海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > サンフランシスコ国際空港からの交通手段

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 旧特派員 元島 浩美

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年6月29日

サンフランシスコ国際空港からの交通手段


メール プリント もっと見る

サンフランシスコ国際空港からの交通手段

IMG_1180.jpg

よく、空港からどうやってホテルまでいけば良いかという質問をされたり、見たりします。
先週ハワイへ行くときにサンフランシスコ国際空港から行ったのでそのとき悩んだのはBART(電車)で行くか、タクシーで行くか、それともシャトルで行くかです。私の家からだと最寄りのBARTの駅まで1マイルあり、そこまでバス、またはタクシーで行かなければなりません。一番安い方法ですが、時間がかかりすぎます。
そこでシャトルで行くことに。シャトルと行ってもミニバンでせいぜい8人ぐらいまでしか乗れない物です。シャトルだと1人$15。2人目からは$10。なので2人で$25+チップで$30渡しました。前日までに予約を入れておく必要があります。
タクシーはいくらかかるか分かりません。でも、ハワイからの帰りは空港でタクシーに乗りました。空港の追加料金を入れて$26+チップで$30渡しました。つまり私たちの家の場合はどちらも同じ料金です。

しかし、ダウンタウンのホテルに泊まっている場合は、かなり違ってくるはずです。ダウンタウンに行くには家より距離が長いだけでなく、ある程度の渋滞にぶつかります。そうすると最初から金額が決まっているシャトルのほうがずっと安いでしょう。空港からの場合は予約が無くてもタクシーと同じようにその場で乗ることができます。英語に自信が無い人は前もって行き先の住所、地図を印刷して持って行くと良いでしょう。説明しなくても分かるはずです。

支払いはタクシーによってはクレジットカードで支払える物もあります。カードの支払いの場合は前もってカードで支払いたいということを伝える必要があります。空港でドルに替える場合は、$20札だけでなく$10、$5札ももらっておいた方が良いです。タクシーやシャトルの運転士はおつりのための$1や$5札を持っていないこともあるので。

今はBARTが空港から出ているので、英語で説明するのは嫌だけど、読むのは平気というかたなら電車が一番安いでしょう。ちなみに空港からダウンタウンのEmbarcadero駅だと$5.15だそうです。
ベイブリッジを渡ったEast Bay方面の電車ならどれに乗ってもダウンタウンを通ります。前もってどの駅がホテルに近いか調べておかないと少し歩くことになります。大抵はCivic Center駅の後でしょう。車掌さんの言っていることは分かりにくと思うので、自分で降りる駅の1つ前の駅は何かも調べておくと分かりやすくて安心です。

(ちなみに写真はハワイで撮った写真です。。。)

BARTのサイト:http://www.bart.gov/index.asp

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2007年6月29日
« 前の記事「ゲイ・プライド・パレード」へ
»次の記事「キャストロエリア」 へ
おすすめ記事
    サンフランシスコ特派員 新着記事
    貴方の車、給油口はどっち?ガソリンスタンドは通じるの?
    サスペンスドラマみたい?ポイントレイズ"断崖絶景"
    "聖なる水" は本当に透明だった @ Mt Shasta
    シャスタ人 "御用達" レストラン&グロッサリーはここ。
    時差ボケ中の夜中 日本のお土産・頂き物を整理してみた
    アメリカンマムの朝食 ワインカントリーのおすすめAirBnB(エアービーアンドビー)
    SFO国際線到着ロビーからダウンタウン シャトルバス編
    【成田空港にて】降りてびっくりターミナル間違えちゃったのに気づく

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/16更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンフランシスコ特派員

      サンフランシスコ特派員
      元島 浩美
      愛知県春日井市出身。東京の短大卒業後、92年にサンタモニカへ留学し、サンフランシスコへは97年に移住。しばらくソフトウェア会社で翻訳をしながら、4年ほど前にアクリルで絵を描くことを趣味として開始。少しの間だけカフェの経営も経験。現在はパートナーと始めたC&M Photographyでウェディング、ペットフォトグラファーとしてイベント、ペット写真を中心に活動。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集