海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > The Gallery Pebble Beach

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年7月21日

The Gallery Pebble Beach


メール プリント もっと見る

The Gallery Pebble Beach

Gallery Cafe.jpg


世界中のゴルファーの憧れのコース "ペブルビーチ" 併設されている "ギャラリー・カフェ" です。

プレー代が、500ドル (目玉が飛び出ちゃいそうな金額) のコースの朝飯食堂でもあり、お客さん達は、それなりにお行儀の良い方達が多いけど、量はたっぷりガッツり


席に着くと早速、コーヒーか紅茶を尋ねられ、次にオレンジジュースはどうかと尋ねてきます。  プレー前の食事(というのが前提)なので、手際よくオーダーをきいてきます。


 


Gallery Omelets.jpg


コーヒー($3.75)を注文して、


サウスウエストオムレツ ⇒ ざく切りトマト、サルサ付き
カリフォルニアオムレツ ⇒ アボカド付き


Gallery Egg Benedict.jpg Egg Benedict

>エッグベネディクト<


この料理の発祥は、諸説云々ありますが、ニューヨーク辺りが出どころのようです。  そして、この卵料理に欠かせないのが、Sauce Hollandaise "オランディーズソース" です。  大雑把なレシピですが、卵黄とバターとレモン果汁をよ〜く撹拌して、塩・黒胡椒で調味、カイエンヌペッパーで風味付けしたフランス料理のソースで、マヨネーズによく似てます。  ジャガイモ、白身のお魚とかに使います。


(バターを塗ったトースト+ベーコン+ポーチドエッグ)×かける オランディーズソース = エッグベネディクト。  トーストは、イングリッシュマフィンでカナディアンベーコンを使うのが正統と言ってますが、ベジベネディクトは、ベーコンの代わりにアボカドってカリフォルニアらしい。

半熟卵の料理なのでレストランやカフェでの 『卵の鮮度』 のバロメーターにしています。  それにしてもどうしてこんなに朝からボリューム満点なのかしら‥。


『Breakfast』の意味

   

イスラム教のラマダン 「断食」 は、よく知られていますが、キリスト教でも断食 "fast" は、大切な習慣でした。  夕食以降翌日の朝食までの断食を破る "break" するところからブレックファストとなったのですが、昔の人達は、起きた時は、めちゃくちゃお腹が空いていたので、朝ガッツり食べるわけで、そのなごり。  確かに空腹時にスーパーマーケットでの買い物は、ガッツり買っちゃいますものねぇ。


ここに限らず、オムレツは、卵2個分が普通サイズで、3個使ってオムレツという場所もあります。  「ここの目玉焼きは美味しいからいつも5個焼いてもらうんだ。」 って言ってたアメリカ人もいました。  幾ら断食を破るとは言え、それは食べ過ぎと個人的に思います。


オムレツは、14ドル。  エッグベネディクトは、16ドル。

  

ごちそうさまでした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2011年7月21日
« 前の記事「なでしこ様、おめでとう。」へ
»次の記事「電気のお話、あれこれ。」 へ
おすすめ記事
    サンフランシスコ特派員 新着記事
    見えた99年ぶり "アメリカ本土横断皆既日食"
    キッズだけじゃもったいない! Whole foods Marketで見つけたランチバック
    市内観光地の写真で見たお盆の風景
    トラベルサイズ御用達ドラッグストアはここ (^ ^ v
    貴方の車、給油口はどっち?ガソリンスタンドは通じるの?
    サスペンスドラマみたい?ポイントレイズ"断崖絶景"
    "聖なる水" は本当に透明だった @ Mt Shasta
    シャスタ人 "御用達" レストラン&グロッサリーはここ。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    サンフランシスコマラソン
    ビールの話
    オルセー美術館@デ・ヤング美術館!
    蛸が当てたオレンジ(赤&黄色)
    お誕生日おめでとう!
    ビジネスマンの中継地点、立寄所?

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/23更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンフランシスコ特派員

      サンフランシスコ特派員
      美丸(Mimaru)
      サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集