海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > 朝市にて、

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年12月12日

朝市にて、


メール プリント もっと見る

朝市にて、

指レモン2.jpg
<Finger Lemon>
指みたいなレモンなので、
ブッタハンド(仏様の手)とも言うようですねぇ。
ほとんど皮ですが、苦みは少ないです。


フック&ゴー2.jpg
<HOOK & GO>
袋を引っ掛けて歩く。
手押し、ゴルフカートにそっくり。
68ドルします。

朝市の籠の中 007.jpg
これは、少し前の写真。  
<買い物カゴの中>
ビニール袋、プラスティックの容器が入っています。
タンポポの葉っぱとラデッシュが入っています。

毎週土曜日は、フェリービルで朝市が開かれています。  最近は、食品関係の視察だけでなく、グルメツアーの方達も訪れます。  地元のスターシェフ達が珍しい食材を探しに来て、食べ方を農家の方に教わっていたりしています。  ファーマーズマーケットについて尽力されているカリフォルニア料理の母も時々やって来て、各農家の方に、にこやかに声をかけています。


また、この辺りは、環境問題について考えている方が多い。  ここのバイオバックは、有料で、農家の方は、代わりにリサイクルできる "ブラウンバック" を用意しています。→ 昔、焼き芋入れてた茶色の紙袋。  日本ではあまり見なくなりました。  


フック&ゴーは、最近よく見かけるアイテムで、「これすごく便利。 スーラ・テーブル(キッチン雑貨屋)にもあるわよ。」 と教えてもらいました。  キャスター付き買い物カゴには、デリを入れるリサイクル可能なコンティナーで、緑の網のカゴは、ベリーが入っていた物です。


エコバックは勿論、キャスター付き、容器の再利用が目立ってきました。


この朝市で、プラスティックバックを使わなくなって3年ほどになるでしょうか。  当初は随分と戸惑っていたお買い物客の方を見かけました。 「袋25セントもするの?!」 と驚いていた方、私もそうでしたが‥。


ならば、家にある袋使えばいい。 と私もジップロックを再利用しています。  体によい,安心して食べられる物を探しているうちに環境にも良い事になっていました。


食材探しに出かけているのですが、周りの方の持ち物を見てみると、また違った角度から住んでいる方達の様子,考え方がうかがえます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年12月12日
« 前の記事「Pacific Catch」へ
»次の記事「ポスト印象派 @デ・ヤング美術館」 へ
おすすめ記事
    サンフランシスコ特派員 新着記事
    感謝祭前日 〜散策見物〜 市庁舎・金門橋・双子丘
    ブラックフライデー秒読みフライズ(Fry's)西部開拓時代の再来になるか?
    ハイエンモールサンタナロウ 車は買えないがグミ買ってセレブ気分
    感謝祭直前フェリープラザ・ファーマーズマーケット
    ベタでも外せないサンフランシスコ土産3選 ピア39
    紅葉サンフランシスコ日本町とゴールデンゲートパークの五重塔
    DIVE BAR チャイナタウンの怪しげバー体験
    ボジョレー・ヌーボー解禁とナチュラルワイン (Vin Nature)
    1年前の同じ月に投稿された記事
    サンフランシスコのくるみ割り人形
    星降るロビー ハイアットリージェンシー
    やっぱり蟹でしょう!

    アメリカ ツアー最安値


    2017/11/24更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンフランシスコ特派員

      サンフランシスコ特派員
      美丸(Mimaru)
      サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集