海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > 電気のお話、あれこれ。

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年7月28日

電気のお話、あれこれ。


メール プリント もっと見る

電気のお話、あれこれ。

Dolores park.jpg
<Dolores Parkより眺めるサンフランシスコ>

電気の源‥


市の電気の源は、天然ガス火力が3割強、石炭火力2割、水力2割強、原発2割弱、再生可能エネルギーが1割強。  アルタモン峠の大きな風車(風力発電)、モハべ砂漠の太陽光発電等 "再生可能エネルギー" は、近年研究開発が盛んに行われています。  道路を走る車の振動で発電なんていう計画もあるので、ケーブルカーのゴトゴト振動でもって電気ができるかもしれません。  再生可能エネルギー発電の設備投資は現在、税金の控除になっていますので、このご時世、事業主の方には魅力的な制度です。  サンフランシスコは、他所から電力供給されているので 『省エネ』 意識は非常に高いです。  検針器を電子式にして1時間毎の使用量まで分かっちゃうんですから、嫌でも気になります。


*カリフォルニア州北部の電力供給会社 『PG&E』 ⇒ 1998年電力自由化で電気を "作る会社" と "売る会社" に分ける事になりPG&Eは、売る会社となりました。  2年後原料の天然ガスの値上がり、買値は上昇しかし、売値(料金)を上げる事ができずに "逆ざや" 翌年4月破産 『電力危機』 ⇒ 割高購入していたとは言え、短期に更に高値で買う取引先を優先していたエネルギー商社の存在もありました。


Hunters Point‥


2006年5月15日市の南東部にある 『ハンターズポイント』 の火力発電所が閉鎖されました。  このエリアに住んでいる人達は、、有色人種、貧困層が多く、犯罪率も高い。  旅行者向け案内には、"危険な場所" とされています。  1994年に閉鎖になりましたが、造船所だった場所でもあり、大気汚染、土壌汚染で住民の健康被害も深刻です。  以前は10人に1人が喘息患者、胎児死亡率1000人中11人。  市が再開発計画を打ち出し、少しずつ環境が改善されていく地域です。


電線‥


1899年ユーバ川に、水力発電所を幾つかつくりました。  ここからウッドランド、(ナパ) バレホ、オークランドの各町に電気を送る事になりました。  その距離200km以上を杉の柱を使って "送電線" を建設。  当時,世界最長送電線となりました。  が、大都市オークランドに電線を張るにはどうしても1kmほど "海峡越え" が必要。  木製では不可能で、海底ケーブルでは電力の損失が多すぎるので、世界初 "鉄の塔" を海峡幅の最も狭い Carquinez(カーキネス) で建設。  1901年4月27日運転開始。


*送電 "鉄塔" が生まれた場所。


余談‥


サンフランシスコの街を歩いてみて "電線" がない住宅地って大体、高級住宅地。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 通信・携帯・インターネット
2011年7月28日
« 前の記事「The Gallery Pebble Beach」へ
»次の記事「Haight - Ashbury  >パブ<」 へ
おすすめ記事
    サンフランシスコ特派員 新着記事
    火事と戦う "Fire Fight" ナパバレーの様子
    ぶらり路線バス 〜エメリービルとバークレーAC Transit〜
    期間限定!アルカトラズ島のトレイル
    未だ延焼中の山火事消えたアルカトラズ島
    ユニオンスクエアE&Oレストラン 週末H.Hはここ!レイトディナーもありがたや 
    "フォルサム(Folsam)" 世界最大のレザーの祭典?!
    プレミアチケット? 並んだアルカトラズ島当日券
    サピッと見物 JPOP SUMMIT でシアトル味噌ラーメン啜る
    1年前の同じ月に投稿された記事
    サンフランシスコマラソン
    ビールの話
    オルセー美術館@デ・ヤング美術館!
    蛸が当てたオレンジ(赤&黄色)
    お誕生日おめでとう!
    ビジネスマンの中継地点、立寄所?

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンフランシスコ特派員

      サンフランシスコ特派員
      美丸(Mimaru)
      サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集