海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > ヨセミテ公園

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年1月11日

ヨセミテ公園


メール プリント もっと見る

ヨセミテ公園

Tunnel View.jpg

観光のポイントは、

白い花崗岩の絶壁、巨大な滝、流れる川、セコイアの林を眺める事ではないでしょうか。  シェラネバダ山脈の西側に位置し、年間400万人以上のお客様が、世界中から訪れ、ヨセミテ渓谷を主に見て回ります。  東京都の1.5倍の大きさの公園の1%にも満たないエリアです。


本当にあちこちに絶壁がありますが、ほとんどが、花崗岩でできています。  墓石に使われる御影石の仲間ですが、コレの元が、 "シェラネバダ・バソリス" という深成岩(深い+岩=深成岩)の形の一つ。


どうやってできたか?  地表を覆う厚さ100km位の岩盤がある。→ プレート。  西海岸にもファラロンプレートと北米プレートがあり、この2つがぶつかった。  ファラロンは、北米の下に潜り込んでいった。  その際、すれた場所に熱が出て、溶け出した。  他の岩の間に入り込んでいく。→ "貫入" という。  しばらくすると冷えて固まりバソリスの原型。  深い所に岩ができる。  花崗岩といえる物が、地下9〜10kmあたりにできた。


また、断層が動いて山がどんどんでき始める。  シェラネバダ山脈が誕生していく。  高くなるという事は、緩やかに流れていた水が、急流となってしまう。  周囲を一気に削り始める。  


山はできるは、斜面は削るは、大騒ぎとなる。


終いには、地下にあるはずの岩まで現れた。  出てきた岩も表面が、剥がれて丸くなったり、"節理" とよばれる割れ目ができ、岩崩れが発生。→ 主に垂直方向に割れている。


そして、シェラネバダには、4回氷期が訪れていて、後退期に岩くず等でできる堆石 "モレーン" により土手ができ、水たまり、湖ができた。 


ちなみにこの話、5億年前まで遡る話です。  雄大な景色に、壮大な歴史があるんですね。

World Heritage Site.jpg


1984年、ユネスコの世界遺産(自然遺産)の指定を受けているのは、知られている事ですが、基準のヒトツ。


『地球の歴史上の主要な段階を示す顕著な見本であるもの』 
とは、コレだったんですね。


www.nps.gov/yose/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2011年1月11日
« 前の記事「大きな滝と小さな滝 @ ヨセミテ公園」へ
»次の記事「開店のお知らせ」 へ
おすすめ記事
    サンフランシスコ特派員 新着記事
    あの像は...? 端っこ微妙な場所ポツンと見えた
    火事と戦う Fire Fight 日曜日ソノマの町
    火事と戦う "Fire Fight" ナパバレーの様子
    ぶらり路線バス 〜エメリービルとバークレーAC Transit〜
    期間限定!アルカトラズ島のトレイル
    未だ延焼中の山火事消えたアルカトラズ島
    ユニオンスクエアE&Oレストラン 週末H.Hはここ!レイトディナーもありがたや 
    "フォルサム(Folsam)" 世界最大のレザーの祭典?!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ファンシー・フードショー <味噌と納豆、そしてジュリア>
    桑港・厠事情
    ラグビー@ユニオンストリート
    美味しい景色のレストラン

    アメリカ ツアー最安値


    2017/10/23更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンフランシスコ特派員

      サンフランシスコ特派員
      美丸(Mimaru)
      サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集