 1日
2017年7月12日
2017年7月 4日
2017年6月27日
⇒すべての記事を見る

トルコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中東にもどる

  • 特派員プロフィール
  • サカリヤ特派員

    サカリヤ特派員
    竹沢 友希
    長く住み慣れた東京の都会を離れ、トルコのサカリヤ県の村で人生初の田舎暮らしを開始。 トルコ人の夫と二人の子供と羊や鶏か駆け回る自然豊かな牧場で、心身ともに鍛えられなから暮らしています。 食べること+作ることの特技を生かし、近い将来トルコ料理レシピ本を発行予定。日本にはなかなか届かない魅力溢れるトルコの暮らしを探りながら、 「時間があったらトルコへ行きたい!」と思ってもらえるような情報を、皆さまにお届けしたいと思います!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集