海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > ほろ酔いLivermore Valley ワイン話

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年9月28日

ほろ酔いLivermore Valley ワイン話


メール プリント もっと見る

ほろ酔いLivermore Valley ワイン話

concannon4590tesla.jpg

1760年代、宣教師さん達が、ここに葡萄の木を植え、1840年代にリバモアさんが商業用の葡萄を植えました。  1880年代最初には、ウエンティさん、コンキャノンさん、ウエットモアさんが、それぞれのワイン醸造所を設立。  ウエットモアさんのワインは、1889年のパリ万博、国際ワイン大会で、初めてアメリカワインが金賞受賞、カリフォルニアワインがワインの世界地図に初登場しました。   ウエンティさんのワイナリーは今でも家族経営のワイナリーで4代目5代目で運営されています。 2代目のアーネストさんが、UCデービス校の力を借りフランスから葡萄の挿し木を輸入、手塩にかけて育て上げ、カリフォルニア州の約8割のChardonnay(シャルドネ)は、この子孫で、シャトー・モンテリーナ1973年もほとんどこの子孫。


『1976年パリスの審判』 から一躍ナパバレーは、メジャーになりましたが、リバモアバレーも同様古く興味深い歴史があります。  しかし、大都市から近い場所にあるので畑より "新興住宅地" として、禁酒法解禁直後はナパより土地代が高かったそうで、土地代の安いナパバレーにワイナリーが集中し始めました。  サンフランシスコから車で40分くらいですから、葡萄より住宅を!となります。

pagemillwinery1960solivermore.jpg

『Page Mill Winery』  まだまだ日差しの強い日、学校の運動会での "役員用テント" が、裏庭に設営されていて、地元の方々、いろんな形の椅子に座り、持参のスナック片手にほろ酔い加減で、のんびりテイスティング。  料金$5.00で5種類。  喫茶店価格。  2色刷りの広告には、


BYOB is the 3rd Sunday of each month !‥‥


BYOB ⇒ ブリング・ユア・オゥン・ボトル  スーパーマーケットだと、Bag(バッグ)ですが、ここは、Bottle(ボトル)の "B" 


*第三日曜日、清潔な空ボトルを持ってくると$8.99で、赤ワインを売ってくれるというのです*

pagemillbackyard.jpg

"作業小屋" 脇で一杯1ドルのテイスティング。


"Petite Sirah" (プティシラー) $20.00購入。  その際テイスティング料金を引いてくれたので、$15.00☆  しかし、petite Sirah(プティシラー)と、Syrah(シラー)スペル以外にどこが違うのか?  ほろ酔いながら不思議に思い、まぁ帰ったら教本で調べてみることにして、次々ワイナリーを巡り、必ず出くわすプティシラーを味見。


‥濃厚な色あい、濃い色ベリーの熟香、ジャブ的に適度なタンニン、乾いた大地の恵みを感じます。  優しいZinfandel(ジンファンデル)♡ の様な、Cabont Sauvignonの存在感と比べるのは野暮ですが、キャボ系好きにはいいかもしれない‥。 とほろほろ酔いで思いました。

mcgail5600greenville.jpg


『プティシラー』は、カリフォルニア州独特のブドウ品種で長期熟成可能で、貯蔵保管にも適しています。

『シラー』は、葡萄の病気に耐えられるように20世紀始めにローヌ系土着品種 "プルールサン" を品種改良したものでコート・デュ・ローヌ地方のフランスの伝統的なブドウ品種。 エルミタージュ、シャトーヌフ・デュ・パプ、コート・ロティ、南部では、Vin de Pays(地ワイン)で使われています。  


<<1996年UCデービスのラボでカリフォルニアのプティシラーDNA鑑定>>


プティシラーの90%は、フランスの "ドリフ種" と分かりました。  ドリフ種っていうのは、1880年頃フランスのドリフ博士によって改良された品種で、父シラー × 母プルールサン。  10%は、プルールサン種。  プルールサン種は、フランスローヌ地元品種でドリフ種の母方。 シラー種のバアちゃん。  よって、プティシラーは、シラー系ドリフ人? ってことかしら!?  移民の国の話だな〜。


かつてプティシラーは、ジンファンデルのブレンド用品種として使われていましたが、1990年以降は "単一品種(バラエタルワイン)" として作られはじめ、カリフォルニア固有品種としてシェア確立。  インディーズ系地ワイン。       


<Concannon Vineyard> 
concannonvineyard.com

<Page Mill Winery> ⇒ 地図
www.pagemillwinery.com

<LAS POSITAS VINEYARDS>
www.laspositasvineyards.com

9月のお題"地酒"

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒
2012年9月28日
« 前の記事「カーテンコール。」へ
»次の記事「10月に‥。」 へ
おすすめ記事
    サンフランシスコ特派員 新着記事
    貴方の車、給油口はどっち?ガソリンスタンドは通じるの?
    サスペンスドラマみたい?ポイントレイズ"断崖絶景"
    "聖なる水" は本当に透明だった @ Mt Shasta
    シャスタ人 "御用達" レストラン&グロッサリーはここ。
    時差ボケ中の夜中 日本のお土産・頂き物を整理してみた
    アメリカンマムの朝食 ワインカントリーのおすすめAirBnB(エアービーアンドビー)
    SFO国際線到着ロビーからダウンタウン シャトルバス編
    【成田空港にて】降りてびっくりターミナル間違えちゃったのに気づく
    1年前の同じ月に投稿された記事
    就活 〜コネと才能?〜
    Alpaca Fashion @ Pier 39
    HAPPY HOUR @ DELICA rf-1 Deliって?
    A's と Money Ball
    審美眼を磨いたら 〜スタイン・コレクション最終週〜

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/18更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンフランシスコ特派員

      サンフランシスコ特派員
      美丸(Mimaru)
      サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集