海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > ヤッパン号 <咸臨丸入港150周年>

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年3月30日

ヤッパン号 <咸臨丸入港150周年>


メール プリント もっと見る

ヤッパン号 <咸臨丸入港150周年>

咸臨丸プレート8155.JPG


幕末の歴史で『咸臨丸』という船をご存知の方は、多いと思います。  1857年3月オランダ生まれのヤッパン号(オランダ語で日本という意味)  3本マストと西洋式スクリュー付きで当時の日本では、実に ”ハイカラ” な軍艦でした。


ヤッパン号は、咸臨丸と名前をあらため、日米修好通商条約の批准書交換で、渡米するお役人さん達を乗せた軍艦ポーハタン号の ”万が一のお共” として1860年2月9日浦賀を出港。  


軍艦奉行・木村摂津守を筆頭に、艦長・勝海舟。  木村摂津守の従者・福沢諭吉。  通訳・ジョン万次郎。  更に、 ”咸臨丸の万が一” と米国側連絡係を兼ねてジョン・ブルック大尉が乗船。  日米あわせて107名の乗組員。

お共と言っても咸臨丸は、本船ポーハタン号よりひと回り小さな船で、真冬の太平洋に乗り出した。  船に弱い方、想像しただけで船酔いしそうであります。  本当に嵐の連続だったそうです。


勝海舟は、江戸で蘭学を学び、長崎でオランダ語を活用。


福沢諭吉は、長崎でオランダ語を学び、横浜の外国人居留区へ行った際、英語の看板が読めずショックを受け、以来英蘭辞書を駆使して英語の勉強。


ジョン万次郎は、本場アメリカ仕込みの英語と立ち振る舞い。


お奉行様は、長崎赴任の時身につけたオランダ人との交流テクニックを発揮し、西洋人に負い目を感じない様にと私財をなげうって、日本人乗組員の身支度を整えた。  後は “良きに計らえ”


船内の人間模様はいかがなものだったでしょうか?


3月17日、サンフランシスコ入港。  ピア9番に接岸。  この航海で三人の水夫さんが亡くなっています。  コルマの日本人墓地に静かに眠っています。  墓碑に刻まれた年齢、21。  艦内で伝染病にかかり、力つきました。  荒れ狂う大海原での不安、船底で雑魚寝、しかも重労働。  故郷の瀬戸内海が恋しくなった時もあったのではないでしょか。


ポーハタン号は、10日後に到着。


入港後、ご一行様は、現地の方と一切トラブルを起こすことなく、礼儀の正しさを賞賛されて途中ホノルルにより、5月5日浦賀に帰港。


大義終了後、咸臨丸は、小笠原諸島の調査に従事。  1866年、故障が続くため、蒸気機関を撤去され、帆船となります。


1871年、小樽に向けて出航。  北海道木古内町和泉沖で暴風にあい、更木岬で遭難。


11月2日、咸臨丸14年の歴史に終止符。


今年は、艦厘丸サンフランシスコ入港150周年。4月に日本町で開催される 『桜祭り』 でイベントが予定されています。  また、練習帆船 “海王丸” が艦厘丸の子孫の方を乗せて東京港を出港、5月5日サンフランシスコに寄港予定です。

*写真は、ピア9の歩道に埋め込まれたプレート。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2010年3月30日
« 前の記事「SENSUS 2010 米国版国勢調査で思った事、、、。」へ
»次の記事「モテる女の条件 <芸者>」 へ
おすすめ記事
    サンフランシスコ特派員 新着記事
    キッズだけじゃもったいない! Whole foods Marketで見つけたランチバック
    市内観光地の写真で見たお盆の風景
    トラベルサイズ御用達ドラッグストアはここ (^ ^ v
    貴方の車、給油口はどっち?ガソリンスタンドは通じるの?
    サスペンスドラマみたい?ポイントレイズ"断崖絶景"
    "聖なる水" は本当に透明だった @ Mt Shasta
    シャスタ人 "御用達" レストラン&グロッサリーはここ。
    時差ボケ中の夜中 日本のお土産・頂き物を整理してみた
    1年前の同じ月に投稿された記事
    マリナにあるベジタリアンフレンドリーなレストラン

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/21更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンフランシスコ特派員

      サンフランシスコ特派員
      美丸(Mimaru)
      サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集