海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > 名物は、アメリカ人でも失敗しないハマグリスープ

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年11月15日

名物は、アメリカ人でも失敗しないハマグリスープ


メール プリント もっと見る

名物は、アメリカ人でも失敗しないハマグリスープ

clamchawder:s.jpg
これは珍しい!
殻付きクラムのクラムチャウダー☆


フェリービル内にある "Hog Islad Oyster Co(ホグアイランドオイスター)" 昨年リニューアルオープンしてお店も広くなって少しゆったりした空間になった。  ここのクラムチャウダー($14)は殻付きのアサリを使用、養殖所ならできる贅沢な使い方でたっぷり、一人前を二つに分けてもらった。


サンフランシスコで有名なスープと言えば何と言っても『Clam Chowder(クラムチャウダー)』 各レストランで必ずと言っていいほど目にするメニューだし、ブレッドボウルと言えばサワードウブレッドに入ったクラムチャウダーの事。  シーフードレストランでは、シグネチャーディッシュになっている事も多い。  要するに「当店のが一番さ!」と自慢料理になっている。  それほど地元では愛されているスープなんだけど、歴史の浅い西海岸、悲しいかな生まれた所は東海岸のニューイングランド地方。  ボストン辺りのフランス人の大鍋料理から始まったと言われている。  Chowderは "Chaudiere・大釜" のフランス語からきている説が有力。 


実は「アメリカ人でも失敗しないほど簡単」と言われているスープ。  作り方ざっくり紹介すと、クラム(ハマグリ)の剥き身とサイの目切りの玉ねぎじゃがいも‥ この3つは必須食材、必ず使いましょ!  これらをバターで軽く炒める。  次がポイントとなる作業で、炒めた具に小麦粉を少しずつ加え粉っぽさがなくなるまで炒める‥‥。 こちらでの小麦粉は一般的にAll-purpouse(オールパーパス・中力粉)が出回ってるので、薄力粉に比べるともったりした感じなる、もしCake Flour(薄力粉)があったらそれを使うといい。  そして牛乳投入! 全体がクリーム状になるまで弱火でのばしていき、塩コショウで味を整える☆  野菜はセロリ、にんじん、ベーコンが入っていたりする。


クリームシチューのようクラムチャウダーがいわゆるニューイングランド風チャウダー。  ただ、チャウダー好きの方は、マンハッタン風もあるではないか!と指摘されよう。  こちらはサッパリと牛乳の代わりにブイヨン/コンソメで煮てトマトピューレとざく切りトマトで仕上げる。  また、マイナーリーグ的にお吸い物仕立てのクラムチャウダーも存在する。  ハマグリの洋風お吸い物という案外日本人には受けちゃうタイプかもしれないね。  ひな祭りの頃にでも作ってみよう‥。


それでも手間暇がかかるとお嘆きの方に、さすがアメリカ簡単手軽な方法で "缶詰" がある。  


pilglimjoesclamchwder:s.jpg
《Trader Joe's(トレジョ)》
"PILGRIM JOE'S(ピルグリム・ジョー)" ですよ。

ピルグリムって巡礼者、移住者の意味でアメリカ大陸に宗教な自由を求めて最初にやってきた人達、ニューイングランド地方に住んでいた。


ご存知トレジョで$1.49で売っている濃縮クラムチャウダー缶詰。  缶詰コーナーのあまり目立たないところにある。  小鍋に缶詰を全部入れて牛乳を1カップ(250CC)を合わせかき混ぜながら弱火でゆっくり温めるだけ。  ひょっとしてミルク代の方がかかっちゃうかもね。


(お題:スープ)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材
2014年11月15日
« 前の記事「幕末歴史好きワインラバーにお勧め Paradise Ridge @ Santa Rosa」へ
»次の記事「12月〜 JAL新ダイヤは、仕事上がりで、ひとっ飛び」 へ
おすすめ記事
    サンフランシスコ特派員 新着記事
    部分が見えた99年ぶり "アメリカ本土横断皆既日食"
    キッズだけじゃもったいない! Whole foods Marketで見つけたランチバック
    市内観光地の写真で見たお盆の風景
    トラベルサイズ御用達ドラッグストアはここ (^ ^ v
    貴方の車、給油口はどっち?ガソリンスタンドは通じるの?
    サスペンスドラマみたい?ポイントレイズ"断崖絶景"
    "聖なる水" は本当に透明だった @ Mt Shasta
    シャスタ人 "御用達" レストラン&グロッサリーはここ。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    inbox outbox
    ハッピー・サンクスギビング☆
    何処じゃ!ファーマーズマーケット@フォートメイソン 〜写真で綴る妙道中記〜
    デンマーク発ガストロパブ 〜Mikkeller Bar〜
    雨の朝‥。
    "蟹解禁" フィッシャーマンズワーフに行ってみたけど‥。
    大きくなったね子供達 白鳥親子@Palace of Fine Arts
    自動車も地産地消 Tesla(テスラ)
    ファーマーズマーケット@サンセット地区 NJudah Line
    サマータイム終了;(
    小さな出来事、見つけた事(晩秋、ハロウィン)

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/21更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンフランシスコ特派員

      サンフランシスコ特派員
      美丸(Mimaru)
      サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集