海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > やっぱり蟹でしょう!

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年12月18日

やっぱり蟹でしょう!


メール プリント もっと見る

やっぱり蟹でしょう!

感謝際で七面鳥を食べ、一ヶ月後、この七面鳥はクリスマスで再び食卓の主役になります。初めてこの晩餐に招待された時は、アメリカ文化に触れた実感は、今でも覚えています。アメリカ人のハレの食事には、欠かす事のできない七面鳥です。


しかし、この時期は、やっぱり蟹でしょう!この街で試してほしい食べ物として今は、ダンジネスクラブ(蟹)があります。日本では、“アメリカイチョウ蟹”と呼んでいる様です。


まぁどれだけ有名な蟹かと言うと、フィッシャーマンズワーフという観光スポットの木製の巨大看板に描かれているし、只今工事中のベイブリッジという橋の市内最初の降り口の道路案内の表示にも登場。蟹の表示をたどって行くとフィッシャーマンズワーフに到着です。年間1千万人の観光客の方が、このエリアを訪れるのですが、間違いなくその方達は目にしている、あの蟹です。

サンフランシスコは、アラスカ寒流の関係で海水の温度は、一年通じて7〜10℃位で、海水浴には冷たすぎますが、これで蟹の身がしまって、年中美味しく食べられます。


業用蟹の解禁が今年は11月15日。2月までの間は、海水温が最も低くなるので、何はなくとも先ずは、蟹となる。私達が、口するダンジネスは、全てオスです。メスは卵を産むので海に帰さなければなりません。


主に塩ゆでして食べます。毛蟹、ズワイ蟹等の繊細さとは異なりますが、身は柔らかく、濃厚でふくよかな甘みが美味絶賛です。
欧米の方は蟹味噌を食べませんので、お店の方に身を外してもらうと見事に取り除いてくれます。嗚呼、もったいない。


茹でた蟹以外にも、蟹サラダ、蟹サンドウィッチ、蟹がらみの軽食をはじめ、
“クラブ・チャウダー”というメニューを発見した時は、スペルの間違いを指摘してしまいました。最初は、蟹のデザートかと勘違いした“クラブケーキ”もコロッケ風、ハンバーグ風と、レストランでは自慢の前菜としている。

お寿司屋さん等は、あえて空輸のタラバ蟹、ズワイ蟹を使っているところが多く“築地直送”とお薦めのネタとしている。当然、高級食材だけど日本で食べる事を考えたら、少しは気軽に頼める。


中華料理屋さんでは、蒸した蟹に生姜たっぷりのつけダレでいただく。


おもしろい食べ方では、蟹のニンニク油焼きです。
市内で2店舗あるベトナム料理屋さんで出している。知る人ぞ知る超有名店。
我こそは歩くかに道楽さん、塩ゆでに飽きたらニンニク焼き、お試しあれ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2009年12月18日
« 前の記事「プライドパレード」へ
»次の記事「星降るロビー ハイアットリージェンシー」 へ
おすすめ記事
    サンフランシスコ特派員 新着記事
    キッズだけじゃもったいない! Whole foods Marketで見つけたランチバック
    市内観光地の写真で見たお盆の風景
    トラベルサイズ御用達ドラッグストアはここ (^ ^ v
    貴方の車、給油口はどっち?ガソリンスタンドは通じるの?
    サスペンスドラマみたい?ポイントレイズ"断崖絶景"
    "聖なる水" は本当に透明だった @ Mt Shasta
    シャスタ人 "御用達" レストラン&グロッサリーはここ。
    時差ボケ中の夜中 日本のお土産・頂き物を整理してみた
    1年前の同じ月に投稿された記事
    Little Nepal(ネパール料理)
    SFから45分ほど南にあるワイナリー

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/20更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンフランシスコ特派員

      サンフランシスコ特派員
      美丸(Mimaru)
      サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集