海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > MacBookで思う4年前 ガシェット話

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年1月 7日

MacBookで思う4年前 ガシェット話


メール プリント もっと見る

MacBookで思う4年前 ガシェット話

ピン子 - 1.jpg

Mac製品を買うと "白いアップルのスティッカー" が付いてくるけどピンク色(ローズゴールド)だけはピンクのスティッカーなのは本当だった。


主に日本語-s - 1.jpg

4年前同様、スイッチを入れると "ようこそ" 各国の言葉で挨拶して『主に日本語使用する』をクリックするとそこから先は全て日本語で初期設定ができちゃうんだ。

詳しい説明を聞く必要がありますか? 表示も出てくる。

設定中-s - 1.jpg


20分後くらいか『Macを設定中』と出て


誕生ピン子 -s - 1.jpg


初期設定完了! この子は大女優にあやかり "ピン子" と命名。


airmac-s - 1.jpg


前回は、SUBコードを繋いで全部移し替えたけど今回は エアードロップ(Air Drop)』 で情報移行。  






写真左側のMacBook Air(以下エアー)を買ったのが4年前。 

MacBook Pro(以下プロ)とどっちにするか迷った。 その頃まだCD‐ROMなんてのがあってエアーには付いていないので外付けを買わなければならないぞと散々言われたのだ。 実際その頃はCD‐ROM内蔵型が主流だったしその時使っていた純白のMacBook(ポリカーボネートMac)にも付いていたけど考えてみればほとんど使った記憶がなかった。また、プロの言葉にビビり、分厚さに狼狽したがそれでも悩んで悩んで悩んだ、だって1400〜1500ドルの買い物だ。  しかしApple Storeのかっちょいいお兄さんが「これからApple/Macはエアーの方にシフトしていきますよ」の "たった一言" でエアーに決めた。 外付けのCD‐ROMは買うことなく今日に至る。



今回はエアーかMacBookで迷った理由は二つ 

①モニターが1インチ小さくなり見づらく心配。

②"外付け" USBコードでタコ足配線の可愛くないMacになる絶望感。



こんな話は、どこかのガシェット系ブログのようだけど、数日間使用してみてモニターの大きさは気にならなくなった。 既にiPhoneで使われているレッティーナ(Retina)ディスプレイ 画素数が今までの4倍になったのではっきり綺麗になりエアーの画面がぼやける様見える。 キーボードもフラットで大きさが変わった分打ちにくかったけど徐々に慣れてきた、エアーのキーボードは異常な凸凹が激しく見える。 指タッチのトラックパットの滑りも微妙に違うけど問題ない。 そして外付けコードに関しては前回『移行システム』というアプリ で移動させた時に使ったけどエアドロップでコンテンツ移動やっちゃったので今は必要性を感じない。 万が一の時にそのうち買いに行こうと思ってる。 困ったのが、薄過ぎて今までの様なごっつい勢いでタイプすると折れちゃうんじゃないかという心配。


これを見せると皆必ず「可愛い〜❤️」と言ってくれるし、テキトーなガシェット好きにはこれ以上ないだろう的ぴったりの一台だ。


わずか4年前エアーは本当に薄くて軽くてスタイリッシュなMacだったけど、隣においてみるとなんて巨大なMac。 しかし、このMacBook Airはまだ需要もある様なので中身を綺麗さっぱり消し去りさった後、開封後一回も使ってない外箱、コード、包まれていたカバー、インストラクション付きでebayに出品  第二の人生(Mac生)を誰かと送る事になるだろう。  



初代MacBook-s - 1.jpg

<ガシェット話ついでに>

これがポリカーボネートMacBook "ポリカMac"

箱入りで状態もいい(とMac専門家のお墨付き)

これもマニアの間では需要があるらしい。



ここらのカフェやコーヒーショップを覗いてみるとMac率が高い、ウィンドウズ(Windows)はどうしたんだと思ってしまうほど。 正直ここ数年Mac/Appleを買うトレンドはあると思うけど "コンピュータ" 販売台数はWindowsである事は言っておかなければなりませんね! 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 通信・携帯・インターネット
2017年1月 7日
« 前の記事「2017年初日の出@ツインピークス」へ
»次の記事「ファーマーズマーケットで小さな新春みっけ」 へ
おすすめ記事
    サンフランシスコ特派員 新着記事
    火事と戦う "Fire Fight" ナパバレーの様子
    ぶらり路線バス 〜エメリービルとバークレーAC Transit〜
    期間限定!アルカトラズ島のトレイル
    未だ延焼中の山火事消えたアルカトラズ島
    ユニオンスクエアE&Oレストラン 週末H.Hはここ!レイトディナーもありがたや 
    "フォルサム(Folsam)" 世界最大のレザーの祭典?!
    プレミアチケット? 並んだアルカトラズ島当日券
    サピッと見物 JPOP SUMMIT でシアトル味噌ラーメン啜る
    1年前の同じ月に投稿された記事
    Fラインでどうやって?? ダウンタウン?フィッシャーマンズワーフ
    2016年 早々にイベント
    ベンチャーキャピタリストも縁起を担ぐ?
    ファーマーズマーケット @パロアルト(Palo Alto)
    2連覇に向かってまっしぐら!恐るべしWorriers(NBA)
    日曜日第1週目 アジアンアートミュージアム
    明けましておめでとうございます & カウントダウン花火

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンフランシスコ特派員

      サンフランシスコ特派員
      美丸(Mimaru)
      サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。 DISQUS ID @disqus_3M7oOVHPrg

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集