海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > We love Mondays 月曜日のディナーは...

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年8月 9日

We love Mondays 月曜日のディナーはここだ!


メール プリント もっと見る

We love Mondays 月曜日のディナーはここだ!

玄関-m - 1.jpg

先日写真の整理していたら、とても素敵なレストランを紹介していなかったのに気がついた。 場所がバート・シビックセンター駅から歩いて10分、デービスシンフォニーホール、オペラハウスを挟んだグローブ通り(Grove ST)なのでコンサート・バレエ鑑賞前後にはとても利用しやい場所。



『ジャーダィン(Jardiniere)』は、"ヘイズバレー(Hayes Valley)" 紹介されている⇨ "何とかバレー" ていう方がちょっと洒落た感じに聞こえやしないか? ちょうどシビックセンターとヘイズバレーの境目なんですよね。




lounge1-m - 1.jpg



煉瓦造りの重厚な外観、入ってすぐバー&ラウンジ。 

ゆったり落ち着いた雰囲気でコンサート前の待ち合わせ場所にもぴったり。 この日はコンサートはなかったけど、この辺りの古くからあるお店は予めコンサートに行くのを告げておけばそれなりの対応をしてくれる。 ここもその一つなのでバーに座るとコンサートに行くのか聞いてきますよ。



毎週月曜日のディナー "ウィ・ラブ・マンデーズ(We Love Mondays)" 毎回少しずつテーマを決めて3コースのポップアップ的ペアリングディナーが55ドル。 ハイエンドなレストランでは(最低)200〜300ドルが当たり前のサンフランシスコでは正直ありえない料金。  一般的なラストランの "55ドル" は、メインコース&グラスワインの金額と思っていいし、ジャーダィンが決してカジュアルなレストランではない。 老舗のとても良いレストランだ。


お味噌などの和の調味料を使ってフレンチテクニックでのコース。


1cocktail-s - 1.jpg


"シソギムレット(Shiso Gimlet)" 表が緑、裏が赤い珍しいシソの葉

葉っぱがグラスにピタッとくっついてるんですよ。



2nukaduke-m - 1.jpg



ナイフ&フォークの料理まずアミューズです。

持ってきた時にニコッと愛想よく微笑んだサーバーさんだった。

シンプルにピクルスから始まると思って食べたら"ヌカ漬け"

しかも、塩加減もいい。



3salad-m - 1.jpg



"ローストビーツのサラダ"

レタス、マーシュの葉っぱの厚みとくるみが程よく食感の違いを楽しませてくれて、白味噌ベースのドレッシングがとても優しい味でした。



4sakepairing-m - 1.jpg



酒ペアリング 本当に日本酒は流行っている。

そして、日本人より日本酒が好きみたい。 かなり情熱的に説明してくれた。



5hashiyasume-s - 1.jpg


グラニテ、箸休めの "ウニマフィン" はパクリと一口で終わった。

もうちょっと味わっておけばよかったと今更思う。



6confy-m - 1.jpg



メインは、"塩麹でマリネしたチキン"

こんなに柔らかくなっていいのだろうかというほどジューシーで柔らかだった。 自家製塩麹は家でも活用している調味料で "和" の調味料がどこかで必ず使っている、とても勉強になったマンデーナイトだった。 




6vegemushroom-m - 1.jpg



ベジタリアンのお友達 "ポータベラマッシュルーム" がメインコース。

ベイエリアはベジタリアンの方が非常に多い。 大概のレストランでは用意されているので予約の際確認してみてね、ベジタリアン用調理は、肉の調理と同じ器具を使えなかったりするので事前に言っておいた方が安心して食事ができる。 

お味見させもらったけど、濃厚なキノコのジュー(キノコの旨味汁)がお口にふわっと広がって

森の香りみたいなのが鼻腔にフルフルってきてチキンと取り替えてもいい思った...のを今でも覚えてる。  

今見ても、チキンに負けてないボリューム。  




8chef-s - 1.jpg



シェフが登場☆ なんと優しい表情。  

この料理とシェフは、イメージ通りピタリとはまった。




7misoicecleam-m - 1.jpg



京都味噌を使ったアイスクリームは微妙な塩気もあった、絶品☆



厳選されたローカルの素材をふんだんに使ってどれもその物の味がした。 そして良い素材はあまり手を加えない方が、更に美味くなる、火加減、塩加減、まさにいい塩梅に仕上がる。 和食の師匠が「こねくり回すな!」素材に手を加えすぎて良さを消すなという意味を面白い表現をよくするけど、フレンチレストランでそれを再認識した夜だった。



お店の方も皆スマートなサービスをしてくれ、とても気持ち良く食事がしかも格安価格で'楽しめた。 月曜日のディナーお探しならチェックしてみてね。 月曜日じゃなくてもレストラン自体もオススメ!! 






【ジャーダィン(Jardiniere)】

住所:300 Grove ST San Francisco, CA 94102

電話:1-415-861-5555

営業時間:日〜木17:00〜21:30 金土17:00〜22:30

WEB:http://www.jardiniere.com

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替 レストラン・料理・食材
2016年8月 9日
« 前の記事「空間パワーアップSFMOMA ミュージアム雑記 」へ
»次の記事「 感謝の気持ちは含まれていた!?チップ計算式@レストラン」 へ
おすすめ記事
    サンフランシスコ特派員 新着記事
    火事と戦う Fire Fight 日曜日ソノマの町
    火事と戦う "Fire Fight" ナパバレーの様子
    ぶらり路線バス 〜エメリービルとバークレーAC Transit〜
    期間限定!アルカトラズ島のトレイル
    未だ延焼中の山火事消えたアルカトラズ島
    ユニオンスクエアE&Oレストラン 週末H.Hはここ!レイトディナーもありがたや 
    "フォルサム(Folsam)" 世界最大のレザーの祭典?!
    プレミアチケット? 並んだアルカトラズ島当日券
    1年前の同じ月に投稿された記事
    NOPA サンフランシスコで最も予約のとれないレストラン
    イ〜ライン E LINE エンバカデロクルージング by MUNI
    ビールのお供の定番 "ナッツ"
    PubじゃなくてPabu PABU IZAKAYA(パブ居酒屋)
    変な形のトマトで一献 〜流行りの昔トマト〜
    フォートポイント The Civil war Day
    "ぼくの夏休み" ハワイの話になってしまいましたが‥。

    アメリカ ツアー最安値


    2017/10/23更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンフランシスコ特派員

      サンフランシスコ特派員
      美丸(Mimaru)
      サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集