海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > モテる女の条件 <芸者>

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年4月 6日

モテる女の条件 <芸者>


メール プリント もっと見る

モテる女の条件 <芸者>

2009舞妓0179.JPG


様々な人種が混在するベイエリア。  肌の色にしても多種多様で、考え方も自由で、進歩的な考え方をする人が多い。  モテる女性はどんな人? 非常に難しい。  しかし私が『日本人女性』という事でこんな思い出があります。


相手は、シリコンバレーの某IT企業のシステムエンジニアのアメリカ人男性。  誰よりも早くハイブリット車を購入。  その車は通勤用で、週末用に四駆車も所有。  週末は、お寿司を食べに、冬はみんなでスキーに行って、年越しカウントダウンの花火を見ながら ”ピンクのシャンパーン” をポ〜〜ンッと開けていた。


私にとっては大変幸せな時を過ごしました。

春スキーをみんなで楽しんだ数日後、突如彼は、「貴方は、”変わった” 日本人女性です。」と言い出した。


皆さん、私のプロフィール写真を見てください。  善し悪しはともかく、いわゆる一般的な日本人だと、私は思います。  目はポッテリ一重で、身長は160cmの標準。  お箸と焼き魚、みそ汁で育ち、ほうじ茶をすすり、ちゃぶ台には醤油が置いてある。  季節になれば ひな人形も飾る。


自称 ”日本食通” の彼に、刺身のツマは、食べられる物だと教えたのはこの私。  茶碗蒸しは、デザートではないと一緒に食べたではないか。  それを今更何故、変な日本人扱いをする!  パーティーで靴を脱がなかったのが変だったのか!  乗っていた車がフォード・エクスプローラだからなのか!  それとも、着物を着ていないからか!!!


キ・モ・ノ。  何か予感して具体的に聞いてみた。


彼曰く、「日本の女の人は、無口です。  微笑むだけで大声で笑いません。  お酌はしますが、お酒は飲みません。  そして貴方は、いつも僕の隣を歩きます。」


これが、私が変な日本人女性の理由でした。


三歩下がって師の影を踏まず、、、三つ指ついて何とやら、、、。  愕然とした。  これまさに『富士山・芸者』の時代の話ではないか。  世界中の最新情報が集まってくるシリコンバレーにいる男の描く日本の女性とは、これだったのか!?


そして彼は去った。  真の日本人女性を見つけ出す為に、、、。


日本の女性は、繊細で、優しく、もの静かで、肌のきめも細かく奇麗です。 アジア系の多いこのエリアでも、日本人という事で確かにモテます。  物事を大げさに荒立てる事をせず、忍耐強く、家庭をしっかり守ってくれそうなので ”奥さん” にしたいという人もいます。⇒由々しき事ですが、夫の浮気を許すという意味にもとれます。


ある時、湯のみ茶碗を両手で持って日本茶を飲んでいた時。


「アメリカ人は、マグカップで飲むので片手で持つけど、片方の手を添える仕草が、とても可愛い。」と言ってくれた男性がいました。


小さい時からの小さな仕草が、大雑把な国民には ”愛おしく見える” のかもしれません。


<写真は、京都の舞妓さん。 珍しそう?に見つめる旅行者>

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年4月 6日
« 前の記事「ヤッパン号 <咸臨丸入港150周年>」へ
»次の記事「開店のお知らせです。 <ブラック・フリース & ヒース・セラミックス>」 へ
おすすめ記事
    サンフランシスコ特派員 新着記事
    貴方の車、給油口はどっち?ガソリンスタンドは通じるの?
    サスペンスドラマみたい?ポイントレイズ"断崖絶景"
    "聖なる水" は本当に透明だった @ Mt Shasta
    シャスタ人 "御用達" レストラン&グロッサリーはここ。
    時差ボケ中の夜中 日本のお土産・頂き物を整理してみた
    アメリカンマムの朝食 ワインカントリーのおすすめAirBnB(エアービーアンドビー)
    SFO国際線到着ロビーからダウンタウン シャトルバス編
    【成田空港にて】降りてびっくりターミナル間違えちゃったのに気づく
    1年前の同じ月に投稿された記事
    Indian Oven (インド料理)

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/18更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンフランシスコ特派員

      サンフランシスコ特派員
      美丸(Mimaru)
      サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集