海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > ネバネバ トロみのある食べ物

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年12月22日

ネバネバ トロみのある食べ物


メール プリント もっと見る

ネバネバ トロみのある食べ物

okra-m - 1.jpg


ネバネバした食べ物の代表格が『オクラ(Okra)』

オクラの原産地は、エチオピアあたりという説とインドという説ある。 フランス料理ではあまり使われることはなく、事典によれば、長さ3〜4㎝をバミア、6㎝以上になったものをオクラと呼んでいる。  そして、アメリカだとフランス料理の流れをくむ南部の料理 クレオール/ケイジャン料理によく登場する食材。  ガンボ(Gumbo)と呼んでいる煮込み料理のトロミに使われていて、オクラ入りスープを "ガンボスープ" と言ってたりする。 さて、このガンボ(Gumbo)は、フランス語のゴンボ(Gombo)が英語になった時にスペルがちょっと変わってしまった、フランス版スラング的呼び方、正式には、ケトゥミ(Ketmie)フランス語風に発音すると洒落た食材に聞こえる ^ ^   写真の左のオクラは日本だと "紅オクラ" というものかもしれない。  もう一つが、白っぽいオクラ。  両方とも一般的な緑色オクラより柔らかだった。  赤いオクラは熱を加えると緑色になるので生食用として使うといいですよ!


okra-s - 1.jpg
『オクラの塩麹漬け』
新鮮なオクラを生のまま麹に漬けて...
夏バテに持ってこいの一品。
(師走にはちょっと不自然かな)


このトロミくらいならともかく、粘り気のある食べ物、アメリカ人は基本的に苦手、ピヨ〜〜んと糸を引くのは、噛み切れないもどかしさがあるのかもしれない。  また、蕎麦を食べる時など見方を考えれば "すする文化" ではない。  つまり口からはみ出していてもすすれば良いという食べ方をしない、音を立てて食べるのは行儀が悪いの云々もあるけど口の中に収まるように切って食べる訳で  "ナイフ&フォーク文化にはない食べ方" は、糸をお箸でクルクル〜っとまとめちゃうのはかなり独特の食べ方なのかもしれないね。 納豆の香りは問題ないけど糸引くのが、どうにも食べにくいというのがアメリカ人なのだ。

mtpotetocivicenter-m - 1.jpg


最近よく見るようになったネバネバ食べ物は、『山芋(Mountain Potatoes)』  市場の札にもそのまんまで "マウンテンポテト" という表示。  ファーマーズマーケットでは、アジア系農家でしか売ってなくて、農家の方に「あなた、山芋の食べ方を知っているか?」なんて言われた事があった。 おろして山葵醬油で食べるんだよ〜ん。って言ったら驚いていた。  どうも煮て食べてるみたいだった。


xanthangum-s - 1.jpg
『キサンタンガム(Xanthan Gum)』

手作りローションとか作っている方は、ご存知かもしれないキサンタンガム。  多糖類の一種で主にとうもろこしの澱粉を使って発酵させた物で、水を混ぜると粘り気が出る"増粘剤"  化粧品では、滑らかなローションができるし、料理の場合は、あんかけトロミ用 に使われている。  ピュレの滑らかさを出すのに使うシェフも多い。  ネバネバまではいかないけどネバっ(トロっ)と料理ということで話のネタ。  オーガニック系スーパーには置いている。  一袋1/2lbで12ドルくらい、日本に比べて高いか安いか?


(12月お題"ねばねばした食べ物")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材
2015年12月22日
« 前の記事「スーパーボール Super Bowl50の "50"」へ
»次の記事「クリスマスの見物緑、あれこれ」 へ
おすすめ記事
    サンフランシスコ特派員 新着記事
    火事と戦う "Fire Fight" ナパバレーの様子
    ぶらり路線バス 〜エメリービルとバークレーAC Transit〜
    期間限定!アルカトラズ島のトレイル
    未だ延焼中の山火事消えたアルカトラズ島
    ユニオンスクエアE&Oレストラン 週末H.Hはここ!レイトディナーもありがたや 
    "フォルサム(Folsam)" 世界最大のレザーの祭典?!
    プレミアチケット? 並んだアルカトラズ島当日券
    サピッと見物 JPOP SUMMIT でシアトル味噌ラーメン啜る
    1年前の同じ月に投稿された記事
    今年もありがとうございました。
    入り江にイワシが‥。
    The Holy Eucharist イブのミサ グレース大聖堂
    お菓子の家は魔女の家 Hexenhausヘクセンハウス
    Ugly X'mas Sweater 不細工なクリスマスセーター
    2014年、スーパーサタディー郵便局の最も忙しい日
    Berkeley Bowl West  2号店はわざわざ行く食材店に成長してた。
    ヒッピー風カフェ Philz Coffee
    加減を知らない雨、停電に見舞われて、
    師走あれこれ クリスマスショップ@ポークガルチ、地ビール@ゴールデンゲートハイツ‥ ギフトのアイデァ付き
    風物詩 ユニオンSQクリスマスツリー 点灯式の後は‥

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンフランシスコ特派員

      サンフランシスコ特派員
      美丸(Mimaru)
      サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集