海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > 壁画家 ディエゴ・リベラ

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年1月 4日

壁画家 ディエゴ・リベラ


メール プリント もっと見る

壁画家 ディエゴ・リベラ

Diego Rivera 2592.jpg ディエゴ・リベラ ギャラリーの壁画
圧倒されるほどの迫力です!


Diego Rivera1064.JPG The Flower Carrier(テンペラ画)
Indian Girl With Coral Neckless
La Tortilla

SFMoMA に展示されてる作品。  かつて The Flower Vender と呼ばれていたお花を入れたかごを背負う絵画は、テンペラ画の代表的作品です。  テンペラ画って水性と油性を混ぜ合わせた絵の具とか絵画ですが、これだと色あせが少ないそうだ。  数百年経っても色あせないって事。


"ラスコー洞窟の壁画" (牛みたいな絵)歴史の時間に聞いたような気がしますが、壁に漆喰を塗って石灰水で溶いた絵の具で絵を描くと持ちがいい、この方法を フレスコ画 と言って壁画に用いる方法ですが、旧石器時代後半のラスコーの動物壁画は、洞窟内の炭酸カルシウムがいい具合に天然のフレスコ画になった。  


リベラ氏は、絵の構成はなかなかユニークですが、長期保存できる方法で描いているもの興味深いです。  メキシコ生まれのこの方人相はあまりよい方ではなかったらしく野獣とか言われてそうで、作品を見るとどこか不格好なのは勝手な推測か‥。


City Club1993.JPG
Riches Of California


The City Club San Francisco (証券取引所タワー) 10階の階段踊り場。  1931年完成、彼のアメリカでの最初の作品で、カリフォルニアを表現したものです。  中心のカリファ女王(州名の由来)以外は表されている人物が、全て "男性" なのも時代なのでしょか。


市内にはもう一作、シティーカレッジに展示されています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2012年1月 4日
« 前の記事「明けましておめでとうございます。」へ
»次の記事「SFO国際線ターミナルとセキュリティーゲートで‥」 へ
おすすめ記事
    サンフランシスコ特派員 新着記事
    キッズだけじゃもったいない! Whole foods Marketで見つけたランチバック
    トラベルサイズ御用達ドラッグストアはここ (^ ^ v
    貴方の車、給油口はどっち?ガソリンスタンドは通じるの?
    サスペンスドラマみたい?ポイントレイズ"断崖絶景"
    "聖なる水" は本当に透明だった @ Mt Shasta
    シャスタ人 "御用達" レストラン&グロッサリーはここ。
    時差ボケ中の夜中 日本のお土産・頂き物を整理してみた
    アメリカンマムの朝食 ワインカントリーのおすすめAirBnB(エアービーアンドビー)
    1年前の同じ月に投稿された記事
    風邪に効く‥‥。
    モダンアートなワイン
    開店のお知らせ
    ヨセミテ公園
    大きな滝と小さな滝 @ ヨセミテ公園
    元旦の買い物
    大晦日

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/19更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンフランシスコ特派員

      サンフランシスコ特派員
      美丸(Mimaru)
      サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集