海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > サカリヤ特派員ブログ > 地中海のような砂浜と美しい海、Sile( シレ)i...

中東にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

トルコ/サカリヤ特派員ブログ 竹沢 友希

トルコ・サカリヤ特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年5月19日

地中海のような砂浜と美しい海、Sile( シレ)in Istanbul


メール プリント もっと見る

地中海のような砂浜と美しい海、Sile( シレ)in Istanbul

IMG_1608.jpg

地中海のような雰囲気のSile(シレ)は、実は黒海の海ということを忘れてしまうくらいの白い砂浜とターコイズブルーの穏やかな海です。
Sile=シレとは、"サンゴのお城"というギリシャ語からきた意味になります。

IMG_1604.jpg

IMG_1524.jpg

イスタンブールから車で約1時間半、イスタンブール市内(アジア側)のウスキュダルからも定期バスがでており、
交通渋滞なしで行けるとても人気な観光地です。
特に夏は観光客が多く、白く穏やかな砂浜はカラフルなパラソルで鮮やかに彩られます。
春や秋の気候が穏やかな日にも、シレの海岸沿いにあるレストランや街の中のロカンタでは、
獲れたての魚料理を食べにくる観光客で賑わいをみせます。


写真は5月のシレの海なので、まだまだ海を思いきっ切り楽しむという気候ではなかったのですが、
波の音に耳を傾けサラサラの砂浜の上で裸足になると、一瞬にして日頃の疲れがとれます。

IMG_1602.jpg

シレには海のほかにもとても有名なものがあります。
それは、"Sile Bezi"(シレベゼ)いうシレ産の伝統的なコットン生地なのです。
暑い暑いトルコの夏を涼しく快適にしてれるシレのコットン生地の洋服は、他の地域では手に入らない特別なものです。

IMG_1549.jpg

湿度の高い日でも快適に、そして汗をかいた時もすぐに乾く性質のシレのコットンは、一回着るとその着心地にやみつきになります。

シレの街には、シレのコットン生地を使用した洋服屋が多く並び、それぞれのお店でデザインや着心地を
見比べながらショッピンクするのも楽しいひとときです。


IMG_1545.jpg


IMG_1555.jpg


IMG_1553.jpg
ただお店によって、機械で簡単に作っているところから、手作りで一つ一つしっかり作っていることろもあるので
しっかり見極めることが大事です。
(!!必ずお店の人にシレ産のコットンか、手作りか機械で作ったどうかを確認するのがポイントです!!)


数あるお店の中から、生地から全て手作りで、刺繍もすべて手で縫っている伝統的なお店をご紹介したいと思います。
街のメイン通りを歩くこと5分、赤い屋根のお店"Deniz Butik"(デニズのブティック)のお店には、
子供から大人のものまですべて手作りのものが並んでいます。

IMG_1581.jpg


生地そのものも、シレの近くの村で一つ一つはた織り機で作られており、
その生地を使用して作られたものなので、手にとった瞬間に分かる独特の張りと美しい手刺繍は、
トルコ伝統的なテキスタイル文化を感じずにはいられません。

IMG_1578.jpg

IMG_1572.jpg

IMG_1575.jpg

IMG_1571.jpg

可愛らしいワンピースからシャツタイプもの、半袖タイプのもの(男性ものもあります)、
パジャマ、子供のものまで真夏の暑いトルコを涼しく過ごすアイテムが揃っています。

IMG_1868.jpg

IMG_1865.jpg


一つ一つ生地から大切に時間をかけて作られたトルコの特別なコットン生地を羽織って、暑い夏を涼しく過ごすのはいかがですか。

生地を一から作りデザインから裁断、裁縫、刺繍まで全てをこなす優しい店長さんのDeniz(デニズ)さんが好みのものを探してくれますよ♩

IMG_1569.jpg

*Sile (シレ)の情報*
地域:Şile, 34980 Şile/istanbul
website: http://www.sileistanbul.com
    (シレの情報やお天気、周辺ホテルなどの情報が載っています)
交通:イスタンブールのUSKUDAR(ウスキュダル)からIETTというバスに乗って、1時間半から2時間
バスの情報はwww.iett.istanbulから調べられます。


**お店の情報**

お店の名前:Deniz Butik"(デニズのブティック)
場所:Uskudar Cad. No:92/A Sile/IST.
電話番号: 0(216)711 27 83
携帯番号: 0542 760 7029

お値段:ワンピース90TL(4000円〜)、長袖60TL(3000円〜)、半袖45TL〜(2000円〜)、子供服20TL(800円〜)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2017年5月19日
« 前の記事「美しく繊細なトルコの芸術品 キュタヒヤ陶器のご紹介」へ
»次の記事「ラマダン(断食月)が始まりますよー!!(5月27日〜6月24日)」 へ
おすすめ記事
    サカリヤ特派員 新着記事
    一人で入っても落ち着けるカフェ、シミットサライ(Simit Sarayi)
    トルコの生活では欠かせないクル イエミッシュ(Kuru Yemis)=干しナッツ、フルーツのお店の存在
    ラマダン月(断食月)が終わりました!!(2017年)
    100年営むトルココーヒー店 in アダパザール
    トルコ コーヒーとトルコ人の関係
    ラマダン(断食月)が始まりますよー!!(5月27日〜6月24日)
    地中海のような砂浜と美しい海、Sile( シレ)in Istanbul
    美しく繊細なトルコの芸術品 キュタヒヤ陶器のご紹介

    トルコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ