海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > 穴場&カルトワイナリーの宝庫 Prichard H...

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年3月16日

穴場&カルトワイナリーの宝庫 Prichard Hill シャペレ(Chappellet)訪問


メール プリント もっと見る

穴場&カルトワイナリーの宝庫 Prichard Hill シャペレ(Chappellet)訪問

lakehennessy聖地の看板-m - 1.jpg


かなりマニアックなワイナリーばかりだそうですよ。
看板見て「聖地に来たァ〜〜」って皆で写真撮るから、話の種だし撮ってみた。
場所は、ナパバレーのラザフォード(Rutherford)からヘネシー湖(lake Hennecy)方面に行き、アトラスピーク(Atlas Peak)とチリスバレー(Chiles Valley)の間あたりになる。 プリチャードヒル(Pricherd Hill)と呼ばれている所。

chappellet外観1020-m - 1.jpg

ワインラバーのSKちゃんがどうしても行きたいって言うだけに、間違いなくカルトワイン、50年近くこの地で家族経営でやっているシャペレ(Chappellet)を訪問。
春の日差し、こんもりと林の中、人工的なガラスのドアでも風景を写すので違和感ない。


chappelletwinary3-m - 1.jpg

天窓風に光を取り込んでいて、洞窟ケーブの薄暗さとは対照的。  
それもこれも各ワイナリーのいろんな考え哲学があるんだなと思った。


tastingtable-m - 1.jpg


テイスティングルームは、木の形をいかした自然な曲線がきれいなテーブル。
とにかく明るいので、ワインの微妙な色合い比較にはとってもいい。


chappelletwinary2-m - 1.jpg


ワイン樽にかかっている絵画は時々交換しているそうで、いろんな所に絵が飾られてあって、美術館にいるみたいだった。  こんなミュージアムあってもいいかもしれないね。
そういえば美術館とワイナリー一緒になってるとこあったなぁ。


tastinglineup-m - 1.jpg


2014 signature Chenin Blanc ($32)
2013 Signature Chardonnay ($45)
2012 Napa valley Merlot ($45)
2012 Napa valley Cabernet Franc ($70)
2012 Napa valley Las Piedras ($52)

案内してくれたのが、以前ナパの日本人オーナーのレストランのシェフで、ここワインに魅了され、ついに職を変えてしまったというアンドリューさん。  今、覚えている日本語で自分が一番好きな言葉が「オイシイ」なのだそうだが、彼はとても丁寧に話してくれた。  どのワインも全体的に香りが高くて、アルコール感もしっかりあって、落ち着いた感じのワインだった。 テイスティングした5種類でおや?っと思ったのが、カベルネ・ソーベニオン(Cabernet Souvingon)単一品種がなかったこと。 ナパ=カベルネ・ソーヴィニヨンと言う観念じゃなくなってきてるんですかね。  順番としては4番目に登場した"ラス・ピアデラス(Las Piedrasスペイン語で岩という意味)" がカベルネを使って作られているワインだった。  いわゆる "ボルドースタイル"(カベルネ・ソーヴィニヨン、マルベック(malbec)、メルロ(Merlot)、カベルネ・フラン(Cabernet Franc)、プチ・ベルド(petie Verdo)の5種類ブレンド)で作られていているけど、あえて"メリタージュ"とかって堅苦しい肩書きつけてないのが心憎い。


>>> ここで大雑把に整理すると、
『メリタージュ(Meritage)』って言うのが、フランスボルドーの伝統的な葡萄品種で作るワインで、赤の場合、カベルネ・ソーヴィニヨン、マルベック、メルロ、カベルネ・フラン、プチ・ベルド等、主に5種類のブレンドのワイン。1988年に呼び名が決まった。これは一般的なブレンドワインの"ジェネリックワイン" と区別するために考案され、メリタージュ協会ってのも存在する。  メリタージュと表記したければ、メリタージュ協会に登録(認可を取る)。  そこまでしなくてもボルドー品種で作ってる場合は『ボルドースタイル』という表現をする。  それも言わなくていい、あるいはボルドー品種以外も使ってるという場合は、『レッドワイン』と表される。  ブレンドされている場合、"Red wine(赤ワイン)"とか、"ワイナリー独自のネーミング" をつけていいのだ。

  

聞こえとしては、メリタージュ、ボルドースタイルの言葉は、レッドワインより響き、イメージとしてはハイエンドっぽい高級感あるけど...。  最近はあえてレッドワインとしているところが増えていて、やや手頃な美味しいワインがある。  そんなこともあってレッドワインと言えども価格も上昇!

高いお金を出せば、高級ワインは手に入る、高くないとクオリティーに問題があるんじゃいかと心配になったりもする。  しかし、お宝探しじゃないけど自分の財布の範囲内で他では、飲めないワインに出くわすとつい嬉しくなって買ってしまう。  実際に行ってみてネットショッピングでは分からないワイナリーの雰囲気、風景、作り手の人となり。  ツアーに参加していいワインに巡り合えてよかった。  皆それぞれ2〜3本ずつ購入したので、テイスティング代は必要なかった、なので一体幾らだったのか?  聞こうと思ったけど野暮な質問なのでしなかった。


prichardhill3-m - 1.jpg

帰り際、葡萄畑の方から賑やかな声が聞こえた。  カートに乗って葡萄畑の見て回ってきたツアーグループのようでした。  あのツアーは確か95ドルだった。  あれ楽しそうだなぁ。


【シャペレワイナリー(Chappellet Winery)】
住所:1581 Sage Canyon Rd St.Helena, CA 94574
電話番号:1-707-286-4219
URL:http://www.chappellet.com


*テイスティングリストになかったカベルネ・ソーヴィニヨン(2013 Signeture Cabernet Sauvinion)は、
既に売り切れていました。  その代わりかおまけ的にジンファンデルをお味見させてもらったよ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 夜遊び・クラブ・お酒
2016年3月16日
« 前の記事「土曜日のファーマーズマーケット(バス乗車の覚書付き)」へ
»次の記事「沈黙の抗議 ブリュッセルのテロ」 へ
おすすめ記事
    サンフランシスコ特派員 新着記事
    見えた99年ぶり "アメリカ本土横断皆既日食"
    キッズだけじゃもったいない! Whole foods Marketで見つけたランチバック
    市内観光地の写真で見たお盆の風景
    トラベルサイズ御用達ドラッグストアはここ (^ ^ v
    貴方の車、給油口はどっち?ガソリンスタンドは通じるの?
    サスペンスドラマみたい?ポイントレイズ"断崖絶景"
    "聖なる水" は本当に透明だった @ Mt Shasta
    シャスタ人 "御用達" レストラン&グロッサリーはここ。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    これが噂の"コンクリートエッグ" HARTWELL ESTATE
    国内旅行は、王道ヨセミテ国立公園 (おまけ:近そうで遠い南の島)
    大人がハマる子供のお菓子 ペッツミュージアム
    フェリーターミナル『1915』の意味は?
    美味い話しのタネ Ad Lib (アドリブ)に行ってみた。
    TARGET Express 金融街に大きなコンビニ登場!?
    サンフランシスコ "国際線到着ロビー" で見つけた道案内
    The Market On Market

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/23更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンフランシスコ特派員

      サンフランシスコ特派員
      美丸(Mimaru)
      サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集