海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > サンタモニカ特派員ブログ > サンタモニカでの電気自動車の事情

北米にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

アメリカ/サンタモニカ特派員ブログ 金子 ゆかり

アメリカ・サンタモニカ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年2月 6日

サンタモニカでの電気自動車の事情


メール プリント もっと見る

サンタモニカでの電気自動車の事情

SantaMonica_Cars_intersection.jpg

車を買い替える際の話題として必ず持ち出されるのが「電気自動車」。私の周りにも何人か電気自動車に買い替えた人がいて、個人的にも興味があるため、ちょっと調べてみました。ロスで電気自動車は確実に増えているものの、まだ大半に至るには程遠く、電気自動車所有の難点や障害の壁は大きいものだと感じます。

例えば、私個人の場合、アパート暮らしで電気自動車に買い替えたいと思っても電気自動車用の充電器が必要となります。それを設置するにはアパートの大家さんの協力が必要で、設置工事が必要となる場合もあります。そういった場合、工事責任や費用が発生するため複雑、困難になりがちです。実際、私は大家さんに聞いたことがあるのですが、はっきりと断られました。となると、電気自動車を所有できる人口は住宅所有者に限られてしまい、賃貸者は除かれてしまいます。最近では新築アパートだと電気自動車用のプラグのついた駐車場も設置されているようですが、まだまだ普及には時間がかかりそうです。
ですが、電気自動車には有利点がいくつかあります。


  1. 税金免除と返金制度

  2. 電気自動車を購入すると、国から2500ドルから7500ドルまでの税金免除が許されます。また、カリフォルニア州の住人は、購入した車に対して1500ドルから2500ドルまでの返金が行われます。国と州を合わせると最高額が一万ドル!これは、かなり良い条件ですね。
  3. カープール(相乗り)専用車線の利用と路上駐車

  4. 電気自動車は単独乗車の際でも、カープール(相乗り)専用車線の利用が許されます。また、地域によりますが、サンタモニカだとメーターの駐車場での無料駐車が許されます。ただし、最長駐車時間を守ることが義務付けられています。
  5. ガソリンスタンドにおさらば

  6. なんといってもガソリンスタンドに行かなくて済みます。ガス欠で慌ててガソリンスタンドを探して行くことももうありません。

メトロや配車サービスの普及で交通手段が豊富になってきた一方、従来のガソリンではなく電気で動く電気自動車の普及努力に拍車のかかるロスですが、利用者としては選択肢が増えるのは嬉しい限りです。私個人としては運転しなくてすむ生活が好きなので、車の所有が必要なくなる日を望んでいます。

SantaMonica_Cars_Parking.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2017年2月 6日
« 前の記事「ついにオープン!待望のメゾン・ラデュレ」へ
»次の記事「本場広島風お好み焼きをロスでも!ちんちくりん」 へ
いっしょに読みたい 関連記事
サンタモニカ特派員 新着記事
つじ田再び。ところが「C」なの?
ロスで評判の本格的日本料理屋さん:Shunji
ベニスで密かに人気の隠家インドネシア料理店:Wallflower
これはおいしい!一時間待ちのアイスクリーム屋さん
ビーチシーズン到来?夏の予行練習
米国渡航時のさらなる規定:電気製品の機内持ち込み事情
米国旅行者大幅減少:トランプ大統領の影響
ロバートソンの隠れ家レストラン:A Food Affair
1年前の同じ月に投稿された記事
豪華な気分!ゴールデントライアングルではしご呑み
もう春?ピンクの花が咲いています。
霧の中のロサンゼルスマラソン
寒い日にはこれ!ほっと温まるホットチョコレート
生牡蠣とロブスターロールで大満足:Blue Plate Oysterette

アメリカ 航空券情報


アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ