海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > オルセー美術館@デ・ヤング美術館!

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年7月18日

オルセー美術館@デ・ヤング美術館!


メール プリント もっと見る

オルセー美術館@デ・ヤング美術館!

070610印象派b.jpg


フランス・オルセー美術館から絵画が、沢山やって来ました。  場所は、ゴールデンゲートパーク内、デ・ヤング美術館。  オルセー美術館が1986年にオープンして今回改装工事の関係で、印象派、後期印象派の絵画展を2回に分けて開催です。  北米で、唯一の開催場所となります。

印象派の絵画は、様々な形でいろいろな場所で見かけます。  何といっても色使いがきれいで明るく、何を描いているか理解しやすいので、大好きなのですが、印象派とは何なのでしょう、調べてみると。


19世紀後半、フランスからアメリカ、日本に普及した芸術活動で、1874年、複数の画家による私的な個展から始まった。  その始まりは‥


ある絵描きさんが、一般のモデルさんのスッポンポンの絵 ”裸婦” を描きました。  当時、聖書や神話の中での裸婦像が一般的だったのが、目からウロコ! カウンターカルチャー的作品が表れました。  当然、主流派は、非難囂々。  しかし、賛同の声もあがり、反主流派が、自分たちの作品を発表しようとなった訳です。 →政治の話みたい。


”印象派” という呼び方は、その個展でモネの作品名からつきました。


また、ほぼ同時期に1867年、パリ万博。  日本が初めて参加した万博です。  日本の工芸品が大変人気を呼び、印象派の方達に強い影響を与えました。 →骨董好きの方には有名な話。


夏休み中でもあり、この展覧会、とにかく大盛況です。  時折、入場制限として、30分毎の入場時間付き券になっています。  待っている間は、常設展示を見学したり、中庭見ながらカフェでお茶を飲んだりするといいですよ。  私は、30分待ちでしたが、午前中は、比較的空いているそうです。


『ビーナスの誕生』から始まり、『笛を吹く少年』『ゆりかご』『バテニョールのアトリエ』『ダンス教室』『サンラザール駅』『モントギュエル通り、1878年6月30日の祭典』『グレイと黒、、母の肖像』『ブランコ』etc‥  しっかり数えてないけど百点以上展示。  モネ、ルノアール、マネ、ドガといった画家を含め36名のアーティスト。


この頃の絵画は、大変人気があるので、見た事のある、聞いた事のある作品がいっぱいあります。  絵の特徴からも、会場全体が明るく、華やかな雰囲気です。  とても心地よい展覧会です。


『印象派の始まり、オルセー美術館からの名作展』が、9月6日まで開催。


『バン・ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌ等後期印象派展(オルセー美術館より)』が、9月25日〜2011年1月18日まで開催予定。


今回は、展示されている絵画の ”絵葉書の本” を買いました。  9ドル95セント。


次回は、9月末、後期印象派展に行ってみよう。


リージョン・オブ・オナー美術館でも『パリの印象派』の展覧会が、9月26日まで開催中。


「デ・ヤング美術館」公式サイト(英語) 
http://www.deyoungmuseum.org/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2010年7月18日
« 前の記事「蛸が当てたオレンジ(赤&黄色)」へ
»次の記事「ビールの話」 へ
おすすめ記事
    サンフランシスコ特派員 新着記事
    あの像は...? 端っこ微妙な場所ポツンと見えた
    火事と戦う Fire Fight 日曜日ソノマの町
    火事と戦う "Fire Fight" ナパバレーの様子
    ぶらり路線バス 〜エメリービルとバークレーAC Transit〜
    期間限定!アルカトラズ島のトレイル
    未だ延焼中の山火事消えたアルカトラズ島
    ユニオンスクエアE&Oレストラン 週末H.Hはここ!レイトディナーもありがたや 
    "フォルサム(Folsam)" 世界最大のレザーの祭典?!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    プライドパレード

    アメリカ ツアー最安値


    2017/10/24更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンフランシスコ特派員

      サンフランシスコ特派員
      美丸(Mimaru)
      サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集