海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > サカリヤ特派員ブログ > 美しく繊細なトルコの芸術品 キュタヒヤ陶器のご紹介

トルコ/サカリヤ特派員ブログ 竹沢 友希

トルコ・サカリヤ特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年5月12日

美しく繊細なトルコの芸術品 キュタヒヤ陶器のご紹介


メール プリント もっと見る

美しく繊細なトルコの芸術品 キュタヒヤ陶器のご紹介

今回は、前回ブログでお伝えしたNG Sapanca Wellness & Conventionホテル
(エヌジーサパンジャ ウェルネス&コンベンションホテル)に併設されている
キュタヒヤ陶器のお店のご紹介です。

IMG_8720.jpg


キュタヒヤ陶器は、トルコの陶器の中でも現代的で美しく繊細な陶器として知られています。

IMG_2333.jpg

トルコには、イズニック、キュタヒヤ、カッパドキアの三大タイル陶器の都市があります。
いづれの土地も良質な粘土質の土地に恵まれたために、オスマン帝国の発展とともに
陶器業が盛んになったと言われています。

以前にブログでも紹介させていただきましたが、
14世紀頃からトルコの三大陶器都市の一つであるイズニックでは、
釜業が盛んであったため、陶器が作られるようになりました。

IMG_2326.jpg(これはイズニック陶器のものです)

白地の美しさを生かし、トルコブルー(ターコイズブルー)や、赤、青や緑などの鮮やかな色を
ふんだんに使用し、伝統的な模様と手描きの美しさを強調するデザインがイズニックタイルの特徴ですが、
16世紀には最盛期を迎え、イスタンブールを中心とする宮廷社会で発展し、
モスクや宮殿にも多く使用されるようになったと言われています。

しかし、オスマン帝国の衰退とともに、イズニックでのタイルや陶器の生産は激減していきました。


そして、18世紀後半になるとトルコのタイル・陶器業は復興を遂げますが、
その場所はイズニックに代わりトルコの内陸都市、キュタヒヤだったのです。
現在もトルコで最大の窯業都市は、キュタヒヤと言われています。

前回お伝えしたNG Sapanca Wellness & Conventionホテル(エヌジーサパンジャ ウェルネス&コンベンションホテル)
に併設されているキュタヒヤ陶器のお店は、ホテルに滞在していなくても誰でも自由に買い物ができます。

IMG_8925.jpg
(お店の入り口の様子)

広々とした店内には、キュタヒヤ製品の中でも種類が豊富なトルココーヒーカップから、ティーセット、
マグカップ、大中小のお皿、花瓶、飾り用水差し、お菓子いれ、小物受けまで
伝統的かつ現代的な美しい製品が揃っています。


IMG_8930.jpg


IMG_8914.jpg


IMG_8917.jpg


IMG_8915.jpg

現代のキュタヒヤ陶器の特徴して挙げられるのが、白地の美しさを生かしながら、
単色又は二色使用で、縁に必ずゴールド色(又はシルバー色)を用いている点です。
ゴールド色を縁に使用することで、模様全体が引き締まり、陶器が高級に見えるもの特徴です。

キュタヒヤ陶器は全てが手作りですが、手作りの独特な雰囲気を持っておらず、伝統的な部分をもちながらも
現代的に仕上げている点もキュタヒヤ陶器の特徴です。

IMG_8922.jpg


IMG_8919.jpg


IMG_8695.jpg


IMG_8687.jpg

伝統的で繊細な模様を用いながら、現代的な色合いで仕上げているキュタヒヤ陶器は、
まさに長い年月をかけて造られたトルコの芸術を代表するものの一つとして挙げられるのではないでしょうか。

 皆さんは、トルコっぽい色と言ったらどんな色を想像しますか?
筆者は特に、このような青色とも水色とも言えない微妙な色、"トルコブルー"を一番に想像します。
とっても素敵ですよね。


IMG_8706.jpg


IMG_8705.jpg


お部屋に飾る用のおしゃれな青い目にナザルボンジュックも素敵です。

**ナザルボンジュクとは?**
トルコの老若男女が身につける御守りです。恨みや妬みなど身に忍び寄る良くないことを
睨んで跳ね返すという意味があります。大きなナザルボンジュックはお店の入り口や家の玄関に飾ったり、
小さなナザルボンジュックは、カバンや服につけたりアクセサリーとして身につけたりします。
 

IMG_8709.jpg

キュタヒヤの陶器は素敵だけど、普段使いにはちょっとオシャレすぎると思う方も多いはず!
そういう方のために、このお店には普段に使えるもっとシンプルなキュタヒヤ製のお皿やコップも取り揃えています。
ものによりますが、キュタヒヤ陶器全般は食洗機の中でも洗える丈夫な作りになっているので、
毎日の生活の中で安心してお使い頂けます。


IMG_8932.jpg

IMG_8933.jpg

ご家庭でお茶を飲む時、コーヒーを飲む時、お菓子を頂く時に、キュタヒヤ陶器で
気分はトルコの芸術鑑賞はいかがですか。


IMG_8840.jpg

所在地: Tepebaşı Mah. Şehit Cevdet Koç Cad. No:73 Kırkpınar, Güral Sapanca Wellness & Convention, 54600
     (ホテルの隣に併設されています)

電話: (0264) 242 56 00
時間: 10時00分~22時00分

参考値段:トルココーヒーカップ 2個セット45TL〜(1800円〜)、6個セット140TL〜(5600円〜)
  紅茶カップ 1個12TL〜(400円〜)、6個セット47TL〜(1600円〜)、
     小皿(直径10センチ)1枚9TL〜(500円〜)、花瓶 77TL(2600円〜)、盛り皿 84TL(2900円〜)、
     ナザルボンジュック30TL〜(1400円〜)

Website: https://kutahyaporselen.com.tr (サイトからも様々なキュタヒヤ製品がご覧いただけます)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2017年5月12日
« 前の記事「トルコ サカリヤの癒しの地、サパンジャのホテルのご紹介!」へ
»次の記事「地中海のような砂浜と美しい海、Sile( シレ)in Istanbul」 へ
おすすめ記事
    サカリヤ特派員 新着記事
    美味しい!トルコの羊肉料理に出会える東部の街、Sivasシヴァス
    トルコ東部の美しい観光都市、シィヴァス(Sivas)
    トルコの幻の食べ物『クルカイマック』
    テレビ出演させて頂きました!!【世界の村で発見!こんなところに日本人!】
    トルコへ来たらぜひ訪れて欲しい素敵なお店 VAKKO(ヴァッコ)
    日本では味わえない絶品のキョフテとカボチャのデザートを!at『Köfteci İsmail(キョフテジ イスマイル)』
    犠牲祭(クルバンバイラム)が始まりましたよー!
    トルコ人と金(ゴールド)の関係

    トルコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サカリヤ特派員

      サカリヤ特派員
      竹沢 友希
      長く住み慣れた東京の都会を離れ、トルコのサカリヤ県の村で人生初の田舎暮らしを開始。 トルコ人の夫と二人の子供と羊や鶏か駆け回る自然豊かな牧場で、心身ともに鍛えられなから暮らしています。 食べること+作ることの特技を生かし、近い将来トルコ料理レシピ本を発行予定。日本にはなかなか届かない魅力溢れるトルコの暮らしを探りながら、 「時間があったらトルコへ行きたい!」と思ってもらえるような情報を、皆さまにお届けしたいと思います!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集