海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > ストーブ&冷蔵庫がやって来た。その1

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年2月10日

ストーブ&冷蔵庫がやって来た。その1


メール プリント もっと見る

ストーブ&冷蔵庫がやって来た。その1

oldstove&frig.jpg


節分も過ぎ、サンフランシスコは桜が、咲き始め、花粉症の方は薬を飲み始める今日この頃です。  家のストーブがいよいよ寿命となりました。  長年使われ続けてある意味大往生だったと思われ、最期は、スイッチ入れたとたん大きく火花をちらして逝きました。

聞けば建物は1976年にでき、その時からの物のようで、ストーブの配線図の紙が油紙で時の流れを感じます。


oldinstraction.jpg


私の経験だけですが、アメリカでアパートを借りる(賃貸)時、『家具付き、家具無し』 とありますが、日本のコンロにあたるストーブは冷蔵庫同様備え付けです。  なのでストーブを買うのは、"大家さん・自己所有" のようです。  とにかく住んでいるコンド全体の電気系統を賄っている電気屋カイルさんに相談し "家庭用厨房機器専門店" を教えてもらった。


「安い家電量販店でいいのに‥。」 と呟きながら行ってみた。  派手な看板があるわけではない店内にアパート用からヨーロッパ製のストーブや冷蔵庫、食洗機、水道の蛇口、キッチンのモデルルームまであり、店員さんを見ると年季の入った方達ばかり。  


LOWES(ロウズ)、HOME DEPOT(ホームデポ)の明るさはなかった。  


追記:
カイルさんは、今のストーブの大きさのをきちんと計る事も付け加えて教えてくれた。 実際計ってみるとinch(インチ2.54cm)。 ヤード・ポンド法 端数の1/2、3 /4、5 /8どれが一番大きい数字か???  分からなくなるのは私だけか?! アメリカ人は、みな理解しているのかと今更不思議に思う‥。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2013年2月10日
« 前の記事「"リトルサイゴン" 正月祭り」へ
»次の記事「ストーブ&冷蔵庫がやって来た。その2」 へ
おすすめ記事
    サンフランシスコ特派員 新着記事
    火事と戦う "Fire Fight" ナパバレーの様子
    ぶらり路線バス 〜エメリービルとバークレーAC Transit〜
    期間限定!アルカトラズ島のトレイル
    未だ延焼中の山火事消えたアルカトラズ島
    ユニオンスクエアE&Oレストラン 週末H.Hはここ!レイトディナーもありがたや 
    "フォルサム(Folsam)" 世界最大のレザーの祭典?!
    プレミアチケット? 並んだアルカトラズ島当日券
    サピッと見物 JPOP SUMMIT でシアトル味噌ラーメン啜る
    1年前の同じ月に投稿された記事
    The Old Clam House
    大雑把なレシピの "チョッピーノ"
    【2月17日(金)〜 21日(火)】 ベイブリッジ West lanes
    Transamerica Pyramid
    Valentine's Day 〜ほろ苦いチョコの味〜
    Amtrack Capitol Corridor

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンフランシスコ特派員

      サンフランシスコ特派員
      美丸(Mimaru)
      サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集