海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > 【番外・ニューオリンズ編】世界最古の市電に乗ってみ...

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年11月11日

【番外・ニューオリンズ編】世界最古の市電に乗ってみた


メール プリント もっと見る

【番外・ニューオリンズ編】世界最古の市電に乗ってみた

11091052stcharlesSTcar-m - 1.jpg



電車、バスを利用する事で、住んでいる人たちの様子が分かるので自由時間にはなるべくようにしている。ガーデンディストリクト(Garden District)に行く為に利用したのが 緑色の市電『セントチャールスストリートカー(St Charless Street Car)』 "欲望という名の電車" というニックネームがついて、サンフランシスコのミュニFラインにも同じデザインの車両が走ってる。 本家の車両は初体験。



11091055stcharlesSTcar-s - 1.jpg



リーサークル(Lee Circle/Le Cirque)の立て札の写真(この電車が"世界最古の市電"であると書いてる)をとったおかげで



リー将軍-s - 1.jpg



ピサの斜塔のようになってしまったリー将軍像



11091100stcharSTcarEmierlsRest-m - 1.jpg

途中、超有名シェフ ・エマリル(Emaril Sagas)氏のお店 『エマリル・デルモニコ(Emaril's Delmonico)』 通過。 ここはハッピーアワーとかライブやってるらしい。



11091107stcharSTcar1st下車-m - 1.jpg



"ファースト通り(First ST)" 下車。

ガーデンヂストリクト散策はここから始めるのがいいらしいです ⇨ 地球の歩き方アメリカ南部編を参照



コロニアル様式のお家が次々と出てきて、興奮のあまり、それ以上にどこを撮っていいか迷うくらい可愛いお家がいっぱいで結局写真を一枚も撮れなかった。 後から思えば勿体無いことしたとすごく後悔したけど、次来た時の楽しみに取っておこうと思った。 サンフランシスコのビクトリアンハウスとは違う風情があって、基本サンフランシスコより家が数倍デカい! 少し脇の方などは瓦礫まではいかなくても道路の一角がボコボコになっていたりしていて、まさかハリケーンカトリーナの爪痕なのかと思ってしまう場面もあった。 まだ完全に復興されていない話も聞いたのでまさに人々が暮らしている生活の場を垣間見た気がした。 



11091129stcharSTcar復路砂利道線路-m - 1.jpg


ここ停留所の一つ。 交差点部分(ケーブルカーの停留所と同じ)とりたてて看板があるわけでもない場所なんだよね。 日本人的にこんなところに本物の線路!とたまげてしまう。 




11091136stcharSTcar復路車内-m - 1.jpg



椅子が木製で背もたれがギシギシする。 これは進行方向が変わる時、背もたれを手で動かして向きを変えることができるようになっている。 運転席が乗客席より一段低くなっているというショーもない違いに気がついた。(車椅子の場合はどうなるのだろう?)




片道わずか20分ほどの電車体験だった。 知らない街を見物して歩くのは発見の連続でとっても楽しい。 車窓からの景色も十分楽しめるので、適当に乗ってみるのもいいかもしれない。



料金は大人が$125 トランスファー50¢ 2歳以下無料

聞きなれないリデュース料金(Reduced Fare)というのが40¢。 ディスアビリティ、メディケアカード保持者、65歳以上の人は有効な証明書あるいはリデュースカード提示。 ミュニ(MUNI)では使わない用語だなぁ。



CanalSTline-s - 1.jpg



こちらは赤い市電『Canal Street Car(キャナルストリートカー)』

賑やかな通りCanal Stを走ってる(サンフランシスコだとマーケットストリートみたいな通り) 

この時期は必要ないけど "冷房付き車両"




【St Chareles Street Car 地図】

http://www.norta.com/Maps-Schedules/System-Map/Line.aspx?ID=10341

http://www.norta.com



【Emaril's Delmonico】
住所:1300 St Charles Ave N.O, LA70130

電話番号:1-504-525-4937

営業時間:日〜木18:00〜21:00 金土18:00〜22:00

WEB:http://emerilsrestaurants.com/emerils-delmonico

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2016年11月11日
« 前の記事「【番外・ニューオリンズ編】初めてのNOLA空港から市内ホテルまで」へ
»次の記事「【番外・ニューオリンズ編】スタバN.O.ご当地マグとPJ's」 へ
おすすめ記事
    サンフランシスコ特派員 新着記事
    なるほど、オーパスワン (Opus One) がうける訳
    母強し!ピープルズマーケットの普段着のお母さん達
    お茶目な綿アメがサプライズ! Alexander's Steak House SF
    アメリカ ンハンバーグからフレンチ横丁へ"Belden Place"
    ユニーク野菜の宝庫 クリオネみたいな野菜の正体は
    一風堂 遅めのランチ早めのディナー ベジラー麺登場
    スイス老舗キッチンブランド "クーン・リコン(Kuhn Rikon)" のアメリカ拠点
    バークレーからの帰り道、春を感じる夕暮れを眺める
    1年前の同じ月に投稿された記事
    感謝祭も近いので... 添え物用ビーンズ
    どんな理由があるにしろ...
    世界に一膳だけの箸
    ホームデポ(Home Depot)に行ってきた
    アーナンダ・ファラ(Ananda Fuara)雑食主義者もご満足!

    アメリカ ツアー最安値


    2018/1/15更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3カナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンフランシスコ特派員

      サンフランシスコ特派員
      美丸(Mimaru)
      サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集