海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンフランシスコ特派員ブログ > セント・パトリックス・デイ・パレード舞台裏で世界一...

アメリカ/サンフランシスコ特派員ブログ 美丸(Mimaru)

アメリカ・サンフランシスコ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年3月12日

セント・パトリックス・デイ・パレード舞台裏で世界一デッカいかいワンコに会う


メール プリント もっと見る

セント・パトリックス・デイ・パレード舞台裏で世界一デッカいかいワンコに会う

国旗-m - 1.jpg


3月17日は、セント・パトリックス・デイ(St Patrik's Day)

その前の週の土曜日(今年は3月11日)目抜き通りマーケット通りでパレードが開催される。

今年パレード出発前の様子をちょっと見てきた。

1024準備中-s - 1.jpg

パレードのトラックの飾り付けが始まってる。

1021お馬さん到着-m - 1.jpg

先陣を切るお馬さんもプレシディオから専用輸送車(競馬馬の馬運車より質素です)で到着。 これからパレード用馬具にお召し替え。



1033バグパイプ-m - 1.jpg


駐車場では、バグパイプの音合せと着替えが同時進行。 バグパイプはスコットランドのイメージなんですが実はアイルランドでもポピュラーな楽器だとか。



1035小柄な飼い主-m - 1.jpg


小柄な飼い主さんと大きいワンコ^ ^


1027IrishWolfhund-m - 1.jpg


あちこちにこの大きなワンコがいたので何ていう種類か聞いてみた。

『アイリッシュ・ウルフハウンド(Irish Wolfhund)』 

アイルランド原産のアイルランドを代表するワンコ。 肩まで高さ(体高)が約90センチ、1メートルを超える大きさになったりもする。 小さなポニーと思えばどれだけ大きいか想像できるね。 グレートデンよりセントバーナードより大きい世界で最も大きなワンコ(犬種)なんだ。  昔はアイルランドの農家で飼われていてオオカミを追い払うために必要なワンコだったけど、オオカミもいなくなり大飢饉とかあったり次第に数は減少、絶滅寸前だったのを愛好家の努力の甲斐あった数は増えてきているそうだ。  毛はちょっと硬くてワイヤーっぽい。 顔つきはタレ目で可愛らしくて性格も穏やかでペットとしてはとてもいい。 が何せデッカい、ご飯の量、寝床、散歩(運動量)を考えるとなかなか飼えないワンコである。



1034渋滞始まる-m - 1.jpg



準備場所の2番通り(2nd ST)、北上してマーケット通り方面に向かう車の渋滞は激しくなってきた。 時折クラクション鳴らして声援している車もあるけど、知らずにフリーウェイ降りてこの渋滞ではストレス溜まっちゃうかも。



1036記念写真-m - 1.jpg


パレード前にスタッフ皆んなの記念写真もあちこちで行われていて、準備そっちのけでテキスト送っていたりしてる人もいる。 お水やスナックも各グループに配られ、貴方も持っていきなさいってエナジードリンクを貰った。 ありがとうございました。



1045練習風景-m - 1.jpg


すごく可愛いくてとっても上手♡ ダンスの最終打ち合わせをしている子供達。 念のため写していいか聞いてみたら、もちろんOK! 本番もこの笑顔でうまくいきますように...。



1046順番表-m - 1.jpg


最初の方のグループの整列準備が始まり係りの方がけカードを掲げ指示。 日本のように速やかに整列がなかなか難しい。 かと言って拡声器で叫ぶ事もない。



1051お巡りさん-m - 1.jpg


お巡りさん達も持ち場へ向かい、要所々々にはメディカルチームも待機。 テレビでは映らない部分で本当に多くの方達がパレード成功に向けて動いています。



1051ch7中継車-m - 1.jpg


メディアもカメラ・マイク移動車両で行けるとこそうじゃないとこ、上下緑のレポータさんは立ち位置の確認もしてた。



1052マーケット-m - 1.jpg



スタート地点から最終地点のシビックセンター方面を見た。 マーケット通り車がなくて真ん中で堂々と写真が撮れるって、気分がスッキリ。



パレード30分前の舞台裏、準備の様子、パレード参加の皆さんの素の表情を垣間見てきた。 やや緊張気味の子ども達がとても印象的だった。



irishtimes-s - 1.jpg

いつもバスの窓から見ているフィナンシャルディストリクト(500 sacramento ST)にあるアイリッシュパブ『アイリッシュタイムス(Irish Times)』  このバス停近くでこんな張り紙発見。



lepracon-m - 1.jpg


アイリッシュパブクロール(St Patrick's Day Pub Crowl)の告知。 レプラコン(Lepracon)の張り紙。 レプラカーン(Leprechaun)というのがアイルランドの妖精で緑色の洋服を着たちょっとおっちゃんみたいな妖精(童話"小人の靴屋"のモデル) レプラカーンとコンファレンスの造語、サンタコンのセントパトリックデイ版だ。 17日、18日と両日やるみたいだ。

 

詳細はlepracon.com と書いてあるけどうまく表示されないのだ。 

当日誰かがSNS集合場所とか拡散させるんんでしょうね。




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー
2017年3月12日
« 前の記事「Hey day Hey Fever花粉飛ぶ飛ぶ絶頂期!そしてお土産は優しい日本のアレ!」へ
»次の記事「こんな時どうする?Keep Out 事件に出くわした」 へ
おすすめ記事
    サンフランシスコ特派員 新着記事
    見えた99年ぶり "アメリカ本土横断皆既日食"
    キッズだけじゃもったいない! Whole foods Marketで見つけたランチバック
    市内観光地の写真で見たお盆の風景
    トラベルサイズ御用達ドラッグストアはここ (^ ^ v
    貴方の車、給油口はどっち?ガソリンスタンドは通じるの?
    サスペンスドラマみたい?ポイントレイズ"断崖絶景"
    "聖なる水" は本当に透明だった @ Mt Shasta
    シャスタ人 "御用達" レストラン&グロッサリーはここ。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    微妙な立ち位置 カリフォルニアロールって "おかず" ?
    沈黙の抗議 ブリュッセルのテロ
    穴場&カルトワイナリーの宝庫 Prichard Hill シャペレ(Chappellet)訪問
    土曜日のファーマーズマーケット(バス乗車の覚書付き)
    ヤモ(YAMO)ミッション地区 ランチ難民を救う女神たち
    Sierra NavadaR ツアーが無理でもこちらでどうぞ!
    カレッジタウンのビール工場 @チコ

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/23更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • サンフランシスコ特派員

      サンフランシスコ特派員
      美丸(Mimaru)
      サンフランシスコ市内小さなアパート在住。未だ修学旅行気分の生活で激変するベイエリアの旬のネタをアナログ的な視点でお届けします。認定フードコーディネーター。好きな事:見物。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集