海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > サン・ファン特派員ブログ > プエルトリコ産コーヒーが飲めるカフェ vol.1

中南米にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

プエルトリコ/サン・ファン特派員ブログ リベラ 藍子

プエルトリコ・サン・ファン特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年1月30日

プエルトリコ産コーヒーが飲めるカフェ vol.1


メール プリント もっと見る

プエルトリコ産コーヒーが飲めるカフェ vol.1

今日は、プエルトリコ産グルメコーヒーが飲めるカフェを紹介しようと思います。

 

この島で一番おいしいコーヒーが飲めるカフェ、島の最西部の小さな町RINCON(リンコン)にある「BANANA DANG 」(バナナダン)です!
このカフェは私がバリスタ修行をした場所。


sign.jpg
国道413沿い、このサインが目印。

でも、これは私のひいきではなく、アメリカの旅行雑誌やネット上などでもちゃんと取り上げられているのです。
確かな物をお客さんに提供するため、時間をかけてプエルトリコ中のコーヒー豆を試し、今では3つのプランテーションから豆を仕入れています。
それも、珈琲の抽出方法に寄って、豆を使い分けています。
オーナーのコーヒーへの情熱がこのこだわりからも伝わってきます。

タンタンマリオ.jpg
地元フリーペーパーで特集された、オーナーのマリオとタンタン。

また、こういったこだわりはコーヒーへのものだけではありません。
食べ物のメニューは全てベジタリアン。
しかも、できるだけオーガニックの食材を使い、ソイ・ラテ(牛乳の替わりに豆乳を使用)などももちろんあります。
日本では健康志向のリピーターたちがハワイから伝えた、今では人気のあるアサイ・ボウルもあります。
そして、リサイクルやエコをも考慮し、ストローやカップなどは天然素材でそのまま土に埋めると土に返る(biodegradable、生物分解性)物を使っています。

しかも、お店は日本と同じくらい(笑)とってもキレイ!
そして、清掃にもお酢を使っています!!
店内にはタンタンが書いた絵や地元フォトグラファーの写真が飾られています。
(ちなみにどれも購入可能。)

inside.jpg


さて、メニューですが、お奨めはもちろん、ラテアートも楽しめるカプチーノやラテ。
完璧にスチーミングされたしっとりとしたミルクの泡の甘みと、プエルトリコ産コーヒーのリッチな味わいが口いっぱいに広がります♪

latte art.jpg  double rosetta.jpg

でも、実はスムージーもとても人気!
名前もユニークなのですが、アサイを使った「パープル・ダン」や「グリーンティー・ダン」は特に私のお奨めです。
Rinconに来る人はほぼ皆、サーフィンやスノーケリングなどビーチが目的。
ビーチに行く前にここでスムージーなどを買って行くのもいいですね♪

menu.jpg menu food.jpg


食べ物はサンドイッチやベーグルを始め、地元パティシエが焼くパウンドケーキやクッキーもあります。
ズッキーニや地元のバナナとプエルトリコ産ラムを使ったパウンドケーキが私は大好きです!

banana bread.jpg


サン・ファンからは車で3時間半程掛かるRinconですが、プエルトリコに来る方には必ず行ってほしい場所のひとつ。
島で一番のサンセットも見られるし、どこのビーチも透明度がとても高く、とってもキレイ。
そして、このカフェに行くのもひとつの理由!

heart latte art.jpg


次回はサン・ファンにあるカフェを紹介したいと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2012年1月30日
« 前の記事「プエルトリコよりフェリス・アニョ・ヌエボー!」へ
»次の記事「プエルトリコのエコ」 へ
いっしょに読みたい 関連記事
サン・ファン特派員 新着記事
プエルトリコのエコ
プエルトリコ産コーヒーが飲めるカフェ vol.1
プエルトリコよりフェリス・アニョ・ヌエボー!
WL参加、読売巨人軍4投手のインタビュー(後半)
WL参加、読売巨人軍4投手のインタビュー(前半)
Feliz Navidad!!
ウィンターリーグ
ファーマーズ・マーケット@コンダド

中南米 航空券情報


プエルトリコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■プエルトリコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ