海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > フレンチランドリーの覚書(前半)噂の木箱入りトリュ...

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年12月 1日

フレンチランドリーの覚書(前半)噂の木箱入りトリュフ


メール プリント もっと見る

フレンチランドリーの覚書(前半)噂の木箱入りトリュフ

1111-m - 1.jpg


小春日和、ヨントビルは紅葉真っ盛りの11月後半、『フレンチランドリー(The French Laundry)』 に行ってきた。

1055-s - 1.jpg
オレンジ色と青空がすごく綺麗

1110Farm-m - 1.jpg


お店の反対側にある畑から食材を調達しているのはご存知の方も多いはず。  なので季節外れな野菜は出てこない(はず) 「裏の畑で採れた野菜」 畑と台所が最も近いレストランなのだ。

1118-m - 1.jpg


ナプキンに挟んでるのが "洗濯バサミ" 元はフランス人経営の洗濯屋さんだった店の名前と関連付けてるんだねえ。  洗濯バサミは、ロゴとしても使われている。


1206oyster-m - 1.jpg


タピオカ、オイスター、キャビア 3枚重ねのお皿に恭しく出てきた。  これは上品に食べるより全部軽く混ぜ合わせて食べるといろんな食感が口の中で踊りだす。  

1225jingteacom-m - 1.jpg


今が旬のヤガラを沸騰直前の日本酒で茹でた(Sake Poached Yagara)日本を意識した料理をペロリと食べた後、行儀悪いと思いつつ、知りたくなり透かしてメーカーを探ってみた。   『JINGTEA.COM』 って書いてあった。  ジンティーはイギリスの紅茶ブランドだ。


1452トリュフ箱-m - 1.jpg


噂の乳幼児の頭大 『木箱入り白トリュフ』 登場!    


1452トリュフ-m - 1.jpg


目の前で、シュリ〜シュリ〜シュリ〜っ 鼻腔をくすぐるどころではなく脳天までガ〜ッツリトリュフの香り充満。  今までトリュフに対してこだわりは全くなかったけど(こだわるほど出くわしてないが)今後こだわりの食材として(もし使う機会があれば)扱っていこうと思った。


1454risotto-m - 1.jpg


山盛りてんこ盛りすぎて下のリゾット見えません〜。
これで一皿175ドル。 人生で最も高価なリゾットだ。


噂の『木箱入りトリュフ』について...
これははあくまでも "オプション" 頼まなくていいです。  ただ、ここで食事をした人の土産話には必ずこのトリュフの話が出る。  ほとんどのテーブルでシュリシュリとやっているので頼まざるを得ない雰囲気になるそうだ。  聞いているだけでは、ヘェ〜そんなもんかねぇ〜、日本人は右習えが好きだからねぇ〜と負け犬の返事だった。  が、その席に座ってると、せっかく来たんだし、シェアしてもいいし、ここはヒトツ頼んでみるかという雰囲気だ。  ボリューム的に2〜3人で一皿を目安に頼むといい。  料理だけで295ドル払ってるから、今更175ドル÷3 どうってことない(とその場で思った)  


1503quail-m - 1.jpg


ウズラは切り分けてくれ、私達は、白トリュフリゾット&ウズラの2種類を堪能☆

1527veganplate-m - 1.jpg


メインがゆっくりとローストしたラム、このお肉は好き嫌いが分かれる食材だけど、柔らかい風味で美味しいラムだった。  苦手な人こそ食べてみる価値がある。
向こうのお皿は、ビーガンのメイン、あの畑のセロリルートをローストしたもので、味見をさせてもらった、すん〜ごく凝縮され滋味溢れ美味しかった。
通常のシェフティスティングコースとビーガンのコースがある。  彩りも鮮やかなビーガンコースも捨てがたいと思った。  

1558limouge2-m - 1.jpg


お皿は全て真っ白でピッカピカ、その白さは磁気独特の光、もしや?!とひっくり返したらやはり  "リモージュ(Limoges Raynaud)"  だった!!
シェフ・トーマスケラー(Thomas Keller)の為に作られた食器。  レイナー社は、1843年磁気の町リモージュで創設された老舗磁気メーカー。  全部をひっくり返してみてないけど、触った感じや柄の感じが陶器を除いておそらく全てここの器じゃないかと思う。


>>> 話が長くなったのでゴメンなさいませ、後半へ >>>

【フレンチランドリー(The French laundry)】
http://www.thomaskeller.com/tfl
【ジンティー(JING TEA)】
https://jingtea.com
【リモージュ・レイノー(Limoges Raynaud)】
http://raynaud.besteckliste.com/en/Raynaud-Hommage-Checks-collection.pJ193C0.html
【カラーチョコレート(Kollar Chocolates)】
http://www.kollarchocolates.com

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2015年12月 1日
« 前の記事「感謝祭も近いので... 添え物用ビーンズ」へ
»次の記事「フレンチランドリーの覚書(後半)ハウスワインありますか?」 へ
おすすめ記事
    サンフランシスコ特派員 新着記事
    貴方の車、給油口はどっち?ガソリンスタンドは通じるの?
    サスペンスドラマみたい?ポイントレイズ"断崖絶景"
    "聖なる水" は本当に透明だった @ Mt Shasta
    シャスタ人 "御用達" レストラン&グロッサリーはここ。
    時差ボケ中の夜中 日本のお土産・頂き物を整理してみた
    アメリカンマムの朝食 ワインカントリーのおすすめAirBnB(エアービーアンドビー)
    SFO国際線到着ロビーからダウンタウン シャトルバス編
    【成田空港にて】降りてびっくりターミナル間違えちゃったのに気づく
    1年前の同じ月に投稿された記事
    今年もありがとうございました。
    入り江にイワシが‥。
    The Holy Eucharist イブのミサ グレース大聖堂
    お菓子の家は魔女の家 Hexenhausヘクセンハウス
    Ugly X'mas Sweater 不細工なクリスマスセーター
    2014年、スーパーサタディー郵便局の最も忙しい日
    Berkeley Bowl West  2号店はわざわざ行く食材店に成長してた。
    ヒッピー風カフェ Philz Coffee
    加減を知らない雨、停電に見舞われて、
    師走あれこれ クリスマスショップ@ポークガルチ、地ビール@ゴールデンゲートハイツ‥ ギフトのアイデァ付き
    風物詩 ユニオンSQクリスマスツリー 点灯式の後は‥

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/17更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンフランシスコ特派員

      サンフランシスコ特派員
      美丸(Mimaru)
      サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集